「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2007.2.3

【彦根物語28】
 「彦根で大切にしたい自然」    

d0087325_1351362.jpg





村長 昭義
(彦根自然観察の会会長、
守り育てたい湖国の自然100選選考委員)


  「大切にしたい自然」というと絶滅の危機に瀕しているような生き物と捉えがちです。これは生物多様性としての視点であって、そればかりではなくて景観的な視点や歴史的な視点からも見ていきたい。
 生物多様性としての視点では、琵琶湖岸に生育するハマエンドウやハマゴウ、タチスズシロソウなど絶滅の危機に瀕している植物を大切にしたい。湖岸の砂浜は「浜欠け現象」が著しく、年々砂浜がやせ細り生育地のすぐそばまで水が寄せてきていたが、滋賀県が2005年に養浜工事を行い危機的な状況から脱することができた。ここの植物は地元の人たちが大切に守っている。ほかには多景島のイスノキや内湖の名残りを留める曽根沼の植物たち、芹川や犬上川・愛知川など川の自然、松原干拓地の自然、雨壷山や荒神山・佐和山など孤立山塊の自然、カキツバタ・ノハナショウブの生育する湿地、ブナ・ミズナラ林に生育する植物など彦根市内には守りたい自然がたくさんあります。
 景観的な視点では、棚田や渓畔木のように人と自然とが有機的(生態的)に結びつくことによって生じた景観(調和景観)を大切にしていきたい。
 歴史的な視点では、芹川のケヤキ並木や八坂のエノキ、新海浜の帰化植物たちがあげられます。新海浜には県内ではここでしか見られないめずらしい帰化植物も生育しています。これは羊毛のロックスを堆肥として導入した結果生じた植物たちで、痩せ地での農業の取り組みの歴史を示す生き証人として大切にしたいと考えています。

d0087325_14221552.jpg















d0087325_15315464.jpg















d0087325_15322222.jpg
















d0087325_15324365.jpg















d0087325_15331875.jpg















d0087325_1533479.jpg















d0087325_15342232.jpg
















d0087325_15375596.jpg


















【キーワード】
生物多様性
調和景観
歴史的な視点
海浜植物
川の自然
内湖の自然
干拓地の自然
孤立山塊の自然
山間湿地の自然
山地の自然

★談話室「それぞれの彦根物語」の関連情報は、下記HPでもご覧いただけます。
滋賀大学産業共同研究センター
滋賀大学地域連携センター
[PR]
by machinoeki | 2007-02-28 16:57 | 談話室「それぞれの彦根物語」

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2006.11.4

【彦根物語18】
 「女将が語る『袋町今昔物語』」    

d0087325_1813691.jpg












小島 征矢子
(料亭「小島」女将)


  過日は拙い話を聞いていただいてありがとうございました。
私自身もいろいろと思い出されて楽しい一時でした。子供の頃無関心だった事も、年を重ねると感じかたが、変わってきているのが良くわかりました。昼間でも電気をつけねば暗い天窓たよりの家、応接セットとかダイニングキッチンとかが憧れでしたが、果して今そんな家に暮らせるかな?
  道路も狭い、隣の家ともぴったりひっついて前の家とは2~3m、話し声も聞こえる、そんな町ですが、段々住人の平均年齢が上がり、子供の声がしなくなりました。時代に置いていかれたような町ですが、城下町ゆえにこんな町があってもと思っております。昼間の人口は少なくても夜になると少しは賑わうのですから。
袋町(今は河原2丁目)活性化の為、皆さん、お酒飲む人飲まない人にもお知恵と意見を聞かせていただきたいと思います。数は少ないですが、後継者もおりがんばっています。
 
d0087325_18135557.jpg















小説「花の生涯」のひとつの舞台となった袋町は、紅殻格子など当時の風情を今も残している。江戸期には味噌などの商人や職人の街であったが、明治以降滋賀県で一番の歓楽街として発展した。


d0087325_1814405.jpg












万屋(よろずや)

明治4年貸座敷の公許に始まり昭和4年には、その数69件にも上ったという。この万屋もそのひとつで格の高い内装の造りなど当時の姿をよく残している。客室の開口を大きくするための2階の窓の工夫もされている。

d0087325_18312082.jpg

















d0087325_18313966.jpg


















d0087325_18324549.jpg

















【キーワード】
袋町、河原町2丁目、小説「花の生涯」、歓楽街、紅殻格子


★談話室「それぞれの彦根物語」の関連情報は、下記HPでもご覧いただけます。
滋賀大学産業共同研究センター
滋賀大学地域連携センター
[PR]
by machinoeki | 2007-02-26 17:01 | 談話室「それぞれの彦根物語」

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2006.10.28

【彦根物語17】
 「佐和山を10倍楽しむ方法」    

d0087325_154723100.jpg





田附 清子
(佐和山城研究会代表)


  佐和峯 紅葉
 あはれさや 粮(かて)にうもれし 木々の色
                       (森川許六・彦陽十境集より)

彦根の町の東北に位置する佐和山からの眺望は、市内はもちろんのこと、湖北の町、伊吹山、晴れた日には琵琶湖の対岸まで望むことができる。
ここ数年「キャッスリング」という言葉を耳にするようになった。山歩きをしながらその山の歴史を訪ねるというのだ。
県内には約1300ヶ所の城跡があるといわれている。彦根城のように白亜の天守を持つものだけを城跡というのではない。
身近な里山の中に人知れずその遺構(土塁、堅堀、堀切など)は遺っているのだ。
その山の持つ歴史を知った上で行ってみると、山はまたちがった表情を見せてくれるにちがいない。今まで見えなかったものが、見えてくるにちがいない。
文頭の句は森川許六の作句である。許六の頃から「佐和山は紅葉がいい」と言われていたようだ。
あなたも自分だけの佐和山を見つけに訪れてみませんか。

d0087325_15505782.jpg











本丸南斜面に残る石垣

d0087325_15515817.jpg











丸瓦片(三つ巴紋)

d0087325_1553367.jpg











本丸の城跡石碑

d0087325_15543083.jpg











本丸から彦根城を望む

d0087325_15564574.jpg













本丸から北を望む
 フジテック社のタワー 晴れた日にはそのむこうに伊吹山が見える

d0087325_15582691.jpg















佐和山今昔鳥瞰図(本田太郎作)



【キーワード】
佐和山城址、キャッスリング、織田信長、石田三成、井伊直政、森川許六「彦陽十境集」


★談話室「それぞれの彦根物語」の関連情報は、下記HPでもご覧いただけます。
滋賀大学産業共同研究センター
滋賀大学地域連携センター
[PR]
by machinoeki | 2007-02-26 17:00 | 談話室「それぞれの彦根物語」

NHK生中継「もっともっと関西」と「おおみ610」

2/22(木)夕方、NHK「もっともっと関西」17:15~と「おおみ610」6:10~で
ひこね街の駅「手作り甲冑隊」と「戦国絵巻甲冑劇団」を取り上げて
いただき、関西2府4県に生中継していただきました♪

f0017409_21271333.jpg
f0017409_21281383.jpg


400年祭が迫る時期、地元住民の盛り上がりを中継といったところでしょうか(^^ゞ
そしてこの記念すべき2月22日のニャンニャン日に、街の駅の新キャラクター
「しまさこにゃん」をデビューさせて頂きホントありがとうございました♪

f0017409_045480.jpgf0017409_0455091.jpgf0017409_0472530.jpgf0017409_0582534.jpg






土井さんの素敵な笑顔が見えないながらのすごい熱演第1号でした。
前途ある?「しまさこにゃん」にとって、忘れられない記念日になりました。(^.^)

そして、なんと3/1(木)14:30「彦根城プレスツアー」でついに・・嗚呼ついに、あの
「ひこにゃん」と「さこにゃん」が彦根城表門に於いて大勢の出版プレスの前で、
初めて接近遭遇(激突!)しそうです。   

「ひこにゃん」かかってこんかい!
400年前の関ヶ原の不覚!積年の恨みを果たすチャ~ンす! (^o^)丿

今度は勝つ!怖気づくなよ「ひこにゃン」・・・ハハハ

結構楽しみです(^^ゞ

f0017409_19393715.jpg


それにしても、やはりNHK放映の反応はすごく、何年振りかの友人から
メールが届いたり、沢山の方から「見たよ!・・・」コールを頂きました。

f0017409_103238.jpg
















さて、辰之進さん、ひまりさん、真下さん、出演者の皆さんお疲れ様でした。
家族と一緒に夕飯を食べながら録画を見て、その見事な演技に感心しきり、
けっこう迫力のある名演技でした。

画像を通した甲冑は美しく、重野塾のレベルの高さを感じる事が出来ました。
あと、もっともっと関西編では、何気なくベロタクシーが走っていました・・・エッ
いつのまにか外でも凄い演出をしていたんですね。(^^ゞ

ではこれからも楽しみながら、力を合わせて頑張りましょう!
素敵な出会いに感謝♪
ありがとうございました!

f0017409_19411620.jpg
 「ひこにゃん」「しまさこにゃん」のワンカップ絶賛発売中!彦根キャッスルロード 酒売所『林屋』
[PR]
by machinoeki | 2007-02-26 00:48 | 手作り甲冑実用講座

「津祭り藤堂高虎入府400年祭委員会」街の駅甲冑講座を視察

「津祭り藤堂高虎入府400年祭委員会」のみなさん、遠路の視察ごくろうさまでした。

津市も藤堂高虎入府400年祭が2008年に控えており、しかも年々祭り予算の削減という問題があり、それに対応して、今年度から抜本的な対策をする必要があると考えられる、特に歴史関連祭りの予算配分をみると、予算の大半に甲冑レンタル費が大きい状況らしい。
そこで、甲冑レンタル費用を少しでも軽減し、かつ地元のみなさんが楽しんでいただける方法として、津市にも手作り甲冑教室の導入をかんがえておられます。

f0017409_8113946.jpgf0017409_8121887.jpg









我々ひこね「街の駅」甲冑教室と彦根盛り上げ隊の取組みは、実は結構上手く地域に根付き自前甲冑の自給化が進んでいる先進的な取り組みを実践しているようです。
このシステムを津市に導入できれば、数年後には津祭りが抱える幾つかの問題点をクリアできると真剣に考えておられるようです♪

f0017409_742856.jpg


さてさて・・・津市市役所観光課職員さんが演じる「ツヨインジャー!」凄い!凄い!あっけにとられました。
津市にも、熱く輝く人達がおられることを目の前にし、ホント感激しました。
こんな凄い人達に教えることなどありませんが、甲冑作りに関してはようやくノウハウが確立しつつの所もありますので、またお役に立てる事があればお知らせください。





f0017409_7334997.jpg
教室風景

f0017409_736188.jpg
視察団のメンバー


それにしても、来て頂いた当日は400年祭実行委員会からの足軽甲冑の製作に追いまくられ、充分な対応が出来ずに申し訳ありませんでした。

隣の県でもあり、これからも交流させていただければ幸いです。
今後ともどうか宜しくお願いします。
[PR]
by machinoeki | 2007-02-14 07:42 | 手作り甲冑実用講座