LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

NHK「かんさいニュース1番」 ひこね「街の駅」寺子屋力石から生中継


★ひこね「街の駅」寺子屋力石が生中継されます。

f0017409_20172536.jpg

放送日2月1日(水)17:10~18:59
放送局 NHK 
「かんさいニュース1番」の関西地域向けとして17:30頃
おおみ610で滋賀県ローカルで18:30頃

彦根城400年祭に向けての市民活動として、手作り甲冑講座の模様を生放送!

彦根市のHPのトピックスにNHK生放送の記事が掲載されました。

f0017409_2240566.jpg


紙製甲冑作り 受講生ら励む


段ボールと紙で精巧な甲冑づくりに励む受講生たち=彦根市河原2丁目で

【彦根・街の駅寺子屋】 
 段ボール箱や紙を使った精巧なよろいやかぶとの制作に、彦根市河原2丁目のひこね「街の駅」寺子屋力石で開かれている「手作り甲冑(かっちゅう)実用講座」の受講生7人が励んでいる。
寺子屋力石はNPO法人彦根景観フォーラムや地元の商店街振興組合、滋賀大生らが花しょうぶ通り商店街の空き店舗を借り、内部を改修して昨年10月にオープンした。
江戸時代に寺子屋だった空き店舗で、観光客との交流の場や情報発信基地として利用。陶芸教室なども開講している。f0017409_9123693.jpg
甲冑講座もそのひとつで、07年の「国宝・彦根城築城400年祭」のイベントに生かそうと昨年11月末に開講した。

講師は同商店街のお茶店に勤める重野真功さん(48)。受講生らは毎週水曜日に集まり、人形作りでプロの腕前を持つ重野さんがつくったかぶとやよろいをもとに、型紙をつくり、飾りひもなどで仕上げている。
7人はそれぞれ、初代彦根藩主の井伊直政や石田三成などのかぶとを作製中。完成に最低6カ月が必要といい、来年までに30体の甲冑を仕上げるのが目標だ。
根気強さがあれば誰でもできるといい、受講生を募っている。受講料は1回400円。問い合わせは、ひこね「街の駅」寺子屋力石(0749・27・2810)へ。


朝日新聞asahi,com「紙製甲冑作り 受講生ら励む 」


[PR]
by machinoeki | 2006-01-25 20:19 | お知らせ(NEWS)

◇◆集まれ!ひこね「街の駅」名画鑑賞会◇◆

f0017409_2231312.jpgひこね「街の駅」では、名画を手軽に見ていただきたく為に
NPO法人「彦根景観フォーラム」のご協力をいただき、プロジェクター大スクリーン
による、名画鑑賞会をシリーズで開催する事になりました。
さて、注目の第一弾は、彦根が誇る二つの名城の一方の雄「石田三成公」
彼の純真なる忠義の生きざまを、日本歴史上最大の合戦を背景としながら大きな
スケールで描いた伝説の時代劇で学びます。
今も多くの歴史ファンから、常に最高の五つ星の評価を受ける司馬遼太郎
原作6時間の大作「関が原」を3回に分けて上映します。
-----------------------------------------------------
f0017409_14143320.jpg■『関が原』 原作:司馬遼太郎 1981年作品 TBS
《出演》
石田三成:加藤剛  徳川家康:森繁久彌  本多正信:三國連太郎島左近:三船敏郎  前田利家:辰巳柳太郎  島津善弘:大友柳太郎宇喜多秀家:三浦友和  福嶋正則:丹波哲郎  豊臣秀吉:宇野重吉初芽:松坂慶子  淀君:三田良子  細川ガラシャ:栗原小巻  等々  
《開催日時》
第一話「夢のまた夢」 3月4日(土) 20:30~22:30
              3月5日(日) 14:00~16:00
第二話「さらば友よ」 3月12日(日) 14:00~16:00
第三話「男たちの祭り」 3月19日(日) 14:00~16:00
《会場》
ひこね「街の駅」寺子屋力石
《入場料》
無料 ※但しドリンク(コーヒー等)200円の協力をお願いします)


f0017409_22433123.jpg 【「関が原合戦図」 島左近嫡子 島新吉】
わずか17歳ながら大谷隊に属す。父の島左近と共に関が原に向かい藤堂玄蕃と激闘の末にその首を獲た。玄蕃なる人物は舞兵庫らとともに豊臣秀次のもとで黄母衣衆を務めた剛の者である。これを仕留めた新吉も父左近の名を辱めない若武者であった。奮戦するも小早川秀秋の内応により父と共に壮絶な最期を迎える。






f0017409_17351626.jpg
【笹尾山(石田三成陣跡)標高268m】
三成は九月十四日の午後七時頃、折から降りしきる雨の中、大垣城を出陣して関ヶ原へと向かい、南宮山の南から牧田(まきだ)を経由して翌十五日午前五時頃にここ笹尾山に到着、最大の激戦地を前に三成ここに陣どる 三成は、北国街道を守備するため兵6千と豊臣の兵2千を笹尾山の正面に配し、ここから二町(約200m強)東 竹矢来を二重に田の中に囲うと、竹矢来の前面に島左近を、中間に蒲生郷舎を置 き、三成自身は、この山頂で指揮した。
狼煙と共に東軍の多くが三成目指して殺到した。勿論この山の前面が最大の激戦地であった。
ここから見渡す景色は格別です、今となっては激戦地とは思えない素晴らしい美しさが、終生利に走らず義に生きた三成や左近の無念をよりひきたてます。





「関が原歴史民俗資料館」で9人の武将の家紋(旗印)Tシャツが売られていますが、一番人気は石田三成だとお聞きして嬉しく思いました。又ボランテイアのガイドさんが合戦の状況を説明されていた。そのときに聞いた面白い話として、「武将の陣跡などの史跡には、その武将の紋入りののぼりを立てている、担当者が毎日見回りにいっているが、必ず一つか2つ、のぼりが無くなっているそうだ。それも、西軍のものばかりで、徳川方の物は全く無くなっていないばかりか、踏みにじられているのも有る」のだそうだ。散りゆく桜を愛する日本人の持つ滅びの美学の一端が垣間見られ、興味深い話でありました。

(参考)
【武将紋Tシャツ】
東 軍:徳川家康(白)・井伊直政(赤)
西 軍:石田三成(黒)・大谷吉継(紺)・島津義弘(杢グレー)・宇喜多秀家(カーキ)・平塚為広(ベージュ)・島左近(黒)
反応軍:小早川秀秋(チャコールグレー)

武将Tシャツ全9種S・M・L 各1,500円
[PR]
by machinoeki | 2006-01-22 22:33 | ひこね「街の駅」名画鑑賞会

ひこね「街の駅」春のサイクリング予定

f0017409_2073858.jpg




次回洞窟サイクリングは2月12日
メッチャ楽しい企画です。洞窟は思ったより楽しいですよ。
暗闇は何も見えないと思ったら大間違い!?くればわかります。


3月と5月は自転車生活主体となりますが、予定を載せておきます。






◆2月12日(日) 9時~13時 花しょうぶ通り商店街集合
・冬のあったかい洞窟探検

 
年間通じて気温の変化の少ない洞窟内は冬は暖かく感じます。除雪の限界まで自転車で走り、その先は雪の上をさくさくと歩き、多賀の洞窟(権現堂か佐目)にチャレンジします。冷えた体は温泉で暖めましょう!ヘルメットは準備できますが、ヘッドライトと、長靴または登山靴は各自でご準備下さい。ない方は竹内までご相談下さい。

◆3月5日(日) 9時半~15時半表彰式 彦根城表門橋前集合
・「彦根まちめぐり自転車マップラリー」
~トレジャーハントツーリング26 地図遊び◇◇自転車遊び ~


あらかじめ地図上に示したポイントのうち、各自が行きたい10地点を選び自転車でまわってもらう。各地点の設問を解いて解答用紙に記入、ゴール後採点しポイントを競う。タイムは競わないが制限時間は設ける。一応モデルコースは設けるが自由にまわってもらうのが基本。希望者はモデルルートをスタッフが走るので同行してもらう。

◆5月3日(祝) 9時彦根口集合 10時半日野駅集合 14時半表彰式 15時日野解散
・サイクルトレインで行く「日野まつりまちめぐり自転車マップラリー」
~トレジャーハントツーリング26 地図遊び◇◇自転車遊び ~


彦根口からサイクルトレインで日野駅まで自転車を運び、日野で改めて集合・受付を行い地図読みラリーを行う。あらかじめ地図上に示したポイントのうち、各自が行きたい10地点を選び自転車でまわってもらう。各地点の設問を解いて解答用紙に記入、ゴール後採点しポイントを競う。タイムは競わないが制限時間は設ける。一応モデルコースは設けるが自由にまわってもらうのが基本。希望者はモデルルートをスタッフが走るので同行してもらう。
[PR]
by machinoeki | 2006-01-21 20:06 | 語りべウォーク&サイクリング

■街の駅「寺子屋力石」商人塾 講座3「街の駅の永続のために」

■■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

平成18年度 街の駅「寺子屋力石」商人塾 講座の案内

■□━━━━━━━2006/1/20/ [転送大歓迎です]━■□■■■  

標記の件について、下記の通り講座を開講します。
「街の駅」関係者以外の、街づくりに興味のある方
も歓迎しております、是非お気軽にご参加ください。

主催:NPO法人彦根景観フォーラム
共催:滋賀大学地域連携センター、産業共同研究センター
後援:彦根市、商工会議所、商店街連盟
協力:彦根観光ボランティア協会、花しょうぶ通り商店街振興組合

【会 場】 街の駅「寺子屋力石」
      (彦根市河原 花しょうぶ通り TEL 0749-27-2810)

■ 講座3「街の駅の永続のために」
【要 旨】
 経営コンサルタント、行政職員に「街の駅」の今後について提言をいただき、
それを踏まえて多くの方々と議論し、最終的には「街の駅の永続戦略」を立案する
、そのようなプロセスを体験することが本講座の目的です。提言にあたっては、
事前に現状を観察し、関係者の意向把握もお願いしています。
【第1回】平成18年2月11日(土)10:30~12:00
   「経営からの提言」
    講 師:山口勝美(NPO法人彦根景観フォーラム)
        松蔦淳展(NPO法人彦根景観フォーラム)
【第2回】平成18年2月18日(土)10:30~12:00
   「行政からの提言」
    講 師:堀部栄次(NPO法人彦根景観フォーラム、滋賀県職員)
        桑野正則(NPO津人彦根景観フォーラム、彦根市職員)
【第3回】平成18年2月25日(土)10:30~12:00
   「商店街活性化は店づくりから」  
    講 師:山崎 一眞(滋賀大学産業共同研究センター教授
                 NPO彦根景観フォーラム理事長)


f0017409_19543948.jpg

[PR]
by machinoeki | 2006-01-20 19:44 | 「街の駅」寺子屋塾

商人塾◆○講座2 「町家利用と街の駅」 

■■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

平成18年度 街の駅「寺子屋力石」商人塾 講座の案内

■□━━━━━━━2006/1/17/ [転送大歓迎です]━■□■■■  

標記の件について、下記の通り講座を開講します。
「街の駅」関係者以外の、街づくりに興味のある方の
みなさまの参加も大歓迎しております。
是非お気軽にご参加ください、お待ちしております。

◆○講座2 「町家利用と街の駅」

町家は、先祖から贈られた財産です。残念ながら十分に利用されるこ
となく、消え去ろうとしています。個性豊かなまちを蘇らせ、生き生き
としたまちを創るためには、その町特有の町家を生かすことが不可欠です。
 
本講座では、町家とは何か、生かす意義は何かという原点から始まり、
新しい住まい方としての町家、魅力ある使い方としての町家を考え、そ
れを実現するための町家再生の方法、さらに町家を生かしたまちづくり
という地平まで、一貫して考えてみたいと思います。

【第3回】平成18年1月19日(木)14:00~15:30
「町家の新たな使い方」
講 師:笠原 啓史(NPO法人彦根景観フォーラム会員)

【第4回】平成18年1月20日(金)14:00~15:30
「町家利用と街の駅」
講 師:山崎 一眞(NPO法人彦根景観フォーラム理事長)

※今週は(木)(金)2日連日開催となりますのでご注意ください

f0017409_19563457.jpg


主催:NPO法人彦根景観フォーラム
共催:滋賀大学地域連携センター、産業共同研究センター
後援:彦根市、商工会議所、商店街連盟
協力:彦根観光ボランティア協会、花しょうぶ通り商店街振興組合
お問合せ:ひこね「街の駅」寺子屋力石
URL:http://machinoeki.exblog.jp/
E-Mail:dell@hikone-machinoeki.com
TEL:0749-27-2810
[PR]
by machinoeki | 2006-01-19 19:57 | 「街の駅」寺子屋塾

1/25(水)街の駅「手作り甲冑」講座の巻

1/25(水)14:00~街の駅「手作り甲冑」講座開催

f0017409_0494749.jpg
今回も、結構たくさんの人が見学に来られました。

ひこね「街の駅」寺子屋力石が生中継されます。
放送日2月1日
放送局および放送時間
NHK 17:10~18:59
「かんさいニュース1番」の関西地域向けとして17:30頃

本番までに完成した兜(東軍×3、西軍それぞれ)・・・無理 ^_^;
よって来週の本番までに、とりあえず兜の完成を急がねば成りません。
又、可能な限り多くの生徒さんに出席していただきたい・・・との事ですから、迷っておられるがおられましたら、是非参加してください。

まだまだ生徒募集中!皆さんお待ちしています★♪


f0017409_2081124.jpg


----------------------------------------------------------------

1/18(水)14:00~街の駅「手作り甲冑」講座を開きました。

今回はたくさんの彦根JC(青年会議所)のメンバーが視察に来られました。
やはり、築城400年祭に向けての動きなんでしょうね
講師の重野先生いよいよ大変なことになるかもしれません・・・

田附さん!三成の乱髪甲冑のインパクトのおかげですヨ・・・たぶん

それと、敵前逃亡中の赤備隊の内、1名が今回から参戦してくれましたが
もう1名が未だに敵前逃亡中!はやく戻ってきてくださいよ~

このままでは、あの狂い死にした裏切り小納言「小早川秀秋」となります
・・花しょうぶ小納言・・・・^_^; あー怖★♪

まだまだ生徒募集中!皆さんお待ちしています
[PR]
by machinoeki | 2006-01-18 18:38 | 手作り甲冑実用講座

NPO法人湖東焼を育てる会 ひこね「街の駅」教室の紹介

f0017409_19543293.jpg
            陶芸家 中川一志郎先生 &世戸紀代美講師
「私が教えま~す、お気軽にお越しください!おまちしております (^o^)丿」世戸
                                 
f0017409_1957882.jpg
                 芦田講師が熱心に指導

f0017409_19593092.jpg
                     電動ろくろ
[PR]
by machinoeki | 2006-01-17 16:30 | 再興「湖東焼」一志郎窯

彦根藩の“自転車”再現へ

 
2007年の彦根城築城400年祭をアピールするため、世界に先駆けて彦根藩が発明、製作したとされる自転車のルーツ「陸舟奔車(りくしゅうほんしゃ)」の復元に、彦根市民らが取り組むなど、彦根の歴史を見直す動きが活発化している。
彦根市内で陸舟奔車を復元しているのは「ひこね自転車生活をすすめる会」副代表の自転車店経営竹内洋行さん(34)ら。昨年秋から作り始め、車輪などの部品を製作中で、今春にもまず1台を完成させる予定。築城400年祭では数台を連ねてパレードする計画で、竹内さんは「彦根藩で独創的な発想が生まれたことを、彦根市内や他の城下町で実際に走らせて広く伝えたい」と話す。



f0017409_14584559.jpg


京都新聞記事(夢京橋あかり館に展示されている陸舟奔車)
[PR]
by machinoeki | 2006-01-14 22:12 | 語りべウォーク&サイクリング

ひこね「街の駅」寺子屋力石 講座案内

講座名/(カテゴリー) 主 催(講師)開催日時 講座料金 備 考

◆「寺子屋」商人塾 (研修、人材育成)NPO法人「彦根景観会議」 (金)14:00~15:30又は(土)10:30~12:00  200円/1回(ドリンク代)資料代 
専門講師の体験、実践の講演や、みんなでわいわいワークショップ

◆花しょうぶ学舎「力石」 (学習、教育)滋賀大、県立大(学生、院生)G 
(月)・(木)・(金)19:00~21:00  500円/1講座 
遊びにおいでよ、夢は必ず叶うから!教科書のおさらい学習から始めます。

◆手作り甲冑実用講座 (芸術、文化)重野 真功(水)14:00~17:00(水)19:00~22:00   400円/1講座材料費別途
好きな甲冑作れます!築城400年祭に向けて、頑張りましょう!

◆「一志郎窯」陶芸教室 (芸術、文化) NPO法人「湖東焼を育てる会」
(火)(木)10:00~12:00   13:00~15:00  1,000円/1講座
入会金5,000円、焼成代別途  担当:芦田、瀬戸

◆俳画&絵手紙塾 (芸術、文化)岡野 睦毎月 第2・第4金曜日10:00~12:00  600円/1講座材料費別途  絵を楽しく描きましょう!

◆寺子屋いきいき倶楽部 (ライフ、教養) 力石寛治、岡信夫(呼びかけ人) 
毎月第2火曜日13:30~15:00(予定)  200円/1回(ドリンク代)資料代
まず、集まって、話し合いましょう!

◆ひこね夜学講座 (教養、文化)  ひこね「街の駅」寺子屋力石 毎月第3土曜日(予定)  1,000円/1講座  
地酒と彦根3大珍味を味わい、学び、語り合う夜学

◆サイクリング、散策 (教養、文化、運動) 彦根ボランティアガイド協会、ひこね自転車生活を勧める会 毎月第3日曜日 500円/1日(メカ&メディカルサポート、保険代込)  名所めぐりサイクリング又はボランティアガイドさんの案内で徒歩で散策

◆滋賀大学「街なか研究室」 (学習、教育) 滋賀大学・地域連携センター 準備中  未定

◆「街の駅」名画鑑賞会 (教養、文化)  ひこね「街の駅」寺子屋力石 毎月第2日曜14:00~  200円/1回(ドリンク代)  
名画を手軽にプロジェクター大スクリーンで楽しみましょう!

◆「平石久平次の陸舟奔車」 (芸術、文化) ひこね自転車生活を勧める会 不定期 未定  2月から始めます

◆「街の駅」経営会議ひこね「街の駅」実行委員会  毎月第3火曜日20:30   200円/1回(ドリンク代)

◆花しょうぶ通り商店街定例会議花しょうぶ通り商店街(振) 毎週火曜日21:30~ 200円/1回(ドリンク代)  誰でも参加できます

◆パソコン中・上級講座 (学習、教育)井上はじめ(木)21:00~23:001,000円/1回

◆パソコン初級講座 (学習、教育)神谷紀子(木)16:00~18:001,500円/1回

◆「街の駅」経営会議LLPひこね「街の駅」毎月第3金曜日19:00200円/1回(ドリンク代) 担当(小杉)

◆実用英会話講座 (学習、教育)ダッシー杉田 ※日本人です(火)19:00~20:30(金)13:00~14:301,000円/1講座土曜日スポット授業可

◆書道教室(芸術、文化)岡野 有泉毎月第3火曜日10:00~12:001,000/1講座材料費別途

◆自力整体教室 (健康、ライフ、)ヒラオサエ毎週水曜日10:00~11:306,000円/月4回500円/体験(随時)出張可

f0017409_1513551.jpg


しまさこにゃんといしだみつにゃんのグッヅ一覧表ができました。少々見にくい写真もありますがご容赦ください。
    ↓
http://www.packet.ne.jp/llp/


しまさこにゃん、いしだみつにゃんは
LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅が企画、運営、管理しています。





LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅

「組合の主たる事務所」  滋賀県彦根市河原2丁目3番6号

「組合設立年月日」   平成19年4月8日

「組合代表」    武野 貞嗣

◆ひこね街の駅「寺子屋力石」 TEL:0749-27-2810

◆ひこね街の駅「戦國丸」 TEL:0749-27-5058  FAX:0749-27-5058



(1)組合の目的
彦根が持つ城下町特有の雰囲気は、時代遅れとして敬遠され消滅する方向にある。しかし、これこそが当地域の個性であると認識して、本事業を通して街の個性が市民に理解され受け入れられる、そのための突破口になることが本事業の目標である。 事業の目的は寂れ行く街の活性化をすることに尽きるが、より具体的には、LLP ひこね「街の駅」を設立し、寺子屋空町家の空間条件を調査し、「街の駅」構想に基づく空間設計を実施し、建物の改修・補修を行い、展示品の収集整理、「街の駅」の開発・運営、各団体との協力関係づくり等を行うと共に、本目的を達成するための実践研修による人材育成をおこなうことである。 

(2) 事業の背景・必要性
寺子屋力石のある花しょうぶ通り商店街は市内で最も歴史のある商店街で、200年を超える伝統的商店や江戸時代の町家なども残されており、その中に明治以降の近代化資産が点在し独特の雰囲気がみられる。しかしながら、これまではこのような特徴を十分に生かせず、他の商店街と同様に徐々に活力を失ってきたと言わざるをえない。数年前から、当地域の個性に着眼しようとする機運が高まり、商店街の活性化に向けて様々な努力を払ってきた。代表的なものとしては、TMO事業としてのファサード整備やクラフト作家の作品展示によるアートフェスタの開催などがある。 かつての寺子屋についても様々な利用を模索してきた。例えば、駄菓子屋であり、レコード屋である。残念ながらそれらは短命に終わり、定着までに至っていない。 今の時点で改めて考えると、当地域の個性を求めて散策者が増えてきたり、高齢化の一層の進展でここでしか生活できない人が増えたりしており、これらの人々のプラットフォーム(休む場、話す場、居場所など)が必要になってきている。幸いなことにプラットフォームの実現を支援する市民団体も出現しており、これらとの連携協力が期待できる状況にある。この目的にふさわしい人材育成をおこなう契機として必要性は、高いと判断している

(3)組合の主な事業
1.商品の企画 開発 販売 管理
2.街づくりコンサルタント
3.地域ツアー企画 運営
4.街の駅店舗運営

(4)組合員の構成
市内各大学教授、各NPO法人代表及びメンバー、市民、商店主、サラリーマン、主婦、市・県職員、商店街


f0017409_14245388.jpg
滋賀大学陵水会館は、経済学部の前身である旧彦根高等学校の同窓会(陵水会)館として建設されました。平成9年、文化財保護法に基づく、「文化財建造物」に指定されています。

滋賀大学産業共同研究センター
[PR]
by machinoeki | 2006-01-13 17:31 | 案内(各講座、日時、料金等)

「若葉小学校親子活動クラブ」陶芸教室

1月14日(土)10:00~ ひこね「街の駅」寺子屋力石にて、
「若葉小学校親子活動クラブ」一行、約20名が陶芸教室を実技
受講されます。

芦田駅長をはじめとする「NPO法人湖東焼を育てる会」のメンバーの
みなさんが、勿論熱血指導していただけそうですが、なんと!ろくろで
マグカップに挑戦するらしいのです。

いきなりで大丈夫なのか少々心配ですが、新たなニーズが素晴らしい!

春の訪れと共に少しづつ賑やかになりそうで、楽しみです(^.^)

f0017409_20145046.jpg

f0017409_14122861.jpg
           若葉小学校のみなさんの初めての陶芸作品
[PR]
by machinoeki | 2006-01-11 22:59 | 再興「湖東焼」一志郎窯