LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

《談話室81》それぞれの彦根物語2011.5.14

【彦根物語81】
 「幻の名窯湖東焼
―絹屋窯、藩窯、山口窯から、まからずや湖東、再興湖東焼まで―」

d0087325_18195661.jpg


中川 一志郎
(陶芸家、NPO法人彦根景観フォーラム会員)


湖東焼と言う名前を聞けば名品・高級品という認識を持たれる人は増えてきた。
しかしながら、どんな焼き物かと問われると説明出来る人はほとんどない。まず特徴からいうと「青みを帯びた素地に繊細な絵付けが施された上品な作品が代表である。究極の職人技ともいえる、それらの作品が『幻の名窯』と呼ばれる湖東焼の名声を作り上げたのは確かである。しかしながら、それらは湖東焼の名品の一部にすぎない。湖東の銘が入って無い雑器類が窯の商業ベースを護っていたのも事実である。
桜田門の変の後、廃窯となりさまよう職人達。大半は出身地である産地へ戻った。当時、窯頭であった幹山伝七は清水焼へ移った。共に付いて行った職人「奥村松山」は後(明治から大正期)に、彦根で焼かれた『まからずや湖東』の祖先である。明治末頃に「湖東」の銘を入れた贋物が多く造られた。これは名品の証といえる。昭和になってから松山の子孫である『奥村宗山』が細々と湖東焼を護っていた。他にも湖東焼に想いを馳せて復興を夢見た人達がいたようである。
今、そんな想いを持った仲間によって「NPO法人湖東焼を育てる会」が発足して、伝統を守り次世代に繋げようと活動している。湖東焼は彦根の誇れる伝統文化です。

d0087325_1815638.jpg



d0087325_1816321.jpg
湖東焼窯元 一志郎窯


d0087325_18163031.jpg
藩窯期の安政2年(1855)に彦根藩普請方が作成した茶碗山の窯場絵図


d0087325_18173456.jpg
湖東焼窯跡


d0087325_1818112.jpg
湖東焼年表


d0087325_18182994.jpg


d0087325_18191779.jpg
NPO法人湖東焼を育てる会

【キーワード】
直弼・絹屋半兵衛・楽焼・まからずや湖東・幹山伝七・奥村宗山・鳴鳳・幸斎・自然斎
[PR]
by machinoeki | 2011-05-30 17:38 | 談話室「それぞれの彦根物語」