「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

産官学artcraft collaboration 『2006アートフェスタ 勝負市』

< 2006アートフェスタ 勝負市 事業概要 >

       2006アートフェスタ 勝負市 実行委員会 実行委員長
                          滋賀大学産業共同研究センター教授 山崎 一眞
 
《趣 旨》
2000年から始まりました、「ものづくり市場 勝負市」は、本年も関係各位の温かい御支援を頂きまして、2006アートフェスタ 勝負市 実行委員会を設立する運びとなりました。来年の彦根城築城400年祭に向け、時と人々を紡ぐ大切さが再確認されようとする年、この世に生まれた感謝の気持ちと、地域の文化復興に手をつなぎ貢献出来る喜びを表わす言葉として、テーマを『つむぐ~tumugu~』としました。毎年ここでは、彦根の3大学の若い力を紡いだ画期的なコラボレーションが生まれています。協賛して戴いた企業や団体、個人も、200を越えました。まさに産官学の総力を結集したお祭りです、一日ゆっくりと五感を総動員して街を楽しみ、人を楽しみ、ボランティアの元気にふれ、アート心を満足させてください。心よりご来場をお待ちしております。

f0017409_19413658.jpg


開催期間: 平成18年6月10日(土)から 平成18年6月11日(日)
開催場所: 彦根市中心商店街(花しょうぶ通り及び久佐の辻界隈)




f0017409_23403127.jpg2006テーマ: 『 つむぐ ~tumugu~ 』
主 催 : 2006アートフェスタ 勝負市 実行委員会
共 催・滋賀大学学園祭実行委員会・滋賀県立大学湖風祭実行委員会・聖泉大学万聖祭実行委員会・滋賀県立大学ACT・滋賀県立大Big×Band部・滋賀県立大アコースティックサウンドクラブ・登リ町グリーン通り商店街(振)・橋本町(協)・彦根銀座街商業(協)・花しょうぶ通り商店街(振)
後 援:瀬戸国際文化交流会・彦根市・彦根商工会議所・彦根商店街連盟・(社)彦根観光協会
協 力:キリンビール株式会社・イチバンコーポレーション:FMひこねコミュニケーション
NPO法人湖東焼を育てる会・NPO法人彦根景観フォーラム・ひこね「街の駅」寺子屋力石




f0017409_2337352.jpg《事業内容》
・勝負市(6月10日(土)13:00~18:00 雨天決行)30ブースを予定
 (6月11日(日)10:00~17:00 雨天決行)120ブースを予定。
・交流会(6月10日(土)19:00~21:00 場所:Q座)メンバー相互の交流飲食会
・その他:屋台村・街角ライブ・抽選会・参加体験(再興湖東焼、畳Games、大迷路 等)
アートフォーラム・テーマ作品展・フォトコンテスト・協賛企業イベント、等
・連動企画
彦根景観セミナー:『世界遺産登録に向けてPart2』6月10日(土)夏川記念館
名画祭『伝説の時代劇 司馬遼太郎原作「関が原」6月11日(日)夏川記念館
ナイトバザ-ル:花しょうぶ通り商店街振興組合6月10日(土)16:00から



f0017409_19422239.jpg


勝負市URL(公式ホームページ) 
事務局 執行部 (和田) 090-8212-2810
広報担当 (竹内) 090-3261-5803
[PR]
by machinoeki | 2006-04-25 16:13 | アートフェスタ勝負市

築城400年祭《談話室》開催のお知らせ


築城400年祭《談話室》「それぞれの彦根物語」

◆NPO法人彦根景観フォーラムでは、土曜日の午前中に、ひこね街の駅「寺子屋力石」で《談話室》を開くことにしました。歴史と温もりを感じさせる街の駅は、楽しく語らい、自由にアイデアを出し合える、独特の雰囲気をもった空間です。ここでなら、多くの人々が集い、話題に耳を傾け、それをテーマに会話が弾む、素晴らしい《談話室》になるのではないかと期待しています。

f0017409_22245858.jpg【会 場】
街の駅「寺子屋力石」(彦根市河原2丁目3-6 花しょうぶ通り TEL:0749-27-2810)

【第1回】平成18年5月13日(土)10:30~12:00
     「その後の直弼 :20世紀に生きた郷土の偉人」
講 師: 阿部 安成(NPO法人彦根景観フォーラム会員,滋賀大学経済学部助教授、日本社会史学者)

【第2回】平成18年5月20日(土)10:30~12:00
     「私の好きな彦根のスポット」
講 師: 金子 孝吉(NPO法人彦根景観フォーラム会員,滋賀大学経済学部教授、近代文学研究)

【第3回】平成18年5月27日(土)10:30~12:00
     「林檎・ワリンゴ・彦根りんご」
講 師: 堀井 靖枝(彦根りんごを復活する会,滋賀大学経済学部附属史料館助手)


f0017409_22294935.jpg【6月の談話室で語られる彦根物語】

【彦根物語4】平成18年6月17日(土)10:30~12:00
     「彦根で出会ったもの」
講 師: 有馬 裕次 (NPO法人芹川理事長)

【彦根物語5】平成18年6月24日(土)10:30~12:00
     「彦根あれこれ」 
講 師:大野 紘一郎(彦根雨壺山・護林会会長、元朝日新聞記者、"彦根いまむかし"著者)

【彦根物語6】平成18年7月1日(土)10:30~12:00
     「井伊直弼~新しい人間像をさぐる」 
講 師:堤 義夫 (国特別史跡 埋木舎 統括管理責任者)

コーディネータ:  山崎 一眞 (NPO法人彦根景観フォーラム理事長、滋賀大学産業共同研究センター教授)


※お申込み:滋賀大学産業共同研究センター  〒522-8522彦根市馬場1-1-1
E-MAIL:jrc@biwako.shiga-u.ac.jp/ TEL:0749-27-1141/ FAX:0749-27-1431まで。
【話題提供の申込み】 ①テーマ ②概略 ③氏名 ④住所 ⑤電話番号
【参加申込み】    ①氏名 ②住所 ③電話番号
[PR]
by machinoeki | 2006-04-21 22:31 | 談話室「それぞれの彦根物語」

ストップ排ガス!ベロタクシーでGO!!

「ひこね自転車生活をすすめる会」副代表  
エコスタイル自転車店経営
竹内 洋行さん


子どもたちの未来にきれいな空気を
f0017409_201314100.jpg
竹内さんが自転車の普及に力を入れるのは、自動車の排気ガスによる環境悪化を防ぐため。実は5年ほど前までは自動車部品メーカーに勤めていたが「車が環境に与える影響を考えると、子ども達に今の仕事を誇れるだろうか?」と思い悩んだという。そこで環境に優しい自転車の普及に力を入れることを決意。思い切って退社し、不要になった中古自転車を集めて修理・販売を行う「自転車リサイクル業」を始めた。

その後「エコスタイル自転車店」をオープンし、新車・中古車の販売から「1台の自転車を大切にする」をモットーに、とことん修理する自転車屋さんとして活躍する。
2002年には自転車好きの仲間と「ひこね自転車生活をすすめる会」を設立。移動のために乗るだけでなく「気軽に散歩のつもりで楽しんでほしい」と、自転車でのオリエンテーリングなどユニークなサイクリングツアーを企画する。現在の会員数は23名。学生から定年退職した人まで幅広い世代が集まり、ツアーを楽しんでいる。

公道走行向け県に働きかけ
現在はサイクルトレーラー(荷台付きの自転車)やタンデム自転車(二人乗り自転車)、ベロタクシーの公道での走行実現のため、県に条例改正を働きかけている。(※ベロタクシーは9年前にドイツで開発された。「ベロ」はラテン語で自転車のこと)
昨年の愛知万博で使われたベロタクシー1台を同会が譲り受け、観光客や地元の人が利用できるように準備が進行中。城下町彦根でベロタクシーが見られるのも間近だ。

滋賀ガイド記事掲載「エコスタイル自転車店 竹内洋行」


http://www.gaido.jp/suteki2/2006/0420/
[PR]
by machinoeki | 2006-04-21 20:17 | 語りべウォーク&サイクリング

400年祭『談話室』開始のお知らせ

 「それぞれの彦根物語」         
f0017409_145632100.jpg
主 催:NPO法人 彦根景観フォーラム 
     理事長・教授 山崎 一眞
共 催:滋賀大学

NPO法人 彦根景観フォーラムでは、土曜日の午前中に、ひこね街の駅「寺子屋力石」で、楽しく語らい、自由にアイデアを出し合う『談話室』を開くことにしました。

テーマとしては、当面、「それぞれの彦根物語」を取り上げます。皆さんは各人それぞれが彦根の暮らし方・楽しみ方をお持ちだと思います。それをお互いに知らせ合えば、もっともっと充実した彦根の生活が広がるのではないでしょうか。

築城400年を迎える来年には、知り合った彦根の楽しみ方を取り入れて、彦根市民一人ひとりが主役の「彦根あそび博」に発展させたいと考えています。この機会に彦根を訪れる人にとっても、彦根市民にしか味わえない楽しみを、共に味わえる、素晴らしい体験になるでしょう。

5月の談話室では滋賀大学の関係者の彦根物語をお話します。今後は広く物語を募集しますので、皆様からの多数の応募をお待ちします。また、どのような彦根物語があるかを多数の人に聞いていただきたく、ご来場をお待ちしております。

※お申込み:滋賀大学産業共同研究センター  〒522-8522彦根市馬場1-1-1E-MAIL:jrc@biwako.shiga-u.ac.jp/ TEL:0749-27-1141/ FAX:0749-27-1431まで。
【話題提供の申込み】 ①テーマ ②概略 ③氏名 ④住所 ⑤電話番号
【参加申込み】    ①氏名 ②住所 ③電話番号
[PR]
by machinoeki | 2006-04-21 14:58 | 談話室「それぞれの彦根物語」

世界の城下町彦根シリーズ第1巻発刊

-彦根の町屋を生かしたまちづくり-
世界の城下町彦根シリーズ第1巻発刊

非営利法人 彦根景観フォーラム 監修  ひこね「街の駅」寺子屋力石 限定販売
f0017409_1532757.jpg


彦根の町家を楽しむ、学ぶ、活かす

「町家とは、町家を生かす意義」
「町家の新しい住まい方」
「町家の魅力ある使い方」
「町家の再生」
「町家を生かしたまちづくり」 等

世界の城下町彦根シリーズ第1巻発刊・・ひこね「街の駅」寺子屋力石限定販売700円
大好評につき残り部数あとわずかになりました、急ぎご購入をおすすめします。


f0017409_15403637.jpg

NPO法人 彦根景観フォーラムに入会しませんか

◆彦根景観フォーラムのめざすもの
~NPO法人 彦根景観フォーラム  理事長 山崎 一眞 (滋賀大学教授)
 私たちのまち「彦根」には、素晴らしい彦根城があり、お城を取り巻く城下町には、江戸時代から昭和初期に建築された素晴らしい建築物や構築物が数多く残されています。
 これまでの大掛かりな都市開発や整備事業によって、彦根の街並みは相当変容しましたが、幸いなことに城下町を構成する要素のほとんどが残されており、他に類を見ないほど城下町の原型をとどめていると言われています。
 しかし、郊外での商業施設や宅地開発が進行し、城下町の空洞化・高齢化が進む一方にあるのも事実で、すばらしい街並みはまさに急ピッチで変貌しているのです。

 このような中、平成15年に開催された「日仏景観会議」彦根会議では、多数の参加者を得、「まちの探索」、「まちかど博物館」などのイベントでは、多くの市民に「歴史と文化に対する感動」を働きかけることができました。また、市民とともに意見を交換し、彦根の都市景観を維持・創造させるための「未来に向けた宣言」を採択し、市民・行政・専門家・企業等による永続的な「彦根景観フォーラム」の組織化を誓いました。
 私たちは、この誓いを受けて、美しい自然環境と歴史的遺産を持つ彦根の景観を、住民とともに考え、活かし、守り育て、慈しみ、未来に向け働きかけるとともに、住みやすく、楽しく、そして私たちが誇りを持てるまちにするため、平成16年8月に「彦根景観フォーラム」を立ち上げました。

 彦根景観フォーラムは相互の尊重と共生、民主的な運営と情報公開を基本原則として、次の事業を展開していきたいと考えています。
1,街歩き等のイベントやセミナー・フォーラムの開催
2,近世・近代遺構や街なみの保存・活用に関する調査、研究
3,街なみ・建造物の保全、およびこれを活かすために必要な助言や支援・実践活動
4,町家への居住の推進
ご支援をよろしくお願いいたします。
(彦根まちづくり情報誌『きらっと彦根』 発行/編集 NPO法人 彦根景観フォーラム 2005年7月1日 通巻1号 第4面より引用)

分科会           :担当事業(具体的事業)
彦根景観会議分科会  :町歩き等の事業(星空映画祭)(ぶらっと彦根 )
町屋実測調査分科会  :町屋実測等の事業(公開町屋実測調査)
相談・教育・学習分科会 :町屋居住等の相談・その他事業(町屋データバンク)
連続フォーラム分科会  :フォーラム開催(年4回程度)
町屋活用活動分科会  :民家の活用等の事業(寺子屋「力石」街の駅事業)

彦根景観フォーラム・月例会(定例ワークショップ)
毎月・第2水曜日 午後7時~9時まで 滋賀大学・陵水会館にて
滋賀大学・滋賀県立大学の教員や学生、建築家、主婦、会社社長、会社員、市民、商店主、県や市の公務員など、いろんな人と知恵が集まります。

参加方法
入会したい方は、まずはメールを hikonekeikan@hotmail.com
年会費 6,000円 (学生会員は年会費無料!!)

テーマ:まちづくり - ジャンル:地域情報
-------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人 彦根景観フォーラム

         彦根市馬場一丁目1番1号
             TEL 0749-27-1141
080-1416-5968
             FAX 0749-27-1431
    e-mail hikonekeikan@hotmail.com
-------------------------------------------------------------
[PR]
by machinoeki | 2006-04-20 15:46 | 世界の城下町彦根シリーズ発刊

「女性に聞く!街の駅」井戸端会議

「女性に聞く!街の駅の課題と対策について」のワークショップ

現在のひこね「街の駅」寺子屋力石及び花しょうぶ通り商店街に、
一番欠けている問題点のひとつとして、いつも指摘される女性の視点、
違った視野からのアプローチでステップアップが生まれるかも・・・
ということで、女性の目から街の駅の利用促進について検討する、
第一回「街の駅女性会議」を次のように立ち上げたいと思います。


f0017409_21171449.jpg日 時:4月15日(土)12:30~13:30
(街の駅「寺子屋力石」商人塾の後)
場 所:彦根「街の駅 寺子屋力石」

※是非、お気軽にお話をお聞かせください、井戸端会議形式で
おいしいコーヒー、紅茶、ケーキをご用意してお待ちしております。(^.^)

[PR]
by machinoeki | 2006-04-12 16:03 | 「街の駅」寺子屋塾

『坂本洋子 水彩画展』


f0017409_0342340.jpg
f0017409_0353494.jpg
季節の花、野菜、魚など自然の美しさを絶妙のタッチで表現
女性らしいこまやかできれいな水彩画の数々、是非ご覧下さい。

素敵な坂本作品の展示即売もおこなっています

日時: 4月12日(水)~5月30日(火) 月曜定休
     午前11時30分から4時30分


f0017409_1942859.jpg

[PR]
by machinoeki | 2006-04-11 19:42 | ギャラリー

仮称)『2006アートフェスタ 勝負市実行委員会』設立総会のお知らせ

☆☆━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
仮称)2006『アートフェスタ勝負市』実行委員会設立総会のお知らせ
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

さて、本年も関係各位の温かい御支援を頂きまして、仮称)『2006アートフェスタ 勝負市実行委員会』を設立する運びとなりました手に手を取ったボトムアップによるウイングの拡がりが、文化のふれあいと交流の輪の大きな拡がりを生み、地域文化の復興、礎になればと大いに期待しております。
つきましては仮称)『2006アートフェスタ 勝負市 実行委員会』の発会を、下記の要綱で開催致します。
今後の概要を決定する大事な総会です、誰でも、どんな形でも結構です、お手伝いいただける方は
是非ご出席賜ります様お願い申し上げます。

■日時:平成18年4月16日(日)14:00より
■会場:ひこね「街の駅」寺子屋力石 花しょうぶ通り商店街

--------------------------------------------------
 仮称)『2006アートフェスタ 勝負市 実行委員会』設立総会
--------------------------------------------------
【議題】
第1号議案 議長選出の件
第2号議案 実行委員会規約(案)承認の件
第3号議案 実行委員会役員〈案〉選任承認の件
第4号議案 実行委員会事業計画(案)承認の件
第5号議案 実行委員会事業計画収支予算(案)承認の件

※駐車場はセンターパーキングをご利用下さい〈有料1時間100円程度〉

仮称)『2006アートフェスタ 勝負市 実行委員会』準備会代表幹事
滋賀大学産業共同研究センター教授  山 崎 一 眞
事務局090-8212-2810 (事務局直通)
Mail:hanashobu-st@egroups.co.jp
URL:アートフェスタ 勝負市
[PR]
by machinoeki | 2006-04-11 14:22 | アートフェスタ勝負市