「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

しまさこにゃんと仲間たち&しまさこにゃんプロフィール

f0017409_2094688.jpg


彦根城築城400年祭を盛上げる為に、的中突破?
がんばる「しまさこにゃん」のかわいいスナップアラカルト




f0017409_17575375.jpg


f0017409_17582734.jpg


f0017409_17585769.jpg


f0017409_17365240.jpg


f0017409_17592286.jpg


f0017409_17594825.jpg


f0017409_1801164.jpg


f0017409_1803517.jpg


f0017409_1805578.jpg


f0017409_1811879.jpg


f0017409_1813758.jpg


f0017409_181582.jpg


f0017409_1822312.jpg


f0017409_20275692.jpg


f0017409_20282632.jpg


f0017409_20285632.jpg


f0017409_2035633.jpg


f0017409_20321753.jpg


f0017409_20495938.jpg


f0017409_18384331.jpg




「しまさこにゃんプロフィール」

しまさこにゃんは、LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅(花しょうぶ通り商店街 滋賀県彦根市河原町)のマスコットキャラクター。

花しょうぶ通り商店街にあるひこね「街の駅」寺子屋 力石で、一番人気の「手作り甲冑教室」の取材に訪れた地元のラジオ局エフエムひこねコミュニティ放送(FMひこね)のパーソナリティ「山本ひまり」が、国宝・彦根城築城400年祭を盛り上げるため行われていたイベントとして応援短冊を頼まれ、400年祭のキャラクター「ひこにゃん」に対抗する嶋左近キャラのイラストを描いたことで誕生した。

インタビューを受けた力石の小杉駅長が「彦根左近の会」の会長であったことから意気投合!
義に生きた石田三成の家臣である「島左近」をモチーフにしていることから「しまさこにゃん」と名付けられた。また、同じ山本ひまりデザインによる、主君「石田三成」をモデルとした「いしだみつにゃん(通称:みつにゃん)」や義の盟友「大谷吉継」をモデルとした「おおたににゃんぶ(通称:にゃンぶ)」も登場している。

現在は、「LLPひこね街の駅」のマスコットキャラクターとして使われ、多彩な関連グッズや手作り甲冑教室の製作による手作りの着ぐるみ(しまさこにゃん、いしだみつにゃん)も製作されている。


歴史

2007年2月22日 - にゃんにゃんにゃんの日にNHK「もっともっと関西」で「しまさこにゃん」着ぐるみがデビュー。
2007年3月1日 - 彦根城築城400年祭向けの「プレスツアー」出迎え行事で「ひこにゃん」とついに彦根城表門で初遭遇、ツーショット写真を各地のプレスに撮られる。
2007年3月18日 - 京都東映太秦映画村「戦国祭り」に「しまさこにゃん」が彦根城築城400年祭PR足軽甲冑キャラバン隊と共に上洛。
2007年3月21日 - 「国宝・彦根城築城400年祭」開幕。
2007年5月13日-高円宮妃喜久子妃殿下を彦根城表門彦根城博物館前にて、しまさこにゃんと家臣たちの様相で整列しお出迎え。
2007年7月15日-念願の奈良五劫院の島左近のお墓にお参り。
2007年9月1日→9月16日-国宝彦根城築城400年祭「佐和山一夜城復元プロジェクト」のメイン会場に毎週末登場

最新登場情報

asahi.com [朝日新聞]]2007年6月7日付朝刊滋賀版

  国宝彦根城築城400年祭イベント情報)



プロフィール

性別…決して鈴をつけないオス。
性格…粗野で無骨、普段は飄々としててそれでいて切れ者。でも、心根は優しい。
略称…「さこにゃん」京都太秦映画村上洛の折、公に使用される
出身地…佐和山城に住んでいたことは知られているがはっきりとわからない。
現住所…まちおこしの拠点・ひこね「街の駅」寺子屋力石
好物…日本酒(辛口)、いも焼酎、ふな寿司
趣味… 腕っ節は誰にも負けないが、実は司馬遼太郎の「関が原」を何度も読んで泣いている。
特技…奇襲、待ち伏せ (大胆さと忍耐力を兼ね備えている)
目標…弱いものが安心して暮らせる世、庶民の平和
夢…酔っ払って見る夢は、もう一度佐和山での主君「石田三成」との花見酒

※キャラっと@Happy(京都新聞2007年1月15日付夕刊)


『しまさこにゃん物語』
しまさこにゃんは400年生きたネコで、城下町の仏壇街七曲がりの古い空き屋の蔵に甲冑とともに密かに住んでいて、酒を盗んでは飲むワルだけど、かわいそうな子どもの味方になる、落ちぶれたねこってとこです。
義理と人情に命をかけるねこかな。

そして、お父さんと離婚して古い家にすむお母さんと「ぼく」(小学4年)
が、「時を戻す交差点」で、「しまさこにゃん」に出会って展開する物語が始まります♪・・・


続きは2007のクリスマスにきれいな7色カラーの絵本で登場!ご期待ください
[PR]
by machinoeki | 2007-07-13 18:05 | さこみつにゃんぶ日記

 『それぞれの彦根物語』7月号

滋賀大学産業共同研究センター・地域連携センターからのお知らせです。
平素は当センターにご支援ご協力いただきましてありがとうございます。
さてこの度、NPO法人彦根景観フォーラムとの共催事業として、

f0017409_2054330.gif

f0017409_20561671.jpg


ひこね街の駅「寺子屋力石」 国宝彦根城築城400年祭《談話室》
   『それぞれの彦根物語』7月号


を開催いたしますのでご案内します。
参加申込みは、最後尾の【申込みフォーム】に記入の上、ご返信下さい。
----------------------------------------------------------------
◆NPO法人彦根景観フォーラムでは、ひこね街の駅「寺子屋力石」で、土
曜日の午前中に、《談話室》を開いています。
◆「それぞれの彦根物語」を話の種に、みんなで語り合い、彦根での楽し
みごとを共有し、より充実した生活につなげようという企画です。
----------------------------------------------------------------

【会 場】街の駅「寺子屋力石」
   (彦根市河原2丁目3-6 花しょうぶ通り TEL:0749-27-2810)



【彦根物語36】平成19年7月21日(土)10:30~12:00
       「表千家茶道を楽しむ」  
         外海 和子(表千家 茶道講師)
 
【彦根物語37】平成19年7月28日(土)10:30~12:00
「アフガンでのNGO活動」      
         渡辺 弘俊(「アフガン難民を支える会」運営委員)
       

f0017409_20532760.jpg

●《談話室》「それぞれの彦根物語」は大変好評ですので、築城400年祭
に協賛する事業として継続していきます。
〔話し手〕として〔聞き手〕として、ドシドシご参加下さい。
-------------------------------------------------------------
《談話室》では、どなたでも〔話し手〕になれます。
自薦、他薦を問いません。下記要領でお申込み下さい。
〔話し手〕の申込事項     
1.テーマ 2.概略 3.氏名 4.住所 5.電話番号
-----------------------------------------------------------------
【お知らせ】
下記ホームページにて、昨年5月から始まりました《談話室》「それぞれ
の彦根物語」のレポートを公開していますので、ご覧ください。  

滋賀大学産業共同研究センター
     http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/jrc/滋賀大学地域連携センター
     http://www.shiga-u.ac.jp/main.cgi?c=9/9:0
NPO法人彦根景観フォーラム ブログ
     http://hikonekeik.exblog.jp/
ひこね「街の駅」ブログ
     http://machinoeki.exblog.jp/
------------------------------------------------------------------
主 催:NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター

※参加費無料  ※定員:30名
※申込み先:滋賀大学産業共同研究センター
〒522-8522彦根市馬場1-1-1
E-MAIL:jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
TEL:0749-27-1141/ FAX:0749-27-1431まで。
(E-MAIL及びFAXによる申込みの場合、受付けた旨の連絡は行いませんが、定員
に達した時はお断りの連絡をさせていただきます。)

※お願い:街の駅周辺には、駐車スペースがありませんのでご配慮の程お願い
します。


滋賀大学産業共同研究センター
522-8522 彦根市馬場1-1-1
e-mail jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
Tel 0749-27-1141/Fax 0749-27-1431
URL http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/jrc/
[PR]
by machinoeki | 2007-07-12 20:57 | 談話室「それぞれの彦根物語」

五劫院「島左近」のお墓参りに行く

f0017409_7363659.jpg

f0017409_19432621.jpg
















f0017409_19443079.jpgf0017409_19453883.jpg
















f0017409_19464313.jpgf0017409_19482598.jpg
















7月15日(日)我々しまさこにゃん一行の奈良の観光フォーラム遠征スケジュールです。
奈良に来れる方は応援宜しくお願いします。
お墓参りをしたりグッヅ販売もします。
時間があればなんとか平群にもちょこっと行きたいですネ。

この機会に是非一緒に墓参りをしましょうネ♪


7月15日(日)

8:00 街の駅(彦根)出発

10:00 名神高速・京滋バイパス・京奈和道経由で

奈良県立図書情報館着

      <準備>

      さこにゃん隊お墓参り五劫院へ出発

11:00 お墓参り(現地の宇野氏案内)


13:00 しまさこにゃん撮影会・グッズ販売

14:00 観光シンポジウム開始

16:00         終了

16:20 グッズ販売終了・撤収

17:00 奈良出発

19:00 彦根着予定

f0017409_7382232.jpg


f0017409_20224117.jpg


f0017409_2023443.jpg


f0017409_8204491.jpg


【イベント内容】
観光フォーラム:7月15日(日)14:00~
場所:県立図書情報館1F交流ホール
イベント名:観光フォーラム&曽爾村と彦根、観光づくり賞・受賞記念展示


井伊赤備え鎧甲冑2両・彦根城観光ポスター
彦根まちなか博物館ポスター・その他観光パンフレット・チラシ 展示及び配布
写真十数点(彦根城・ひこにゃん・ベロタクシー・夢京橋キャッスルロード・四番町スクエア
ユビキタス・彦根景観フォーラム・湖東焼き・しまさこにゃん・街の駅・彦根まちなか博物館など・ひこにゃんぬいぐるみ・・・など


●優秀観光地づくり賞 金賞国土交通大臣賞
●「美しい日本の歴史的風土100選」
●優秀観光地づくり賞 (社)日本観光協会会長賞
●第4回オーライ!ニッポン大賞


f0017409_748198.jpg

f0017409_19562232.jpg

f0017409_19571847.jpg


1. イベント名:曽爾村と彦根、観光づくり賞・受賞記念展示

2. 実施期間 :平成19年7月3日(火曜)~平成19年7月22日(日曜)ただし、9日(月)、17日(火)は休館
●開催時間 AM9:00~PM8:00

3.実施場所 :奈良県立図書情報館 E-mail:info@library.pref.nara.jp
〒630-8135奈良市大安寺西1丁目1000番地TEL:(代表)0742-34-2111FAX:0742-34-2777

4.開催趣旨 :1.“国宝・彦根城築城400年を迎えた彦根と奈良”との歴史的係わりを紐解き、そこから新しい地域情報ネットワークを築く。

f0017409_19574873.jpg

f0017409_938439.jpg
f0017409_7523687.jpg

f0017409_19552159.jpg

f0017409_19544192.jpg


地元奈良や大阪から沢山の方が、しまさこにゃんに会いに来てくださいました。
みなさんありがとうございました。
熱い応援のおかげで大型台風も逃げてくれたようです。

念願の島左近のお墓にも無事お参りする事ができました。
やはり、見晴らしのよい高台に眠るお墓を見た時は、こみ上げるものがありました。
400年の時空を超えてやっと出会えた安堵感もありました。

数々の素敵な出会いに感謝!
しまさこにゃんはこれからもがんばります!
どうかよろしく応援おねがいします♪


※Wikipedia「しまさこにゃん」のirodorinaによる投稿は、このWebページの作成者によるものです
[PR]
by machinoeki | 2007-07-11 07:48 | さこみつにゃんぶ日記

読売テレビ「極上の散歩道」

◆400年祭を盛上げる町衆の活躍としてまたまた「街の駅」の取材です。
手作り甲冑とチャンバラを撮りたいと、読売テレビの番組「極上の散歩道」の撮影でした。



f0017409_19545979.jpg
  旅人は植村なおみさん(よみうりアナウンサー) おっーかっこいい!良くお似合いです♪

f0017409_19563020.jpg


読売テレビ「極上の散歩道」
   ↓
http://www.ytv.co.jp/gokujou/index_set.html

土曜日の朝のひととき、大人のためのちょっと贅沢な散歩をご提案させていただきたい、そんなコンセプトからこの番組は生まれました。
気ぜわしい日常を離れて、普段忘れがちな心のゆとりを取り戻したい、そんなあなたにぴったりの究極のリラックスタイムをお届けします。
京都、神戸、大阪を中心とした魅力的なエリアを散歩しながら、そのエリアならではの情緒と情報を、散歩を通してご紹介。 そこから見えてくるものは本物の豊かさ、上質の暮らしです。 ハイビジョンの映像を通して、そこかしこで出逢うのは、ため息が出るような美しい風景、こだわりのお店、時代を超えた文化遺産、そして善き人々です。
そんな素敵な散歩の案内人は、読売テレビアナウンサー・植村なおみ。
ニュースキャスターとしてキャリアを重ねてきた彼女が、まるでエッセイストのように、エリアの風のささやきまであなたの耳元にお伝えします。

f0017409_19571131.jpg
        番組コンセプトは「大人が行きたくなる旅情報番組」

f0017409_19585473.jpg
今回はしょうぶ屋オーナー目加田氏が旅先案内してくださいました。長時間お疲れ様でした。
f0017409_19594364.jpg
彦根城西の丸にて甲冑劇団と遭遇!我が戦国絵巻甲冑軍団も迫力満点!放送ご期待ください


放送予定日:7月28日(土)あさ5:29~5:59
番組名:読売テレビ「極上の散歩道」 
タイトル: 「滋賀・彦根」




◆先日NHKテレビの新しい情報番組「ヒューマン」に遂に全国放送でも堂々登場しました♪
いよいよ戦国ブーム!それにしても凄いなー花しょうぶ通り



放送日 2007年7月1日(日) PM11:10~11:50
番組名 NHK総合テレビ つながるテレビ@ヒューマン

       ↓
http://www.nhk.or.jp/human/


日曜日の夜、明日からまた仕事…。
そんな憂鬱な気分を吹き飛ばす、ちょっと得する情報番組です。

えーっ!と驚き、マジで?と笑い、へーっ!と納得。

今週何が起きるのか。まだ知られていない情報を一足早くゲット。
僕らの生活への影響を、NHKの取材・解説陣や専門家の視点で徹底予想。
さらに、高感度なマニアや業界人だけが知っている、未来のトレンドも先取りします。

ねぇ、この話知ってる? 週のはじめに情報通として、ちょっと尊敬されるかも。


ワイワイ楽しく、ナルホドと役に立ち、ホロリとちょっと泣ける…。
笑いとマジメ、役に立つ情報がミックスした 新しい未来型の情報番組です。
今週どうなる?サキヨミ 超ハヤミミ情報局 これは来る! 明川哲也の“陽はまた昇る!” 投稿 番組紹介 ブログ トップページ
まだ一部のマニアや業界人しか知らないような早耳情報を、NHKの取材ネットワークを駆使し、全国から、世界中から、かき集めてお伝えします。驚き!笑える!ネタ満載。もうすぐ来るかも?話題の予感一杯でお伝えします!

ゲームで火がついた武将萌え!! いま女性に人気なのは戦国武将グッズ! 

f0017409_20313842.jpg

大河ドラマ『風林火山』でGacktが演じた上杉謙信に、多くの女性ブロガーたちが大興奮!

実はここ数年、戦国武将のファッションブランドが次々と生まれ、女性を中心に人気を博している。月間30万ページビューを誇る通販サイトの売れ筋は、戦国武将の家紋入りストラップ。購入者の半分以上は女性だ。

人気のきっかけは戦国時代が舞台のゲーム。ここ数年でジャンル通算300万本以上が売れ、武将たちの凛々しい姿が多くの女性の心をつかんだ。主役級の武将はもとより、さらに女性たちが目をつけたのは脇役陣。なかでも多数のファンを持つ島左近(しまさこん・石田光成の家臣)のTシャツは、ゆかりの滋賀県彦根市にできた戦国グッズショップでも一番の売り上げだ。

f0017409_20212066.jpg

大阪・堺市のOL、平川恵さん(26)は、ゲームをきっかけに戦国武将にハマった。地元堺出身の石田三成や小西行長に興味を持ち、グッズ集めだけでは飽きたらずあらゆる文献を読みあさり、全国の史跡や古戦場を巡るほどに! 「自分が天下を取ることを目指して、信念を持って生きているスゴい人たちが、いっぱいいたんだな」と、400年の時空を超え、戦国武将に理想の男性像を重ねる。

ゲームのキャラに理想像を見るというきっかけから、戦国時代に興味を持ち始めた彼女たち。強い男への憧れが、新しい歴史へとつながるかも!?
[PR]
by machinoeki | 2007-07-07 20:06 | 手作り甲冑実用講座