「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

《談話室80》それぞれの彦根物語2011.4.16

【彦根物語80】
  「大橋利左衛門 ―荒神山に木々を再び」   
 
d0087325_11191314.jpg

寺村 二三夫 (元高校教師)

 寺子屋力石の再オープンの平成23年4月16日、再生の物語として「大橋利左衛門」について話をしました。きっかけは「こんきくらぶ」3月号の巻頭特集として取材を受け記載された記事です。大橋利左衛門氏は彦根の南部に位置する日夏という農村地帯に生まれ、明治の初めの激動期に先見の明を持って地域の発展に貢献した若き政治家です。嘉永5年(1852)に生まれ、明治21年(1888)37歳で亡くなられますが、明治11年には荒神山の造林計画を立て、山林保護規則を設けて禿山を緑の山に再生させます。明治13年には県会議員・村会議員・自由民権運動にも参画します。明治18年の水害の時には戸長として田の排水事業を実施、明治20年には連合戸長として中仙道と朝鮮人街道を繋ぐ道路の工事を施行します。
 談話室では最初に、江戸時代から明治に変る激動期にこのような若き政治家を生んだ背景について考察しました。次に郷土史「日夏の歴史」の発行に際して発見した古文書をもとにして、寛永6年(1629)の草場問答、宝暦8年(1758)の山論、江戸時代末の山林保護の取り組みを基にして、禿山になった経緯を考察し、利左衛門氏の取り組みについて紹介しました。最後に明治13年の最初の村会の延べ13日・271ページに及ぶ議事録や議事堂の新築など地域の人たちと共に考え、取り組まれた地域づくりの実践について考えました。このことは現代にも通じる課題であると考えます。

d0087325_1114406.jpg
唐崎神社の森(手前は宇曽川)

d0087325_11202365.jpg
大橋利左衛門顕彰碑

d0087325_11165975.jpg
宝暦8年10月の山論の絵図

d0087325_1118324.jpg
荒神山の城山(手前は荒神山公園)

【キーワード】
荒神山
禿山
草場問答
山論
湖東移民
留山
排水事業
水害
年貢率
戸長
[PR]
by machinoeki | 2011-04-30 17:39 | 談話室「それぞれの彦根物語」

寄付のお礼

 「ひこね街の駅・寺子屋力石」の再興に向けた“まちづくり結募金”にご寄付賜り、誠に有難うございました。多くの方々の志しで、4月13日現在、約420万円の募金が積み上がっています。
 休日ごとのボランティアの助けもあって、手前部分の応急・復旧は順調に進み、4月16日(土)から再オープンし、第一期の事業は終了します。
 第二期は花しょうぶ通り商店街周辺の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)指定後に、本格的な復興事業として実施する予定です。
 ご寄付いただいた募金は、重伝建に合わせた、この建物の修復に用いることにしています。
 まずは、お礼と報告まで

                                               平成23年4月
                           「ひこね街の駅・寺子屋力石」再興実行委員会
                                             委員長 山崎一眞
[PR]
by machinoeki | 2011-04-17 13:57