LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2007.5.12

【彦根物語33】
 「滋賀大学士魂商才の道を辿る」     

d0087325_16455186.jpg





山崎一真
(NPO法人彦根景観フォーラム理事長、滋賀大学産業共同研究センター教授)



滋賀大学は建学の精神を「士魂商才」としています。彦根城内にキャンパスを構えることで日常的に士魂を感じ、「近江商人研究」を創設以来の一貫した重要テーマとしていることに現れています。このような滋賀大学の成り立ちと歴史を理解し実感する道程を、画像を通して確認するお話をしました。
JR彦根駅からいろは松までの「導入の道」、佐和口から内堀沿いに本学キャンパスまで進む「士魂の道」、「士魂商才」パビリオンとしての滋賀大学キャンパス、中堀沿いに帰途に着く「士魂商才の道」、これは京橋を経てもとの道に合流する道程で、滋賀大学キャンパスツーリズムと名づけています。

d0087325_1644435.jpg


キャンパスパビリオン「士魂商才館」は、緑あふれる庭園キャンパスで、濠を挟んで石垣・城山樹林・天守・西の丸が目に飛び込んできます。近景・中景・遠景のいずれも、品格ある士魂を感じさせます。
この庭園キャンパスの中に、本学歴史の象徴である二つの登録文化財(講堂と陵水会館)と一貫する「近江商人研究」の象徴である附属史料館が、凛として佇んでいます。
 「導入の道」「士魂の道」を辿って「士魂商才館」に至り、本学庭園キャンパスを堪能する、城内散策の新しいツーリズムを提唱します。


【キーワード】
滋賀大学彦根キャンパス
彦根城散策ルート
近江商人研究
登録文化財
[PR]
by machinoeki | 2007-06-27 16:50 | 談話室「それぞれの彦根物語」

全国手作り甲冑サミット&戦国甲冑劇

f0017409_7193717.gif



国宝彦根城築城400年祭支援事業
 全国手作り甲冑サミット&戦国甲冑劇


f0017409_22221669.jpg


日時 平成19年6月9日(土)午前10:00~12:00
場所 彦根城博物館講堂
内容  「全国手作り甲冑サミット」       
      パネルディスカッション 
       コーディネーター 渡邊 宜崇    ゆるりの集い代表 

f0017409_17212862.jpg
    
【全国手作り甲冑サミット式次第】

10:00  開会
司会 田附 清子 佐和山城研究会代表

10:05~主催者挨拶
近藤 茂夫 ひこね「街の駅」手作り甲冑講座 顧問

手作り甲冑サミット開催趣旨説明 
小杉 共弘 LLPひこね「街の駅」駅長

10:15~手作り甲冑パネルディスカッション 
コーディネーター
渡邊 義高 ゆるりの集い代表

11:15~ サミット宣言調印

1. 手作り甲冑は、歴史と文化の復興、創造にむけて
   歴史を尋ね古き良きものを再生する運動である

2.手作り甲冑により、地域の活性化、歴史文化事業
   観光振興に寄与する事を目的とする

3. 保守すべきもの、継承しなくてはならないものを
   大切にしつつ、今日的な新技術も取り入れる

4. 日本文化が持っていた逞しさ、厳しさを知る事が
   現代の新しさ、素晴らしさを感じる道である

5. 日本Renaissanceにふさわしい個性溢れるアン
   ティークな地域文化活動を目指す

6.手作り甲冑を通じ、今後各地との親善と連携を深
   め、より高い理念と目的を掲げ交流する
 
 
11:30  閉会


f0017409_17221295.jpg

【パネルディスカッションの内容】

1.手作り甲冑を始めた動機

2.甲冑手作りにおいての独自工夫

3.手作り甲冑の活用方法

4.ふるさとの祭り、イベントの紹介

5. 今後の活動、目指すもの


f0017409_17223826.jpg

【サミットパネラー】

「手づくり甲冑武者の会」会長 八田 林治 滋賀県東浅井郡湖北町

「高虎祭り手作り甲冑」責任者 礒竹 正道 三重県津市

「松屋町甲冑教室」講師 塚本 朋和 滋賀県蒲生郡日野町

「大阪城甲冑隊」メンバー 小栢 睦美 大阪府大阪市

「ひこね街の駅手作り甲冑講座」講師 重野 真功 滋賀県彦根市


f0017409_17232770.jpg


~全国から手作り甲冑グループが彦根に集結。会場には紙で本物そっくり
に作られた鎧や兜がズラリと展示され、サミットの模様に聞き入った。
パネルデッスカッションで、各地の状況や甲冑自慢、苦労話、
活動のエピソードなどを紹介しあった。
グループによっては空き缶拾いの出来事や、子供が始めたのに大人が
のめりこんでしまったなど”秘話”も披露・・・~(近江同盟新聞記事から)

ローカルnewsながら、写真入で大きく取り上げていただいております。

すべてみなさまの、多大なご理解とご協力を賜ったおかげと感謝いたします。
誠にありがとうございました。


■手作り甲冑を通じ、今後各地との親善と連携を深め
   より高い理念と目的を掲げ交流する

サミット宣言で調印していただいた通り、今後は一層協力しながら
交流させていただければ何よりの幸せです。
今後ともどうか末永く宜しくお願いいたします。
ありがとうございました。



日時 平成19年6月10日(日)午後12:30~13:30
場所 2007アートフェスタ勝負市特設会場(花しょうぶ通り)
内容 戦国甲冑劇「関が原」  
          夢の対決!井伊の赤備え隊vs佐和山主従石田隊
      
      総勢70名(特別出演)佐和山幼稚園園児40名
 


f0017409_1734311.jpg
f0017409_17251330.jpg
 
あの会場の地声でも聞こえやすい丁度いい空間に、
全員の演技も助けられたようにも感じます。
あそこより広いところでやってたら、
声が聞き取れず、笑いも取れたかどうか、微妙だったかもしれません。

今回の劇は、参加者の情熱とコミカルさ(笑)と、観客の感覚と空間が非常にうまく融合できたものだったんじゃないかなぁ~っと思いました。
大道芸人とお客さんの距離感みたいな。。。。

あちこちで寸劇やりますが、非常に珍しく、やってて噴出して笑いたくなるほど楽しいものでした♪


f0017409_172536100.jpg
 
f0017409_1726268.jpg

みなさま、2日間お疲れ様でしたー!
両日とも雷雨の中いったいどうなることかと思いましたが
関ヶ原両軍を愛するもののふ達の思いが暗雲を吹き飛ばしましたね!
そして前日の読み合わせを超える本番のアドリブの数々に
陣幕裏で爆笑しておりました。
素晴らしい・・・観客側でも見てみたかったです!
今回の彦根は間違いなく、「伝説」になると信じています!


f0017409_17341046.jpg

職場にて、ふと鏡を見る…
思わず持っていた書類を丸めて構えると『我こそわっ…』と心の中で口上をあげる…

未だに余韻に浸っています…

戦国武将&ちゃんばら好きの私にとって、まさに夢の週末でした。


f0017409_1735130.jpg
佇まいだけでも素晴らしい!決まってます♪
f0017409_12404680.jpg
やはり島左近の強さは格別!酒が入ったひょうたんが尚強さを引き立てます    

2007アートフェスタ勝負市 ~歩む~Ayumu 無事終了!

甲冑劇にご参加していただいた方、応援に駆けつけてくださった方等、御参加頂いたすべてのみなさま!ありがとうございました。
残念ながら雨の幕開けとなりましたが、午後から更に悪化の天気予報に反し、雨が上がった花しょうぶ通りは、人出も急増!おかげさまで、大盛況のご来場となりました。

各マスコミも400年祭の新しい催しとして早くから注目し、アートフェスタ勝負市の目玉として、戦国甲冑劇やしまさこにゃんは予想通りの大人気で、人と歓声の大きな華を咲かせていただきました。

私は今回登場は叶わなかったのですが、皆さんの迫力に満ちた殺陣と失敗を笑いに変える機転とフォローに、凄ささえ感じさる最高のエンターテーメントでした。

私も多少覚えたシナリオでしたが、途中で私は迷子になる程のアドリブの嵐だったようですが、結構スムーズに劇は流れ、見事なエンディングとなりました。

私どもの運営も至らぬ点も多々あった事と想像しますが、スタッフ全員雨の中一生懸命準備を進めていたのも事実として、お許しいただければ幸いです。

スタッフの皆様、参加者の皆様、お疲れさまでした~~♪


[PR]
by machinoeki | 2007-06-16 17:18 | 甲冑サミット&甲冑劇