「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

探求!『西軍それぞれの義のヒストリア』サイクリングツアー

石田三成公生誕450年祭実行委員会主催
 探求!『西軍それぞれの義のヒストリア』
                 サイクリングツアー 


■日 時 2010年8月22日(日)9:00~
■集 合 彦根街の駅「戦國丸」8時30分集合
■参加費 会員1,000円 一般1,250円 
      「宗安寺」参拝料、百々家見学、近江鉄道米原-彦根芹川駅運賃、資料 付き

■内 容
彦根に「徳川家康」を追い詰めた日本一の兵といわれた天才軍師「真田幸村」の娘の墓がある・・
幸村には9人の娘が居たと言われています。
(中略)
ちなみに、彦根の笹尾町にある少林禅寺には彦根藩士に嫁いできた「真田幸村」の娘の墓が残っています。しかし、今分かる限りでの7人の娘の中に彦根藩士に嫁いだ娘の記録はありません、おそらく8女か9女が彦根藩士に嫁いできたのでしょうか・・?これからの研究に期待されます。
 ※5月7日、天王寺口の戦い - 彦根の歴史ブログ(『どんつき瓦版』記者ブログ)より引用

f0017409_1935246.jpgそして家康の誘いを蹴り、「石田三成」の為に奮戦した盟友「大谷吉継」の娘は、真田幸村の正室(竹林院)である。 
今まであまり語られる事がなかった関が原合戦が生んだ新たな近江佐和山近郊に伝わる秘話を検証しながら、それぞれの義と生き様に思いを馳せて探訪する、義のヒストリア再発見の自転車サイクリングツアー!!夏休みの熱い思い出に、おひとりでもどうぞ気軽にご参加下さい


f0017409_19273162.jpg
彦根笹尾町少林禅寺真田幸村子女の墓

◆スペシャルナビゲーター 田附清子 (佐和山城研究会代表)

◆サイクリングツアー予定プログラム
戦國丸9:00自転車出発⇒佐和山城新遺跡「奥ノ谷遺構」⇒鳥居本宿 佐和山城主百々氏一族国指定有形文化財「百々家屋敷」⇒鳥居本宿「専宗寺」⇒笹尾「少林禅寺」伝真田幸村の娘妙恵墓所⇒米原下多良「墓所伝大谷吉継首塚」⇒米原駅西口平和堂「昼食」⇒JR米原駅近江鉄道サイクルトレイン乗車⇒彦根芹川駅⇒京橋「宗安寺」石田地蔵尊・千躰仏・木村長門守首塚⇒彦根城博物館テーマ展「激動の佐和山城-石田三成の時代-」⇒開国記念館企画展「近江の戦国」「彦根の戦国」⇒ツアー終了解散3:30(予定)

f0017409_1929556.jpg
鳥居本本宿百々家屋敷

※ご注意
①各個別の訪問予定寺社等への御問い合わせの電話は一切御断り致します。
②駐車場の確保は各自の責任でお願い致します。
③各所への無断駐車は一切御断りします。
④受付と資料配布は戦國丸で行います。

ひこね街の駅「戦國丸」:0749-27-5058


◆レンタサイクル(自転車)のご案内(各自で手配お願いします) 

五環生活
レンタル代と乗り捨て料
f0017409_804685.jpg

◎スポーツバイク:1日目1500円、2日目以降1000円/日(保証金1000円)
※乗り捨ての場合、保証金の返金はありません
◎ママチャリ:500円/日
◎ヘルメット・ライト:300円/1回
◎カギ:無料 (カギ紛失の場合500円)
予約番号 0749-26-1463 (受付時間:10:00~18:00)
メール予約  mail@gokan-seikatsu.jp
※上記、五環生活のレンタルサイクルのみ戦國丸にお届け可能です。

駅りんくん 
◎ママチャリ:500円/日

JR彦根駅構内
住所:彦根市古沢町40-2
電話番号:0749-27-0761
営業時間:6:30~23:00

f0017409_19323862.jpg


◆主催者 石田三成公生誕450年祭実行委員会 


f0017409_1151587.jpg

 
とき:8月21日(土)
ところ:戦国丸“湯殿”
 

■ 出前歴史講座  午後1:30~午後3:00
 仮題:羽柴秀次の近江統治と佐和山城
 石田三成以前、羽柴秀次が近江を統治した時代の佐和山城の実態を明らかにします。
 募集人数:50名先着順   入場無料 

■ 戦國丸 宵祭り…良祭り…酔祭り…
★1.さこにゃん御酒御振舞  午後4:00~
★2.戦国夜市  午後4:00~
★3.戦国武具叩き売り!!  午後4:30~
★4.戦国屋台旨い物市  午後5:00~
★5.長浜城歴史博物館ご招待   
  ・長浜城歴史博物館ご招待券を1枚プレゼント!!

詳細⇒ひこね街の駅戦國丸『佐和山御城下夏祭り』

f0017409_1244925.jpg
熱い夏の思い出にみんな来てね~!!!
[PR]
by machinoeki | 2010-07-31 19:27 | お知らせ(NEWS)

《談話室76》それぞれの彦根物語2010.7.17

【彦根物語76】
 「彦根市観光の現状の今後
       ~3年にわたる経済効果測定調査から」 


d0087325_148445.jpg





得田 雅章
(滋賀大学経済学部准教授)


 彦根市観光の経済効果測定調査は2007 年から毎年実施され、すでに3回を数えました。今年も秋にアンケート調査を予定しています。これら調査結果から浮き彫りになってきた彦根観光の現状とは?課題・対策は?ひこにゃんの今後は?調査担当者として、また一彦根市民として愛をもってお話しさせていただきました。
お話ししながらも、悪天のため困難を極めた調査日のこと、そんな中、汗水流しつつ甲斐甲斐しく手伝っていただいた学生や観光ボランティアの方々の姿、さらには報告書作成にご助力いただいた多くのスタッフのご苦労が脳裏によみがえってくるようでした。
こうした艱難辛苦は私を実証分析者として成長させるとともに、彦根という地への愛着を育んでくれたように感じます。図らずも私を上回る多くの“彦根ファン”にご参加いただき、たくさんの真摯なご質問を受け、ご意見を賜ることができました。感謝、感謝です。

                             
 「彦根城表門」調査会場
d0087325_1411462.jpg


 「四番町スクエア」調査会場
d0087325_14125552.jpg


 「京橋口駐車場」調査会場
d0087325_14142854.jpg


 会場の様子
d0087325_14232168.jpg


 世界大会出場SIFEの学生さんから発言
d0087325_1426236.jpg



 共同研究者 山﨑一真先生と
d0087325_14311174.jpg


【キーワード】
彦根城  
400年祭  
150年祭  
ゆるキャラ  
ひこにゃん  
彦根観光 
産業共同研究センター  
アンケート調査  
経済波及効果
[PR]
by machinoeki | 2010-07-22 17:45 | 談話室「それぞれの彦根物語」

「プリンセス・トヨトミ」を語る

 万城目 学原作 綾瀬はるか主演映画 
 「プリンセス・トヨトミ」 

f0017409_19452478.jpg


関西復権プロジェクト!!そうです 豊臣政権が滅びた大坂の陣!
天下の中枢が東京から、ふたたび大坂の陣から400年をむかえる2015年大坂復権元年に
向けてを歴史を通じ関西、滋賀、彦根を盛り上げていこうと5ヵ年計画で!
目的達成の5年後解散します。(笑)

そのプロジェクトの第1弾!

大学生、高校生に大人気の作家!
『鴨川ホルモー』でや「鹿男あをによし」が玉木宏主演でドラマ化された。その原作者

万城目 学氏を迎え
彦根で初!講演会を行います

2部構成で、第一部に若い世代(特に高校生、大学生)の人気小説家万城目学氏に豊臣復活の思いや隠されたエピソードを披露していただくスペシャルな講演をしていただく。

テーマは「プリンセス・トヨトミ」を語る・・。「プリンセス・トヨトミ」が2011年に今最も隠れた人気を誇るおとぼけ美人女優「綾瀬はるか」主演で映画化予定です。

2部では、滋賀、関西を歴史をキーワードに盛り上げていく。歴史ブーム、戦国ブームの仕掛け人によるパネルディスカッション方式で、近江の戦国武将や豊臣秀吉、石田三成、来年度大河ドラマ「江」をなどを語っていただきます。

パネラー(予定)
 戦国魂代表 鈴木智博氏 
 長浜城歴史博物館参事 太田浩司氏 
 佐和山城研究会代表 田附清子氏


「プリンセス・トヨトミ」

◆開催日時:平成22年8月29日(日)

◆開催場所:ひこね燦パレス

◆開催時間:12:30開場  1部13:30開演 2部14:40~15:40

◆募集人員:先着400名

◆入場料: 一般1,500円  学生1,000円 

明日7/1チケット先行発売!

お問合せ
 ひこね市文化プラザチケットセンター  0749-27-5200

主催は 関西復権プロジェクト  代表 目加田宗彦
ひこね市文化プラザ(歴史手習塾)の協力をいただいています。
[PR]
by machinoeki | 2010-07-20 20:00 | お知らせ(NEWS)

《談話室75》それぞれの彦根物語2010.6.19

【彦根物語75】
 「エコメモオーケストラの軌跡と今後」    

d0087325_14263719.jpg





若林 嘉代子 (左から1番目)

(エコー・メモリアル・チェンバーオーケストラ代表)



 エコー・メモリアル・チェンバーオーケストラは、1997年ひこね市文化プラザ開館を機に、彦根の地元縁のメンバーを中心に結成された室内オーケストラです。以来、13年に亘り、市の事業として、年に一回のペースで、演奏会と併催の活動をさせて頂きました。
毎回、いずれの公演・催しも、来聴者・出演者が共に、手応えを感じる結果を出していたにも拘らず、ひこね市文化プラザの指定管理者が変わったのを機に、明快な理由の提示もないまま、ホールの自主事業から外されてしまいました。
 オーケストラの存続の道を模索するために、私達メンバーにとっては反省として、又、今までご存知頂けなかった方々へは、この談話室をきっかけとして知って頂きたく、14年間の活動を振り返ってお話させて頂きました。
 その結果、このオーケストラの弱い部分も、あぶり出されて参りました。今後は、談話室で耳を傾けて下さった皆様からのご指摘やご意見も参考にさせて頂き、お力もお借りしながら、オーケストラの存続・発展のために、新しい一歩を踏み出して参りたいと思った次第でした。
 今後とも、お力添えをよろしくお願い申し上げます。

                             
 弦楽四重奏の演奏
d0087325_14302331.jpg



 参加者とともに話し合いました
d0087325_14454622.jpg





【キーワード】
エコー・メモリアル・チェンバーオーケストラ
ひこね市文化プラザ
ひこね発がんばる彦根の音楽家たちシリーズ
楽器何でも相談室
幼稚園・保育園訪問コンサート
戸澤哲夫(2000年より当団コンサートマスター)
指定管理者制度
文化ホール
アートマネージメント
アンケート
[PR]
by machinoeki | 2010-07-08 17:47 | 談話室「それぞれの彦根物語」