「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

11/1(土)石田三成公の法要

f0017409_1803125.jpg11/1(土)午後5時から石田三成公の法要が彦根市花しょうぶ通りの戦國丸の隣「妙源寺」で執り行われます。
どうぞ、お参りください、とのこと。お気軽にお集まりください。
妙源寺は、佐和山にあった寺が現在の場に移ってきたもので、その門は佐和山城法華丸城門の移築という伝承があります。
また以前の本堂は、佐和山城下屋敷を移築したもので、中世武家屋敷の様子を色濃く残したものでした。


妙源寺
1592年の創立で、石田三成の居城であった佐和山城の法華丸を移転したもの。
また、祖師堂(日蓮聖人のお堂)は、彦根八代藩主井伊直定の寄進により建立。
格天井の檀信徒各家の家紋は、見応えがあります。



f0017409_1875123.jpg
                          ギネスに挑戦の時に会場となった「妙源寺本堂」


そして、あくる日11/2日(日)に開催されるのが長浜石田町の三成祭。
石田三成公没後408年の法要と「直江兼続の生涯と石田三成」と題した講演会などが予定されています。場所は長浜市石田町の三成屋敷跡周辺です。
[PR]
by machinoeki | 2008-10-30 18:07 | お知らせ(NEWS)

LIVE Cafe ルワム「和会vol.7」

f0017409_17181492.jpg
2008年
Cafe ルワム「和会vol.7」



日時:2008年10月29日(水)
open 17:30  start 19:00
会場:ひこね街の駅『Ruwam』 

出演:岡田和宏(うた、ピアノ、アコースティックギター)


  
~「Familyーおかだ兄弟ー」の次男・和宏が企画するソロライブ、その名も「和会」~。
肌寒くなってきた10月、vol.7は、Ruwamさんのほっこりドリンクとともにお届けします♪ 
  さらに、reg-ragピアノプレイヤーの勝居悟史さんが緊急ゲストに決定いたしました♪
素敵なピアノの音色も是非お楽しみください♪
2人のセッションもあります☆



FAMILY WEB
Family〜おかだ兄弟〜 Official Web Site


Family~おかだ兄弟~【ふぁみりーおかだきょうだい】
滋賀県出身。長男・健太郎と、二男・和宏により2001年に結成。
幼い頃は母親の弾くピアノに合わせ、家族で歌うことが日常の家庭に育つ。
「ふるさと」、「自然」、そして「家族」。自分たちにとって、本当に身近で、本当に大切なものをテーマに歌を紡いでいく。
近年は、三男・通利を加えた編成での演奏が多くなり、特に3兄弟の絶妙なコーラスは、一度聴いたら忘れられない感動と優しさを与えてくれる。

2006年 TVドラマ「イヌゴエ」挿入歌に起用された「矢印」でデビュー。
2007年 アルバム「スイートホーム」発売
2008年 東京・足立区 温暖化防止テーマソング「君と僕と青空の歌」発表


二男・和宏 (うた、ギター、ピアノ)
12月23日生まれ。相愛大学音楽学部声楽科卒。
好きなもの:野球 買い物 歴史 ネコ 揚げ物 汁物 あったかいもの やさしいもの 
好きな言葉:「早寝 早起き 朝ごはん♪」


■岡田音楽事務所
 〒521-0231滋賀県米原市村居田892
 Tel0749-55-3718 Fax0749-55-3765
  E-mail family@family-web.jp
ナチュラルスイーツ&旅のお茶 Ruwam(るわむ)
[PR]
by machinoeki | 2008-10-30 17:36 | ナチュラルスイーツ「Ruwam」

彦根まちなか見聞録7  知恵と力と勇気が集まる商店街

それぞれの彦根物語55「花しょうぶ十二将!汗と涙の奮戦記」
 
d0087325_0495874.jpg




中溝雅士さん(花しょうぶ通り商店街振興組合顧問) 



                      リポート by E・H


人と出逢うために生まれてきた 

 4年前、花しょうぶ通りのある店主が検査入院した。ガンが疑われた。朝夕、病院の窓から街を行き交う自動車の列をただ見るほかなかった。迫りつつあるのかもしれない死を前にして、自分は何のために生まれてきたのかと否応なしに考え続けた。そして、ついに結論に達した。
「人と出逢うために」この世に生まれてきたのだと。
 その話を聞いた中溝さんは、スーッと気持ちが楽になった。そうなんだ、「人と出逢う」ために生まれてきたんだ。
 こんな根源的な深い話と、戦国ブームを当て込んで「石田三成「胆の毒」飴(たんのどくあめ)」をつくり売りだすというブラックユーモアな面が両立しているのが中溝さんだ。
 彼は、「清瀧旅館」のオーナーシェフ。大阪で板前修業をし、30歳で彦根に戻り旅館を継いだ。まだ40歳代前半だが、花しょうぶ通り商店街振興組合前理事長で、数々の修羅場をくぐってきたかのようないぶし銀の迫力、押し出しの強さがある。服装も相当に独特で、「板さん」というより「寅さん」を、私は連想してしまうのだ。
 現在は組合顧問となっているが、自らを「ラッキー顧問」という。この「ラッキー」(ツイている)にも深い人生論的な意味があるのだが、割愛する。


元気な商店街の秘密
 花しょうぶ通り商店街は、彦根市で最も弱小な商店街ながら、「ナイトバザール」や“ものづくり市場「アートフェスタ勝負市」“まちのプラットフォーム「LLPひこね街の駅」設立、「寺子屋力石」「戦国丸」の開店、戦国商店街宣言など、独自な発想で自主的・自発的な振興に汗を流す元気な商店街だ。
その元気の秘密はどこにあるのか、爆笑を連発する中溝さんの話から探ってみた。

 第1に、構成員の世代交代が一挙に進み、すべてが若い世代になって、いわゆる長老が若手のチャレンジにストップをかけるということがなかった点がある。ホームページを作るにも、「それで商店街に客が来るのか!」と長老に反対されて実現できないという愚痴をよく聞いたが、そんなこととは無縁だった。

 第2の要素は「出逢い」だ。滋賀県立大学の柴田教授、滋賀大学の山崎教授など現場の活動を大切にする先生や学生達との出逢いが、活動に広がりと幅を与えた。「しまさこにゃん」というマスコットキャラクターも10年前にある店主が好きで作った「嶋左近の会」の一昨年の例会で、嶋左近のファンだという若い女性が、即興で資料の片隅に描いた絵から生まれた。

d0087325_0584079.jpg


百の愚痴より十の提案、十の提案より一の実行

 第3の要素は、「断わらない。やってみよう」という姿勢だ。花しょうぶ商店街のスローガンは、「百の愚痴より十の提案、十の提案より一の実行」である。
 提案と実行を積み重ねてきた結果、当初「フォトコンテスト」だけだった「しょうぶ市」は、クラフト作家が出展するアートフェスタになり、音楽フェスタになり、400年祭では、商店街の人たち、大学生、保育園児、段ボール紙甲冑づくり教室、しまさこにゃん、いしだみつにゃんのキャラクターが共演する「戦国甲冑劇」が加わった。出逢った人にはインターネットでメールを配信し、多くのマスコミ関係者が注目してくれるようになっている。

d0087325_1121216.jpg
 「花しょうぶに相談したら、なんとか実現できる」という評判から持ち込まれる企画もある。彦根レッド計画「ひこね赤祭」もその一つで、赤い自動車150台を集めて彦根城駐車場を埋め尽くした。中溝さんは、およそ不可能と思われたイベントが成功した達成感から赤いボルボを衝動買いしてしまったという。

 400年祭で実現した「佐和山一夜城復活プロジェクト」に続く佐和山再会劇も11月23日に「義の旗の下に「第二章 友よ!」と題して佐和山で実行される。
d0087325_1223413.jpg


出逢いとやり抜く力がチャンスを拡げる 
 醒めた見方をすれば、これらは商店街イベントの枠を超えている。商店街の利益にもならないことに汗と涙を流す「ばかもの」と「わかもの」と「そともの」のイベントである。しかし、そのことがより大きな機会・チャンスを呼び込んでいるとは言えないだろうか。

 コーディネータの山崎教授は、人との出逢いがチャンスとなるためには、心の中にきちんと準備ができていて、心に響くことが大切だという。また、しゃにむに取り組んでやり抜くことが新たな出逢いを呼び込み、企画を呼び寄せ、チャンスをふくらませていくと強調された。花しょうぶ通りの経過を見ているとその通りだと思う。
d0087325_053420.jpg


熱いネットワークと巻き込みイベント
 他の商店街との違いとしては、カリスマ的リーダーがいないことだ。中溝さんは、自分のことを「ネジのとれた人間」という。「とにかくやる」という馬力はあるが、調整やブレーキをかけることは苦手なようだ。しかし、「しっかりした人間」「学習塾を夜遅くまで手弁当でやる純な人間」「税金に詳しい人間」などいろいろなタイプの店主「十二将」が、さっと協力してくれる熱いネットワークがある。

 さらに、他の商店街はお客様を集めることに力点をおいて「おもてなし型」イベントになっているが、花しょうぶの場合は、お客様も仲間として一緒にやろうという「巻き込み型」で、一度巻き込まれると、手作りの「汗と涙の人間ドラマ」に感動してしまう。ファンになってしまうのだ。前者を「集客」、後者を「創客」というのだと気づかされた。


ゆるキャラまつり 
 この日は、「ゆるキャラまつりin彦根 キぐルミサミット・2008」の初日で、朝から2万5千人を超える人が「ゆるキャラ」の競演に集まった。花しょうぶ通りにも「いしだみつにゃん」「しまさこにゃん」目当ての人たちがたくさん訪れていた。明日は、この商店街で、ゆるキャラと一緒に大綱引き大会が開かれる。いかにも花しょうぶらしい。
 中溝さんが話している途中にも携帯が鳴り、清瀧旅館に泊まる予定の人が渋滞で彦根インターチェンジから一般道へ入れなくて困っているという連絡が入った。
 こんなことは、400年祭の前には考えられなかった。本当に彦根は変わった。(E・H)
d0087325_054221.jpg

[PR]
by machinoeki | 2008-10-28 19:17 | 談話室「それぞれの彦根物語」

ゆるキャラまつりin彦根フォトレポート速報

ゆるキャラまつりin彦根 ~キグるミサミット2008
キグるミサミット2008フォトレポート速報

f0017409_18492216.jpg好天に恵まれ開会式の午前10時にはメインステージのキャッスルロードは、全国からの来場者で埋まり通行できない大混雑!!!この時点で1万人!時間と共に増え続け11時には2万5千人に達した!
通り沿い約250メートルにキャラクターブースが並び、ステージ登場時間以外は各キャラは各ブースで地元のPRをしながら写真撮影に応じている。
ひこにゃんはステージのエスコート役として、いしだみつにゃんトとしまさこにゃんは開会式と閉会式以外は花しょうぶ通りで来場者をお待ちしています。
明日26(日)は花しょうぶ通りで12時から14時まで「井伊直弼杯全国ゆるきゃら大綱引き大会」が開かれます。いしだみつにゃんトとしまさこにゃんは応援ホストとしての大役!みなさん応援よろしく!!お願いしま~す♪


f0017409_16325041.jpg
              開会式でホストの彦根のゆるきゃら代表登場!


f0017409_18441660.jpg
                   みつにゃん!セント君と記念撮影


f0017409_18443176.jpg
                しまさこにゃんもセント君とハイポーズ♪


f0017409_16331159.jpg
         大盛況!お昼前までに2万5千人の来場者(主催者発表)


f0017409_1633245.jpg
               どのブースも人人人・・


f0017409_16333859.jpg
             Bステージでの「ナームくん」PRタイム


f0017409_16335453.jpg
              岐阜市柳川から「やななちゃん」結構セクシー!


f0017409_1634572.jpg
       佐賀県唐津市の「からわんくん」と滋賀県野洲市「ドウタクくん」よろしく!と握手!


f0017409_16342045.jpg
             三重県津市の藤堂高虎モデルの「しろもちくん」


f0017409_16344727.jpg
               ご当地滋賀県草津市 二代目「たびまるくん」


f0017409_16353661.jpg
「さばとらななちゃん」福井県若狭小浜はさばの町ということをPRするキャラクターです。


26(日)「井伊直弼杯全国ゆるきゃら大綱引き大会」on花しょうぶ通り

優勝チーム 
子供の部 応援団長「おごとん君」 彦根城東小学校バレー部
大人の部 応援団長「さがわんちゃん」 彦根平田体育振興会

f0017409_17344150.jpg
              今日はあいにくの雨ですががんばりましょう!


f0017409_1735167.jpg
           からわんくんを先頭に応援団長とみつにゃん、しまさこにゃん入場!!


f0017409_17352577.jpg
           「みんながんばれ~!」熱く必死の応援ゆるきゃら応援団長!!


f0017409_17354563.jpg
優勝メンバー!「彦根城東小学校女子バレー部」と応援団長「おごとん君」頭のタオルが光ります


f0017409_17355954.jpg
義の家臣団チーム善戦空しく初戦敗退も「殿」と門司の「じーもくん」との記念写真で大喜び


f0017409_1736139.jpg
決勝!優勝チーム「平田体育振興会」と準優勝「ミシガン州立大学」チーム記念写真タイム


f0017409_17363590.jpg
    ミシガンの学生と滋賀県大津市「sagawaちゃん」結構特技が豊富です♪


f0017409_17593231.jpg
              彦根に来てくれた皆さんお疲れ様でした!
花しょうぶ通りまで足を伸ばしていただいた方々!スペシャル~サンクス♪祝着至極!!いたみいる!♪かたじけない!!ありがとうございました!!!

  次は霜月23日佐和山城址前でお会いしましょう♪そのときは私の超親友を紹介しますネ
[PR]
by machinoeki | 2008-10-25 16:37 | お知らせ(NEWS)

ゆるキャラまつりin彦根 ~キグるミサミット2008~

f0017409_1928675.jpg
ゆるキャラまつりin彦根 ~キグるミサミット2008
全国の話題のゆるキャラが彦根に集結します!

開催日時  
10月25日(土)10:00~16:00
10月26日(日)10:00~16:00

開催場所  
メイン会場(ステージ&PRブース)25・26日: 夢京橋キャッスルロード
  (両日、9:30~16:00を通行止めにして開催します。)
サブ会場(直弼杯大綱引き大会)) 26日のみ : 花しょうぶ通り
   (26日10:00~15:00を通行止めにして開催します。)

主   催  
井伊直弼と開国150年祭実行委員会
彦根商店街連盟150年祭実行委員会

後   援  
彦根市・彦根商工会議所・(社)彦根観光協会

問い合わせ 彦根商店街連盟 「ゆるキャラまつりin彦根」事務局
        〒522-0063 滋賀県彦根市中央町3-8 彦根商工会議所会館3階
        電話 0749-22-7303 FAX 0749-27-0134
        E-mail syoren@beach.biwako.ne.jp
        URL http://kigurumi.shiga-saku.net/

概  要 
全国各地の着ぐるみが一堂に会する機会の創出。
ステージでの着ぐるみおよびその着ぐるみがPRする物産やイベントの紹介。
各ブース(テント張り)でのPR・販売活動。
参加キャラクター独自の様々なPRが2日通して行われます。
参加キャラクターは随時御当地PRをブースにて行います。
サブ会場花しょうぶ通りでのゆるキャラ応援団長の大綱引きイベント
なんと!!優勝チーム(大人の部&子供の部)には参加者全員にコーエーDSソフトの『采配のゆくえ』が副賞として進呈されます                       present by コーエー
f0017409_19423850.jpg

『井伊直弼杯 全国ゆるキャラ大綱引き大会』
開催日 10月26日(日) 12:15~子供の部、 13:15~大人の部
タイムスケジュール 12:00~開会式 主催者挨拶 競技説明
          12:15~競技開始(子供の部)
          13:00~子供決勝戦

          13:15~競技開始(大人の部)
          14:00~大人決勝戦
          14:10~表彰式・・閉会
競技方法  ・ トーナメント方式
・決勝戦での勝利チームが優勝
・敗者戦は行わない

競技演出
・各チームには、全国からゆるキャラが応援団長として付きます。試合開始前には各担当
 チームのキャラクターのご当地のPRを約3分設けています。PR後競技開始となります
・一回戦に勝利したチームは、相手の応援団長のキャラクターのグッズもしくはご当地商品をゲットできます。
勝利チームが敗北チームの応援団長のキャラグッズを奪います。all or nothing!!!
・最終優勝チームには、自分のチームの応援団長商品+5キャラクターの関連商品を全て
 もらえる。そしてなんと!優勝チーム(大人の部&子供の部)には参加者全員にコーエーDSソフトの『采配のゆくえ』が副賞として進呈されます     
・各チームのゆるキャラ応援団は、抽選時決まります。
・参加ゆるきゃらは、
・じーもくん
・さがわん3兄弟(妹)
・おごとん

・うなかっぱ

・やおいちゃん
・唐ワン君
しまさこにゃん&いしだみつにゃん
 ※特別審判補佐 
f0017409_1931578.jpg


f0017409_19481327.jpg

[PR]
by machinoeki | 2008-10-23 19:31 | お知らせ(NEWS)

関ヶ原合戦祭りフォトレポート

 『2008関ヶ原合戦祭り』さこみつハイライトフォトレポート f0017409_20554127.jpg

今年は関ヶ原町町制80周年記念の大イベント!天下分け目の戦いをリアルな古戦場で再現する「関ケ原合戦祭り」が18、19の両日、関ケ原町の笹尾山などで開かれ、全国の戦国ファンが詰めかけた。やはり昨今の義の武将ブームを反映し、晴天にも恵まれ予想以上の全国からの来場者に溢れる各会場でした。特に圧倒的に若い女性の姿が目立ち、周辺の宿泊施設は早くから満杯で名古屋や京都に宿をとる事態だとか・・・
うーむっ・・三成恐るべし!

f0017409_2205894.jpg
さて日曜日にはメインイベントの関ヶ原合戦絵巻が正午からスタート!全国から集まった戦国ファンら約130人が「布陣パフォーマンス」「全軍武者行列」、群集劇「義の人・三成-運命の関ケ原決戦」の3部作で熱い合戦模様を再現!プロの役者さんに混じり全国から公募で集まった素人役者の約80人も、東西各隊の甲冑(かっちゅう)に身を包んで奮闘した!!!


f0017409_2223596.jpg
まず笹尾山会場で出陣式をした石田三成、島左近、大谷吉継や徳川家康などが東西9隊に分かれて、大のぼりや背旗をはためかせ、町役場近くの陣場野会場を晴天の秋空の下を勇ましく行軍。陣場野会場では、東西両軍が向かい合って布陣し対峙!実戦さながらの迫力ある各隊の鉄砲隊の轟音の中で朝もやの合戦の始まりから西軍敗走を経て石田三成の斬首までを、殺陣や生演奏、語りを交えた迫力ある群集劇で描いた。
ハイライトシーン!大谷吉継の自刃の場面や蒲生・左近の討死、島津の敵中突破での豊久の壮絶な討死におもわず涙を流す女性ファンも多くいたようだ。
戦で負けても人気は断然西軍勝利!

f0017409_21591420.jpg今年の合戦祭りのもうひとつのハイライト!小和田哲男氏(静岡大学教授)の記念講演、『義の人・石田三成』の満場の会場でのお話からもその一端が垣間見えます・・・

「最近、政治家も企業も利益最優先で、自分さえ良ければ他人が迷惑しようとどうなろうと知ったこっちゃない!って、事例が多いですよね!?・・

石田三成は関ヶ原で敗れて、徳川政権になって以降は豊臣家を滅亡させた「逆臣」という汚名を着せられて今日まで悪者扱いされておりました。
でも、それは大間違いで三成は領民のために『仁政』を行ってきたのです。
関ヶ原の合戦の後、佐和山城を攻め落とした徳川方は城内に置かれていた調度品などがあまりに質素だったことに驚いたんだそうです。
三成は領民から搾取してまで贅沢をしたいとは思わなかったのです。」

※石田地蔵(彦根左近の会「彦根と左近」~)

『大一 大万 大吉』・・・義の為に不利を承知で背筋を伸ばして命を懸ける!
400年の時を越えて、今まさに『義の人・石田三成』の名誉復活を多くの家臣団と共に目の当たりにした感激の一日でした。


三成、左近、吉継、為弘・・やはり真の勝者は結局貴方達なのかもしれません!!!                              
                                                合掌


f0017409_225762.jpg
                      石田三成陣


f0017409_22174674.jpg
                    大谷吉継陣


f0017409_2263865.jpg
                      島津義弘陣


f0017409_2285139.jpg
                      徳川家康本陣


f0017409_22115997.jpg
                     細川忠興陣


f0017409_2214546.jpg
                       嶋左近隊


f0017409_22144576.jpg
                    石田三成、蒲生郷舎隊


f0017409_22214958.jpg
                     悩む?小早川秀秋隊


f0017409_22225527.jpg
                     合戦の狼煙か?・・・


f0017409_19471150.jpg
                     愈々じゃ!輿をもて!


f0017409_18154938.jpg
                      西軍イザ!決戦!!!


f0017409_22234546.jpg
                      嶋隊VS黒田隊


f0017409_18171925.jpg
                      かかれー!おーっ!


f0017409_22254474.jpg
                      「西軍かかれー」


f0017409_22265080.jpg
                      「左近!かかれー」


f0017409_22272516.jpg
                      「殿!お任せあれ!」


f0017409_22281137.jpg
                   「今度は勝てた!義の勝利じゃ!」


f0017409_22291197.jpg
   全国の我が義の家臣団!天晴れなリ!祝着至極♪礼を謂うかたじけな~い♪
[PR]
by machinoeki | 2008-10-20 22:03 | さこみつにゃんぶ日記

『関が原合戦祭り2008』

f0017409_20375167.jpg


先週のビックステージ「東京ゲームショウ」の興奮もさめやらずの熱演コンビですが・・・

さァーいよいよ今度は「みつにゃんさこにゃん」佐和山主従!ついに宿命の”関ヶ原”へ!
『関ヶ原合戦祭り』、いよいよ今週末10/18(土)・19(日)開催です。

佐和山主従を先頭に佐和山家臣団と戦國丸、しょうぶやスタッフが大集合!!!
あの笹尾山石田陣跡からの素晴らしい秋の景色を見ながら、
今度こそ義のパワーで東軍を見事蹴散らして見せようぞ!
えい!えい!おーっ!

「行楽の秋と天下分け目の関が原」
日本が誇る素晴らしい季節と歴史文化を是非この機会にお楽しみください♪

日替わりスタッフながら、笹尾山ステージで両日がんばっています。
激励歓迎♪必ずお寄りくださいネ~お待ちしています!


18日(土)
戦国体験村「笹尾山布陣体験」
11時〜12時、13時〜14時 笹尾山一帯
気軽に布陣体験をしたい人におすすめ。
甲冑を試着し、そのまま笹尾山に布陣していただきます。馬防柵の向こうから、東軍が迫ってくるのを体感できるかも?
1時間前より受付。1回20名まで。参加料1,000円。

f0017409_22142860.jpg さこにゃん・みつにゃんと遊ぼう! 
11時〜、14時〜 笹尾山ステージ
彦根築城400年祭のキャラクター・ひこにゃんの敵役として生まれた、しまさこにゃんといしだみつにゃんが登場! ご来場の皆さんとクイズやゲームを行います。

クイズ関ケ原王決定戦 
12時〜12時45分 笹尾山ステージ
関ケ原合戦をテーマとした、一般参加の本格的クイズ合戦。
その場で参加者を募集し、知力・体力を駆使して難関にチャレンジしていただきます。栄冠を勝ち取るのは誰か?
 ※参加は小学校高学年以上に限ります。


f0017409_21574493.jpg

f0017409_1514326.jpg

←主催者サイト「関が原町合戦祭り」
  [関連ファイルダウンロード]
  関ケ原合戦祭り新聞
  イベント内容
  地図・スケジュール



19日(日)
関ケ原合戦絵巻2008 
関ケ原合戦祭りのメインイベント。
全国から参戦した武者と鉄砲隊、地元武者、そして役者がコラボレーションし、「笹尾山布陣パフォーマンス」「全軍武者行列」「関ケ原合戦絵巻」の3つのパートで、壮大に関ケ原合戦を描きます。
◇笹尾山布陣パフォーマンス 
12時〜13時 笹尾山一帯
石田三成隊・島左近隊・蒲生郷舎隊が史実どおりの笹尾山に布陣するとともに、他の東西6隊もその周辺に布陣し、軍議や模擬合戦等を行います。

◇全軍武者行列       
13時〜13時50分 笹尾山会場↓陣場野会場
 出陣セレモニーで大林幸二が「関ケ原!男の決断」を歌った後、鉄砲隊の合図で各隊が隊列を組んで順に出陣し、陣場野会場までを行軍します。

◇関ケ原合戦絵巻
「義の人・三成〜運命の関ケ原決戦〜」
14時〜15時 陣場野会場 ふれあい広場
オリジナルの脚本・演出による、石田三成の視点から関ケ原合戦を描いた群集劇。一般参加者と役者が共演し、プロの生演奏や語り、殺陣も交えながら、太閤秀吉の薨去から関ケ原決戦、そして三成の斬首までを、ドラマチックにストーリー展開していきます。

f0017409_2149536.jpg


f0017409_21541256.jpg記念講演「義の人・石田三成」
講師 小和田哲男(静岡大学教授)
10時〜11時(開場9時30分) 
陣場野会場 ふれあいセンター大ホール
今回の関ケ原合戦祭りの主役、石田三成をテーマとした記念講演。「石田三成-知の参謀の実像-」の著者であり、来年のNHK大河ドラマ「天地人」で時代考証を担当する静岡大学の小和田哲男教授が、三成の実像と業績をわかりやすく解説します。
※入場無料。整理券不要。
 
18日・19日 両日開催鉄砲隊演武 
18日①11時30分〜②13時30分〜 19日③11時〜
笹尾山ステージ
本物の火縄銃を持った鉄砲隊が登場し、火縄銃の歴史や構造を紹介するとともに、実際に火薬を詰めてさまざまな射撃法を実演します。
弾は入っていませんが、耳をつんざく轟音には要注意!

戦国グッズマーケット
笹尾山駐車場
東西の戦国グッズ専門店が大集合。こだわりグッズやオリジナルアイテムを直接手にとって選べる、戦国ファン垂涎のマーケットです。

戦国体験村「武芸指南所」 
笹尾山駐車場
親子で楽しめるゲームコーナー。種目は鉄砲(射的)と弓矢(または輪投げ)の2種類を用意しました。
1回200円。

戦国体験村「戦国工房」 
笹尾山駐車場
簡単に自分だけのオリジナルアイテムをつくることのできる手づくり工房です。戦国にちなみ、家紋ペンダント(ウッドペンダント)とミニのぼり旗の2種類を予定。
家紋ペンダント1個300円。
ミニのぼり旗 1本500円。

戦国厨房
随時(陣中鍋は11時30分〜) 笹尾山駐車場
戦国時代を題材とした3つの食体験イベント。数量限定の特別販売ですので、品切れの際はご容赦ください。
①家康の鷹狩りおむすび 関ケ原合戦400年祭で大好評だった参加者弁当が復活。徳川家康が鷹狩りの際に持っていったという味噌が香ばしい焼きおにぎりです。1セット500円。
②家康弁当VS秀吉弁当
2人の天下人、徳川家康と豊臣秀吉の好物や性格をふまえ、「健康長寿の家康弁当」「健脳快活の秀吉弁当」の2種類を創作。さあ、どっちを選ぶ? 各1,000円。
※入場料・参加料が明記していない
 イベントは基本的に無料です。
※時間が明記されていないイベントの
 開催時間は10:00〜16:00です。
③戦国陣中鍋
2日間とも11時30分から限定販売する、戦国時代にちなんだ元気のでる汁物。さて、今日は何かな? 1杯200円。

f0017409_21502686.jpg
傾奇者寄合所(かぶきものよりあいじょ)
 笹尾山駐車場
マイ甲冑や戦国衣装を持参した参加者を受け付け、着替え場所を提供するとともに、会場内を自由に歩き回っていただきます。さあ、関ケ原で傾(かぶ)いてみよう!
※他人に対する迷惑行為は禁止します。関ケ原にそぐわない極端な衣装は受付をお断りする場合があります。

のろし体験
笹尾山山麓
戦国時代に情報伝達の手段だったのろしを、会場内で再現します。体験もできます。

古戦場ウォーキング「決戦編」 
10時〜15時(受付14時まで)
関ケ原古戦場を歩いて巡るウォーキングイベント。
今回は陣場野会場から笹尾山をめざすコースで実施し、各ポイントではオリジナル千社札を配布します。
1日先着1,000人。
コース:
①ふれあいセンター総合案内所(スタート)
②決戦地
③笹尾山下
④笹尾山・石田三成陣跡
⑤ふれあいセンター総合案内所


【関ケ原合戦絵巻制作スタッフ】
・脚  本  金子根古
・演  出  佐々木しゅう
・演  奏  GONNA
・語  り  長畑 豊
・出  演  的場剣友会
・殺陣指導  上永俊亥治

【参加鉄砲隊/予定】
・大坂城鉄砲隊
・信州真田鉄砲隊
・大垣城鉄砲隊 
・関ケ原鉄砲隊

【出店予定/順不同】
・時代屋(東京都)
・戦国デザインブランドもののふ(東京都)
・しょうぶ屋(彦根市)
・LLPひこね街の駅 戦國丸 (彦根市)
・戦国魂(京都市)
・一夢庵 大ふへん堂(京都市) 
・戦国武将×和柄 兜‐kabuto‐(京都市)
・鹿屋(奈良市)

[PR]
by machinoeki | 2008-10-13 20:43 | さこみつにゃんぶ日記

彦根見聞録 夢京橋キャッスルロード「過去とともにある未来」

毎回大変な彦根城下町検定試験について

f0017409_1726554.jpg 

嶋津慶子 
彦根商店街連盟広報部長 夢京橋商店街振興組合理事



それぞれの彦根物語54 2008.10.11      リポート by E・H氏

f0017409_17262671.gif

 お話をいただいた嶋津さんは、夢京橋キャッスルロードのブライダルハウス サムシング・フォーの店主。結婚式の貸衣装や演出を手がけている。ウインドウに美しいウエディングドレスが輝くお店に、思わず足を止めてしまう。嶋津さんは、黒の服に小柄な体で、ファッション関係にしてはおしとやかな印象をうける。しかし、彼女が商店街連盟広報部長に就任してからの変化は、激しい嵐のようだ。

内向きから外向き広報へ
 彼女は、「郊外の大型小売店に対抗して商店街にお客様に来てもらうにはどうしたらいいか」を考え、まず商店街広報を改革した。それまでは、会員である商店主を対象とした内向き広報であったものを、外向きに変えた。お客様に訴求できる広報誌とし、45,000部を発行。名前も「あっ!!」と変えた。「あっ!ええもん見つけた!」の略で「ちっちゃな感動」をお客様に提供できる「あきんど」でありたいとの「思い」がこもったネーミングだ。4年前にはじめ、現在までに16号を発行している。

f0017409_17463274.jpg商店街検定から城下町検定へ 
 商店街の店主は、相手を認めずお互いに足を引っ張り合うという問題があった。そこで、考えたのが商店街検定だった。漫才師やコメディアンを呼んで、商店街を歩き、試験をすることでお客様を商店街に呼び、商店街の意思疎通を改善しようとした。
いろいろなクレームがついたが、市民やマスコミは、全国の地域検定ブームにいち早く対応して彦根検定が始まったことを歓迎してくれた。

 そこで、2年目は「城下町検定」に切り替え、彦根史談会、彦根城博物館の協力のもとに実施したが、受験者はたった80人程度だった。姫路検定や明石のたこ検定が2000人台なのにどうして受験者が少ないのか。どうしたら増えるのか。島津さんたちは、「テキストはないのか」という問い合わせをヒントに、彦根城博物館監修で「彦根城下町検定公式テキスト」(1,050円
)をつくった。真っ赤な表紙にひこにゃんがデザインされた「赤本」だ。すると、400人収容の彦根商工会議所の大ホールに入りきれず、2つの会議室を追加するほど受験者が集まった。

 これに気をよくした嶋津さん達は、今年の会場を滋賀大学経済学部の大合併講義室にした。1000人をめざす工夫として、検定対策セミナーを彦根城博物館能舞台で10月18日と11月15日の2回無料で開催する。本番は12月7日午後1時30分から、60分で100問を解き、80%以上正解で合格となる。申し込みはインターネットでも可能。締め切りは11月25日までとなっている。

f0017409_17465790.jpg 秘密の合格術
 客観的にみると、商店街が主催していること、無料であること、合格者にはバッジがもらえるなど、全国の検定にはない特徴がある。参加者で、実際に過去問題を26問やってみた。3択だから決して難しくない。彦根が好きな人なら楽しんで取り組める。セミナーとテキストを参考に実際に彦根の町を歩いてみることをお勧めする。とにかく、合格しなかったからといって彦根に出入り禁止となるわけでもない。無料なんだし、楽しみましょう。

 それでも合格したい人はヤマを張ろう。受験対策セミナーを能舞台でやるのだから、能は出るだろう。井伊直弼関連の質問も必ず出る。嶋津さんのお宅では、ひな祭りは4月3日にしていた。3月3日は桜田門外で藩主井伊直弼が暗殺された日なんだから。こういう特殊な情報はきっと出題されるとみた。

集客の極意
 「本当に彦根の人は燃えません。どうしたらいいのでしょう?」という嶋津さんに応えて、どうしたら受験者を集めることができるか皆で考えた。口火を切ったのはN氏。ふっと謎の笑みを浮かべて「簡単ですよ。事件をおこすことです」と言った。「ひこにゃんだって著作権事件でもめて有名になった。私なら手下に命じて試験問題の捏造疑惑を起こし、新聞沙汰にする。そうしたら話題になって、受験者が押し寄せる。」 これには大爆笑。捏造して何の得になるのかよくわからないが、嶋津さんは「私の美しいイメージに合わない!」と却下。市民や一般の人から試験問題を募集する、城下町検定の名前がかたいので「ひこにゃん検定」にするなどのアイデアが出された。しかし、お客様の行動を認知、行動、リピートと分析する行動科学的手法から見るとN氏の発想は、内容はともかく一種の極意とも言える。

f0017409_19291797.jpg

f0017409_17294671.jpg

夢京橋キャッスルロードの夢と現実
 嶋津さんは、観光客でにぎわうキャッスルロードのまちづくりをどう思っているのだろうか。嶋津さんが小学生だった昭和30年代の中ごろから既に本町通の道路拡幅の話はあった。昭和40年12月に本町線の拡張が都市計画で決定された。そして、衰退が著しく進むなか、昭和61年に本格着手。町づくり委員会が設けられ、建物は統一した江戸町屋の外観とするため細かいデザインコードが決められ、まちなみ審査会で厳密な審査がなされた。昭和63年11月一号街区が着工、平成11年5月に全体が完成した。

 本町通りで道路拡張に賛同した68戸のうち商店は38戸にすぎなかった。そして、いまも商店として続いているのは11戸だけである。あとは、商売をやめたりテナント貸しになったりした。都市計画道路の拡張に伴う街区整備は、換地を伴う土地区画整理となるため、一帯の全部の建物を取り壊し新築するか移転しなければならない。一軒でも残したら成立しない仕組みなのだ。夢京橋は「張子のとら」「造りもののテーマパーク」と批判されることもあるが、そうしないと家が建てられなかったのが現実だ。

f0017409_1737135.jpg

過去とともにある未来
 島津さんのかつての町家は、隙間が多くてエアコンをつけても無駄だといわれた。それが新しくなってエアコンも良く効くようになり快適な生活が実現した。反面、「ほっこりとした気分になれる」空間は失われた。「新しい家になってありがたいが、さびしい」と嶋津さんはいう。小さな頃、芹橋に習い事に通っていた彼女は、足軽屋敷の玄関や座敷の空間をよく覚えているという。それらが消えてしまうのは、本当にさびしい。古いものを壊して新しく造るこれまでの街づくりとは少し違う未来があるのではないか。過去を消すのではなく、過去とともにある未来があるのではないか。島津さんはそう語っているように思えてならなかった。



次回の「それぞれの彦根物語55」は10月25日(土)10:30分より
「花しょうぶ十二将!汗と涙の奮戦記」 
   中溝雅士さん(花しょうぶ通り商店街振興組合顧問 前理事長)
 
 数々のイベントを企画し超エンターテイナーの中溝さん。この人のトークをFM彦根で聞いたが、文句なしに面白い。寅さんの2倍面白い。この機会は絶対に逃せません。
 寺子屋力石もルアムのakiさんの手でますます美しく変身中。期待して来てください。
[PR]
by machinoeki | 2008-10-13 17:21 | 談話室「それぞれの彦根物語」

佐和山主従いよいよ「東京ゲームショウ」 幕張メッセに出陣!

f0017409_2015829.jpg

 「東京ゲームショウ」 会場: 幕張メッセ (コーエーブース)
いしだみつにゃん&しまさこにゃん♪ 
新ゲームソフト「采配の行方」祝賀応援に急遽参陣上京!
 


『采配のゆくえ』スペシャルステージ
コーエー公式ホームページNEWS~
佐和山主従コーエーブース登場日時
【10/12】 11:00~11:30/13:00~13:30

ニンテンドーDS用合戦アドベンチャーゲーム「采配のゆくえ」のスペシャルステージ。
開発者による制作秘話や、キャラクター紹介など本作の魅力をご紹介します。また、スペシャルゲストとして、本作にちなんだ着ぐるみ「いしだみつにゃん」「しまさこにゃん」も登場します!ステージ後には着ぐるみとの写真撮影会も開催!(整理券は事前配布となります。)
また、東京ゲームショウ2008では、『采配のゆくえ』の登場キャラクターと今話題のゆるキャラ「いしだみつにゃん」「しまさこにゃん」「おおたににゃんぶ」のコラボ待受(※)を無料配信いたします。コーエーブースに設置されるパネルのQRコードから特設サイトにアクセスしてゲット! ぜひコーエーブースにお越しください。
※TGS限定待受画像はi-mode、EZweb、Yahoo!ケータイの3キャリア向けとなります。

f0017409_20315565.jpg


モバイルコンテンツサイト、オープン!
i-mode版、9日 EZweb版、15日 Yahoo!ケータイ版スタート!

携帯電話向けサイト『采配のゆくえ』は、月額315円(税込)で待受画像、カレンダーなどがダウンロードできる有料コンテンツサイトです。 ゲームソフト『采配のゆくえ』の最新情報や待受画像、ゲームソフト『采配のゆくえ』の流れが体験できる「お試し采配」など無料コンテンツも充実! 着信メロディや電池・電波連動FLASHなど、今後もコンテンツを続々と追加していきます。
下記QRコードでアクセスしてみてください!
f0017409_20181383.gif


f0017409_19275852.jpg

『采配のゆくえ』TVCFタイアップ曲も決定! 

10月中旬より放映予定の『采配のゆくえ』TVCFで流れる曲がなんと!10月8日発売予定の倖田來未さんの新曲『TABOO』に決定! すごーい!

ではでは東京ゲームショウに来場の皆さん!コーエーブースに大集合!
いしだみつにゃん&しまさこにゃんの佐和山義の主従を応援よろしくお願いします♪
当日は11/23開催の義の旗のもとへ「第二章 友よ!」の詳細案内チラシを配布しております!待ちうけコラボ画面同様これもお忘れなくゲットしてくださいね!!!

みなさ~(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?♪マッテルヨ!

f0017409_19483711.jpg

[PR]
by machinoeki | 2008-10-09 20:06 | さこみつにゃんぶ日記

彦根まちなか見聞録5  景観10年、風景100年

 生まれ変わった商店街 -四番町スクエア・新しい街への取り組み 

街の駅寺子屋力石「それぞれの彦根物語53」 (2008/10/04)      リポートby E.H氏

d0087325_23384382.jpg 
 お話をいただいた四番町スクエア協同組合理事長 中村 繁司さんは、四番町の丸矢旅館のご主人。
 商店街組合の理事長が一般商店主ではなく旅館のご主人とは、少し妙な感じがする。だが、NさんやWさんなど商店街の熱心な役員には、旅館の主人が多い。
 その謎が解けた。旅館は朝・夕は死ぬほど忙しいが、昼間は閑。加えて人扱いがうまい。他の店主は昼間が忙しい。そこで目をつけられるのだ。


30年かかった四番町スクエア
 四番町スクエアは、旧の市場商店街と比べると「生まれ変わった」という表現がぴったりするほど、過去の痕跡を残さずに「新しい街」に変わった。
 最盛期の市場街は、その名のとおり八百屋、魚屋、肉屋、豆腐屋、食堂、和菓子屋などが狭い通りの両側に連なり、道にはみ出して商売をしていた。多くの客で通りはごった返し、魚や肉を焼くいい匂いが漂って、客と店主とのやり取りも楽しかった。

 しかし、昭和50年代になると客は減り、80店を数えた商店街組合も30店に減少した。昭和53年、再開発の協議が始まる。当初は、大型高層の再開発ビルを検討していたという。しかし、背の高い建物は彦根に合わないと断念。夢京橋の江戸風につながるまちとして「大正ロマン」のコンセプトで再開発に着手、平成19年に完成した。実に30年かかったのだ。


年中イベント戦略
 四番町スクエアの店舗は50店に増えたが、構成は大きく変わった。生鮮が減り、飲食が大幅に増えたのだ。岩盤浴、アロマセラピー、エステなどの新サービスも参入、物販ではキャラクターなどのグッズ店が9店となった。これに伴って、旧来の組合員は18に減り、新規組合員が32となった。区画整理事業を機に商売をやめ、テナント貸しになった人も多い。

 中村さんは、こうした新旧の店主たちに、議論や金を出させるだけでなく、イベントで一緒に汗をかく機会を意識的に作っている。そして、若い人たちのアイデアを巧みに取り入れ、「年中イベントの街」を創り出している。
 最大の集約力を誇るスターは、「ひこにゃん」だ。パティオには「ひこにゃん」石像があり、季節ごとにデコレーションされる。「ひこにゃん」イベントは、常に満員だ。
 このほか、彦根景観フォーラムも共催した星空映画祭、パソコン絵画展、草木染展、よさこいソーラン、高宮町で開催されたテント絵画展を誘致、あんどんフェスタ、ストリートミュージックフェスタ、ワンコインでビールが飲めるビールフェスタなど、d0087325_012644.jpg 「年中イベント戦略」がこの街の集客力の大きな秘密であり、店舗構成にもフィットしている。

なお、10月25・26日に開催の「ゆるキャラまつりin彦根」では、当初四番町スクエアで着ぐるみのキャラクターが集まる「キグるミサミット」が予定されていたが、あまりの前評判のよさに来場者を収容しきれなくなり事故がおきる危険性が高いとして、夢京橋の道路を歩行者天国にして開催することになった。


四番町スクエアの強みと心配
 イベント、お洒落、おいしい飲食、エステ、キャラクターグッズなどで、楽しく心地いい時間消費を求めるお客さまの心をとらえた四番町スクエア。観光客だけでなく地元のお客さまもリピートしているのが強みだが、心配事がないわけではない。
 ブームは急に去る。次に何を魅力として打ち出し、息の長いまちづくりに結びつけるのか。長浜の黒壁は3セク単一経営で町なみをまもり、風俗店などの進出を防いでいるが、商業協同組合は、多様性が活力を生む反面、まち全体を考えて結束して行動できるのか。


景観十年、風景百年、風土千年
 実は、四番町の区画整理事業は、旧商店街の半分しか終わっていない。残りをどうするのか? 中村さんは、銀座街へのつながりや世界遺産をめざすまちづくりを視野にいれて、色々と考えている。高宮御門の復元も一つの選択肢に入っている。
 ただ、これからの大規模な再開発事業は、市や土地所有者の負担も大きく、さらにむずかしくなるだろう。より順応的な手法は考えられないのだろうか。

 中村さんは、「景観十年、風景百年、風土は千年」と言った。まちづくりには十年かかる、まちが人や自然になじむには百年かかるという意味だ。こんな「覚悟」をもって活動する店主がいるとは、彦根という街は、なんと素晴らしいのだろう。
d0087325_23393578.jpg



  談話室それぞれの『彦根物語』 
【彦根物語53】
「生まれ変わった商店街 
        四番町スクエア・新しい街への取り組み」  

d0087325_9475254.jpg




中村 繁司
(四番町スクエア協同組合 理事長)




 大正11年第一公設市場として誕生。市場街と親しまれ終戦後の食料難の時代に80店舗に増加。生鮮食品店を中心の小売商店がアーケードの中に軒を連ね、ようはやり活気にみなぎっていました。スーパーの進出で衰退しシャッター街になり30軒に減少。


銀座街とつながるさみしいアーケード風景
d0087325_946777.jpg
















生き残りをかけ、市街地再開発を試みるなど研究を繰り返した末、エリアを2つに分け、先に第1エリアを区画整理し、ゾーン型の商店街に。景観のコンセプトを大正ロマンとし旧の地名を復活して四番町スクエアに名称変更。権利者の従後の土地利用に合わせた換地を行ない平成19年4月にまち開き開催。
新しく開店した店が増え、若い経営者の新しい発想での商店街運営で順調な発展が期待できるのは嬉しいことです。たまたま、築城400年記念祭と開国150年祭が催され、ひこにゃん人気のお陰もあって集客施設の四番町ダイニングをはじめ、2つの駐車場も予想を上回る成績です。

四番町スクエアでも大人気のひこにゃんです。
d0087325_17431282.jpg

















d0087325_17464387.jpg



















夢京橋では早足で歩くのに比べ、ここでは、のんびりと散策してくれます。パティオや広場にアマチュアバンドが演奏に来てくれるなど人気スポットとなりました。
しかし、商店街の残り半分は未整備のままで来街客がここでUターンします。銀座街や花しょうぶ商店街へ街なかを回遊させるには、このエリアの再構築を急がねばなりません。
彦根城の世界遺産登録が論じられています。城だけでなく城下町らしい町並み整備が不可欠です。芹橋の足軽屋敷の保存と連携して、ここに高宮口門の関所があったことを生かしたまちづくりを目指し、今は駐車場になっている映画館跡地で毎年夏の終わりに星空映画祭を催して地域の想いをつないでいます。

高宮口御門跡
d0087325_17492337.jpg











【キーワード】
シャッター街、大正ロマン、ひこにゃん、世界遺産
---------------------------------------------
・シャッター街になってしまったヨ
・思い切りまちを作り変えようカ
・大正ロマンの街づくりダ
・ひこにゃんは大人気ヤ
・夢京橋径由花しょうぶ行きの商店街回遊ルートヲ
・彦根の町を世界遺産に登録しようゼ

次回の「それぞれの彦根物語」は、10月11日(土)10:30~12:00
「毎回大変な彦根城下町検定試験について」
嶋津 慶子さん(彦根商店街連盟広報部長、夢京橋商店街振興組合理事)

どなたでも参加できます。一緒にお話を楽しみましょう。
[PR]
by machinoeki | 2008-10-07 19:22 | 談話室「それぞれの彦根物語」