LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大河ドラマ「天地人」三成の遺言

 三成の遺言 

今晩8時からのNHK大河ドラマ「天地人」は、いよいよ終盤!!
佐和山城主石田三成も、ついに最後の出演(登場)か・・・

当初違和感のあった三成役の小栗旬さんにも、最近はすっかり慣れ、
まっすぐに見開いたきれいな瞳に、静かに志溢れる魂が力強く
込められているように感じ・・・う~むっ・・あらためて勝手ながら
結構いい役者なんだな~と見入っています。 ヾ(^-^;) ゴメン 笑

さてさて、今日の天地人番組タイトルは「三成の遺言」!!!

心揺さぶるタイトルですが、果たしてどんな遺言と迫真の名演技を
見せてくれるのか・・・・
今までの多くは、悪の枢軸と呼ばれた敗軍の将石田三成公。
勝者によって作られた数々の汚名返上の期待を、今夜はみなさんと共に
大いに楽しみたいところです。 静かに泣こぅ・・必見です!!


f0017409_14382047.jpg
※NHK予告~
最上攻めから撤退した兼続(妻夫木聡)は会津へ戻る。
一方、三成(小栗旬)は家康(松方弘樹)の陣でせん議を受ける。
そこで三成は、強い者、勝つ者が常に正しいと限らぬ、と言い放つ・・・・

[PR]
by machinoeki | 2009-09-27 14:42 | お知らせ(NEWS)

石田三成史跡巡りサイクル&ガチャコンツアーフォトレポート

義に生きた石田三成公『大一大万大吉足跡図』発表
     &石田三成史跡巡りサイクル&ガチャコンツアー
 


■平成21年9月21日(月・祝) 出発式 :午前 11:00~ 
■石田三成公の隠れた歴史的な足跡を訪ね「義に生きた石田三成を偲ぶ」 
 
*石田三成史跡巡りサイクリングコース体験ツアー 第一弾
コース:JR彦根駅⇒佐和山城址(清涼寺周辺)⇒彦根城城内⇒京橋・寺町(宗安寺周辺)⇒花しょうぶ通り周辺(昼食:魚浩真田丼・戦國丸カレー・みゆき左近ラーメン・ 等)⇒ひこね芹川駅>>>>>>鳥居本駅⇒専宗寺⇒大手道⇒もちのき谷・三成屋敷跡⇒JR彦根駅


f0017409_1447527.jpg
颯爽と整列したサイクリングサポート隊!心配していたお天気は上々♪でも今日は少し気温が高く、日差しを暑く感じるほど・・・殿!お天気良すぎますヨ!!


f0017409_1981810.jpg
セレモニーはJR彦根駅西口広場。ここには井伊直政公の大きな馬に乗った銅像があります!この銅像を背に直政公もびっくりの敵方西軍石田隊「大一大万大吉騎馬」(ちゃりんこ)軍団が大挙集結~!これは史上初の快挙!ありがとう全国の義の志を愛し急遽参陣してくださった石田隊のみなさん♪忝い~!!!!!


f0017409_19154916.jpg
先ずは、大殿「いしだみつにゃん」と、いつもの軽快MCは我らが、さこみつデザイナー&名ナレーターのひまりん登場!しかしこの会場に向かう途中で新車の真っ赤なスマートサイクルで一回転の大転倒!!!差し歯が折れた!顔面強打!☆ ̄(>。☆)イテェテェテ~・・・しかし痛みを堪え責任を全うし最後まで笑顔で「みなさんこんにちは~♪ようこそー!」さすが!ひまりん舞兵庫!!


f0017409_14475866.jpg
続いて実行委員長山崎一眞彦根景観フォーラム理事長登場!山崎氏は滋賀大学教授ですが、なんとこのあとひまりんに続くように、佐和山山麓の石田三成屋敷跡の竹やぶに転落!!!サッカーで鍛えた運動神経で無傷だった事はラッキーですが、三成公が守ってくれたのかも・・・・

f0017409_19241039.jpg
f0017409_19275185.jpg
大一大万大吉の旗を掲げ三成騎馬隊総勢40名が、ひこね自転車生活をすすめる会代表竹内隊長を先頭に、三成公の史跡を目指し怒涛の行進。


f0017409_14525243.jpg
当日のイベント紹介の新聞記事には「彦根城は素通り・・・」と書いていました・・確かに! 城内に入るときは全員敵陣に突撃ー!と言っていました。笑


f0017409_19281457.jpg
彦根市民にも殆ど知られていない「一本松供養塔」ですが、石田家家臣佐和山城留守居役福島次郎作は、落城寸前の佐和山城で最後まで果敢に矢を射掛け善戦したが及ばず、この地大洞の経蔵付近で自害した。その福島次郎作の供養の為に塚を築き、目立たないようにそっと一本の松を植えたという。後に元禄の頃に大阪の陣でなくなった多くの大坂(豊臣)方と民衆(戦国のゲルニカ)の人々の供養の為に、ここに建立されたと伝わる。


f0017409_15261439.jpg
お腹一杯お昼ごはんを食べて、このあと近江ガチャコン「ひこね芹川駅」から佐和山の真下を通って「鳥居本駅」まで、さこみつキャラ電のサイクルトレインに乗って一路鳥居本宿と佐和山大手へ★*゜*★*゜*♪(ノ'口')ノワー--プ!…*パッ*

f0017409_15345357.jpg
f0017409_15359100.jpg
三成が生んだ中仙道鳥居本宿の専宗寺(せんしゅうじ)山門脇の太鼓門の天井板は佐和山城の搦手門脇門の扉板だったと伝わる。三成を慕う足軽達が落城の最中に運び出した門だという。みんなで覗き込み「おーっ!」


f0017409_19555226.jpg
f0017409_15343162.jpg
土塁や内堀が見える佐和山城址大手道口(鳥居本)で、北海道や東北から参陣していただいた熱心な義の家臣団の方々と共に、三成公、佐和山城や三成が築いた城下町に思いを馳せる。鈴鹿に繋がる山々と琵琶湖に繋がる松原内湖に包まれた佐和山城は、三成に過ぎたると謳われたほど、優美で可憐な城だったと想像する・・・


ともひこさんからの嬉しい報告です。 

NHK大津のサイトに昨晩のニュース記事がありました。今日の昼過ぎには更新さ
れて記事が見られなくなると思いますのでるので、こちらに転載しておきます。
******************************************************************
三成の史跡巡る自転車ツアー 
豊臣秀吉に仕えた戦国武将、石田三成ゆかりの地を自転車でめぐるサイクリン
グツアーが21日三成の居城があった彦根市で行われました。

 この催しは、三成が生まれて来年で450年になるのを記念して行われたもの
で、JR彦根駅には全国各地からおよそ100人が集まりました。
 参加者たちは、このほど完成した三成ゆかりの地を紹介する観光マップを受け
取ったあと自転車で出発し、「三成に過ぎたるもの」とうたわれた家老、嶋左近
の屋敷があったいまの「清涼寺」や三成の居城、佐和山城の大手門を移築したと
される「宗安寺」などをめぐりました。

 また、途中には佐和山城の城跡が見通せる場所もあり、参加者たちは写真に収
めながら戦国の時代に思いをはせていました。

 岐阜県から参加した20歳代の女性は、「三成の不器用だけど一本気なところ
が好きで、参加しました。佐和山の上からの眺めがとてもきれいで、ほかの武将
がうらやましがったのもよくわかりました」と話していました。
*******************************************************************

 さすがNHK、「嶋」左近と書いてますね。
[PR]
by machinoeki | 2009-09-22 19:15 | 「戦國丸」

石田三成公生誕450年祭実行委員会設立記念事業

義に生きた石田三成公『大一大万大吉足跡図』 

f0017409_13444756.jpg

来る9/21(祝)開催の義に生きた石田三成公『大一大万大吉足跡図』発表&石田三成史跡巡りサイクル&ガチャコンツアーイベントに参加していただける方は、できるだけmy自転車でお越し下さい。(エコスタイル自転車店やJR彦根駅で都市型自転車レンタル「駅りんくん」明くる日10時まで500円で借りる事も出来ます)
天気予報も今のところ良く、天高く素晴らしい秋空の下、普段全く気がつかない佐和山城下彦根の良さを新たな知識と共に再発見できる、目からうろこのエコツアーです♪
今回は時の人!郷土史研究家(佐和山城址)の第一人者田附さんによるスペシャルガイドや、佐和山主従キャラデザイナーの山本ひまりさんのイラストマップ作りの苦労話。更に彦根リキシャや自転車生活をすすめる竹内さんによる「義のこだわりサイクルコース」のツアーコンダクター等、超話題満載で、行楽の秋の一日が楽しめます♪
設立させていただく石田三成公生誕450年祭実行委員会は、三成を敬愛するみなさんと一緒に創る委員会。会員募集(先着450名限定)も、イベント当日9/21から会場にて受け付けをスタート!させていただきます。
入会金及び永久会費として450円!実行委員会会員証として特典つき「三成公生誕祭実行委員会会員バッチ」を進呈!マップがなくでも今後のイベントや協賛店舗で、特別割引など、お得なプレミアムサービスが受けられます。

ところでNHKの「天地人」もいよいよ佳境!セレモニー前日9/20日曜日の放送は「ふたつの関ヶ原」・・・関ヶ原はひとつや!と突っ込みを入れつつも、一瞬で輝く小栗旬三成の名演技を期待しています・・・たとえ戦いに敗れても、心に深く静かに広がる義将の真髄を見せてくれるでしょう!

爽やかな秋風を受けながら一緒にサイクリングと史跡巡りを楽しみましょう♪
おひとりでもお気軽にご参加宜しくお願いいたします。  みんなキテネ~!!!


f0017409_13485484.jpg


ニュースリリース~********************

義に生きた石田三成公『大一大万台吉足跡図』発表
&石田三成史跡巡りサイクル&ガチャコンツアー


石田三成公生誕450年祭実行委員会
委員長:山崎 一眞(NPO法人彦根景観フォーラム理事長)
副委員長:柴田 いづみ(歴史・景観・まちづくりネットワーク実行委員会代表)
       武野 貞嗣(有限責任事業組合ひこね街の駅代表)
       田附 清子(佐和山城研究会代表)
 
■日 時 平成21年9月21日(月・祝) 出発式 :午前 11:00~ 
■場 所 JR彦根駅西口広場&ひこね街の駅「戦國丸」
■目 的 石田三成の歴史的文化的な足跡にスポットを当て、住民はもとより全国からの誘客も見込み、彦根の新たな観光コースとして紹介する
■テーマ「義に生きた石田三成の足跡を辿る」 
■内 容
◇第一部) 於:JR彦根駅西口広場  ※佐和山主従キャラ!いしだみつにゃん出陣!! 
*新作発表!石田三成史跡巡りサイクル&ガチャコンマップ『大一大万大吉足跡図』
*史跡巡りお徳情報♪「石田三成史跡巡り協賛店&クーポン内容」発表
*地方の元気再生事業~「歴史・景観・まちづくりネットワークプロジェクト」紹介
*石田三成史跡巡りコース体験ツアー 第一陣出発 :午前 11:15頃   参加無料  少雨決行
予定コース:JR彦根駅⇒佐和山城址(清涼寺周辺)⇒彦根城城内⇒京橋・寺町(宗安寺周辺)⇒花しょうぶ通り周辺(昼食:魚浩真田丼・戦國丸カレー・みゆき左近ラーメン・カフェルワム吉松茶 等)⇒ひこね芹川駅>>>>>>鳥居本駅⇒専宗寺⇒大手道⇒もちのき谷・三成屋敷跡⇒JR彦根駅
レンタサイクルの問い合わせは、エコスタイルの竹内さん:0749-26-2901(fax兼用)
http://ecostyle01.hp.infoseek.co.jp/
スマートサイクルは10台限定です。

サイクルリングツアーの参加は無料ですが、ひこね芹川駅から鳥居本までの近江鉄道(ガチャコン)運賃230円は各自で負担です。
昼食は花しょうぶ通り周辺で時間を設定させていただきます。各自で用意していただいたり、途中のコンビニで調達したりした弁当を、戦國丸で食べて頂く事も可能です。

◇第二部) 於:ひこね街の駅「戦國丸」湯殿   時間 午後 4:00~ 
*石田三成生誕450年祭実行委員会設立総会
*石田三成史跡コース報告軍議 

※会場ではお飲物と軽食をご用意しています
 どなたでも参加できます 但し(ワンコインカンパをお願いします) 
 
 
f0017409_13493640.jpg主 催 石田三成公生誕450年祭実行委員会
共 催 NPO法人彦根景観フォーラム、歴史・景観・まちづくりネットワーク実行委員会、有限責任事業組合ひこね街の駅
後 援 彦根市、彦根商工会議所、彦根観光協会、彦根商店街連盟
協 力 佐和山義の家臣団、ひこね自転車生活をすすめる会、近江鉄道株式会社、NPO法人湖東焼を育てる会、佐和山城研究会、彦根左近の会
お問い合わせ ひこね街の駅「戦國丸」℡/fax0749―27―5058
e-mail :eki@packet.ne.jp



f0017409_15313263.jpgNHK「天地人」あらすじ~
予告編「ふたつの関ヶ原」~

・・・秀秋の陣に、家康は鉄砲を撃ち込む。驚いた秀秋は西軍を攻め始める。
かくして、西軍は総崩れとなり、島左近(若林豪)が自ら犠牲となって三成を逃がす。三成は初音(長澤まさみ)とともに脱出――。
西軍敗退の知らせを受けた兼続は長谷堂城攻めから兵を引く。しんがりを務めて必死に応戦する兼続の脳裏に、三成の姿が浮かんでいた。
[PR]
by machinoeki | 2009-09-17 13:52 | お知らせ(NEWS)

必読!石田三成教本「三成伝説」いよいよ発売♪

熱い思いが遂に一冊の本に『三成伝説』 

f0017409_21401624.jpg
本日の中日新聞の社会面に、佐和山城研究会(オンライン三成会)
の田附清子さんが、なんと先日の会議で一部見せていただいた
『三成伝説』 を手に大判写真付きで登場!!
「三成ファンの情熱が本に・・」とのタイトルですが、それにしても
紙面上結びの言葉が田附女史らしいので・・おもわず笑た!

「会員同士で推敲を重ねた。反論は受けて立つ!」

正々堂々受けて立つことこそが武士の本懐・・
佐和山の千貫井戸と同じ水脈の産湯を使ったあなただからこそ、納得の自然体三成憑依  笑
それにしても、佐和山の隅々を自らの体を張って研究を重ねて苦節10年!
田附さんおめでとう!本当によかったね♪

運命の関ヶ原の合戦日と同じ9月15日の発売とは・・・
三成に思いを寄せる熱い気持ちが伝わります!

三成の本当の姿を伝える教本として、一人でも多くの方に是非読んでいただきたいです。

f0017409_21493893.jpg
★前口上(前書き)~

石田三成がこの世を去って四百年。
長い年月の間にその足跡は風化し、
人々の思惑の中でゆがめられていった。
 
しかし、その生きた証は今も各地に残っている。
そのかすかな証を求めて、日本の北から南、
そして海を超えた異国まで訪ね歩き、
三成の「真実」を明らかにしようとした。
 
世に知られず、口伝や伝承のみに基づく史跡もある。
誰がいつ三成との関わりを唱えたのか不明なものも多い。
しかし、疑問視されている史跡こそあえて紹介したい。
 
なぜなら、私たちの生きる時代より前に、
三成の生き方を同じように追った人々の影が
そこに含まれているかもしれない、と思うからである。
 
これは石田三成と彼をめぐる人々の過去の流れを追い、
現代に伝えようと試みた記録である。


『三成伝説』 現代に残る石田三成の足跡
オンライン三成会 編
A5判 176ページ 並製
書店発売日:2009年09月15日

詳細&購入申し込み⇒サンライズ出版
[PR]
by machinoeki | 2009-09-11 21:58 | お知らせ(NEWS)

義に生きた石田三成の足跡を辿る

石田三成史跡巡りサイクル&ガチャコン 
f0017409_1943317.jpg

「近江を制するものは天下を制す!」古来より滋賀県は覇権を争う剛の者にとって、最も重要な地域として争奪の舞台となりました。特に佐和山は東山道、北国街道、伊勢道に繋がる脇街道の分岐点として、山と内湖に挟まれた僅か数キロを守る絶好の城として『佐和山を制するものは近江を制す』とまで云わしめた天下の要城でした。
ところで最近の戦国ブームのなかでも、劣勢を承知し命を賭けて最後まで忠義に生きた、いわゆる戦国義将らがそのブームの中心であり、我らが佐和山城主「石田三成」は真田幸村、直江兼続、嶋左近らと共に、特に全国の若い女性達に大人気となっています
そこで歴史的地域文化の復興、創造にむけて歴史を尊び先人の偉業に学ぶことを基本に置き、この秋「義に生きた石田三成の足跡を辿る」の手作りマップを製作、発表し、併せて新設観光コースの体験ツアーを行います。
f0017409_19443683.jpg


日 時 平成21年9月21日(月・祝) 出発式 :午前 11:00~ 
場 所 JR彦根駅西口広場&ひこね街の駅「戦國丸」
目 的 石田三成公の歴史的文化的な足跡にスポットを当て、全国の義将ファンのみなさまに、今まであまり知られていない三成公ゆかりの名所、旧跡を彦根の新たな観光コースとして紹介するテーマ「義に生きた石田三成の足跡を辿る」 
内 容
第一部)  於:JR彦根駅西口広場 
*新作発表!「石田三成史跡巡りサイクル&ガチャコン」マップ
*マップお徳情報♪「石田三成史跡巡り協賛店&クーポン内容」発表
*石田三成史跡巡りコース体験ツアー 第一陣出発 :午前 11:15頃

第二部)  於:ひこね街の駅「戦國丸」湯殿   時間 午後 4:00~
*石田三成史跡コース報告軍議  ※お飲物とおつまみをご用意しています。   
佐和山主従キャラ!いしだみつにゃん、しまさこにゃんも出陣!!

f0017409_19462240.jpg

主 催 石田三成生誕450年祭実行委員会
共 催 NPO法人彦根景観フォーラム、歴史・景観・まちづくりネットワーク、有限責任事業組合ひこね街の駅
後 援 彦根商工会議所、彦根観光協会、彦根商店街連盟
協 力 佐和山義の家臣団、ひこね自転車生活をすすめる会、近江鉄道株式会社
NPO法人湖東焼を育てる会、佐和山城研究会、彦根左近の会
お問い合わせ ひこね街の駅「戦國丸」℡/fax0749―27―5058 e-mail eki@packet.ne.jp


ご参加アンケートにご協力下さい⇒クリック
[PR]
by machinoeki | 2009-09-11 19:48 | お知らせ(NEWS)

いよいよ関ヶ原!!

NHK大河ドラマ「天地人」
   いよいよ天下分け目「関ヶ原」
       三成!左近!吉継!総登場!!!



f0017409_20215310.jpg


NHK「天地人」


必見!!! 
[PR]
by machinoeki | 2009-09-10 20:26 | 「戦國丸」

いよいよ決戦!!

 戦国丸防御の柵が出現!! 

NHK大河ドラマ「天地人」はいよいよ、天下を狙う徳川家康、伊達政宗、福島正則らとあくまで忠義を貫こうとする石田三成、上杉景勝、直江兼続、真田幸村らとの決戦を迎えようとしています。
我ら佐和山義の家臣団の本拠地「戦國丸」も家康らの来襲に備え守りを固める作業を突貫工事で進め、なとか合戦に対する備えは間に合いました。

いしだみつにゃん、しまさこにゃん、おおたににゃんぶを先頭に佐和山義の家臣団と共に「来るならこい!いつでも相手してやる!今度は絶対勝つぞ!!!」と大いに気勢があがってきました!


f0017409_14325681.jpg


                         ↓↓

f0017409_14352634.jpg


                         ↓↓

f0017409_1436237.jpg


                         ↓↓

f0017409_14364241.jpg



 NHK大河ドラマいよいよ佳境!必見!!! 
f0017409_14431769.jpg慶長4年(1599年)、前田利家(宇津井健)が死んだ夜、福島正則(石原良純)ら7名の武将が三成(小栗旬)を討つべく挙兵。三成は家康(松方弘樹)のもとに逃げ込む。三成の身を案じた兼続(妻夫木聡)は淀(深田恭子)を頼る。その働きもあり、家康は三成を生かすことにするが、かわりに蟄居(ちっきょ)を命じた。

家康は伏見城に入城、秀頼の後見人として事実上の天下人となる。大老、奉行たちの会議の席で、毛利輝元(中尾彬)は勝手に政を進める家康を批判。しかし、家康はこれに応じず、逆に三成と兼続こそ、天下の政を私物化していると糾弾する。これを聞いた景勝(北村一輝)と兼続は猛反論、場に緊張が走るが、家康は突如相好を崩し、景勝に帰国を促す。これを家康の挑戦であると読んだ景勝は帰国を決断。

上杉が京から引き上げる中、兼続は一人、三成を訪ねる。三成は初音(長澤まさみ)や家臣・島左近(若林豪)とともに静かに暮らしていた。兼続の説得に、三成は家康に立ち向かい正義を示すことを決意。二人は夜を徹して対家康の作戦を練り、平和が訪れた後の夢を語り合う。お互いの熱き友情を感じた二人は、無事の再会を誓って別れる。

会津に戻り、国造りにいそしむ上杉に家康の脅威が迫っていた。
[PR]
by machinoeki | 2009-09-06 14:36 | 「戦國丸」