LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

カテゴリ:「戦國丸」( 9 )

SENGOKU-イラスト・フォト・川柳コンテスト

~アートフェスタ勝負市2012~
-SENGOKU-イラスト・フォト・川柳コンテスト~作品募集中~


勝負市2012テーマ~LIFE~にちなんで、オリジナル戦国作品を広く一般募集します。

①イラスト・絵画部門 ②写真部門 ③川柳(五・七・五)部門


規定
※著作権・肖像権を侵害しない、応募者オリジナルの作品であること。(版権作品[漫画・アニメ・ゲーム等]・団体[タレント・ご当地武将隊等]に関わるイラスト・写真は不可)
※流血等、極端に残虐な表現は審査対象から外します。写真に特定の史跡建造物・旗・像の一部などが写り込むことに関しては、おおむね問題ありません。
※優秀作品には戦國丸での買い物大まけ特典を贈与、および戦國丸店舗で作品を一年間展示します。来年度アートフェスタ広告媒体に使用させていただきます。
※応募者一人あたり3作品まで投稿可能(部門をまたいでも可)
※イラスト・写真ともサイズはA1まで。データ投稿は不可。作品発送で生じる送料は自己負担でお願いします。 ※川柳部門はメール・封書・はがきでの応募可。
※応募作品の返送はいたしません。ご了承ください。

審査はアートフェスタの参加者・戦國丸来店者全般の投票により行います。

コンテスト実施期間
2012年6月9日~30日
場所 逓信舎・戦國丸

作品受付
〒522-0083 滋賀県彦根市河原3-4-36
ひこねまちの駅戦國丸 勝負市コンテスト係
machinoeki@gmail.com
締め切り 6月6日必着


主催  アートフェスタ勝負市実行委員会
共済 聖泉大学学友会
協賛 戦國丸


f0017409_2392847.jpg

[PR]
by machinoeki | 2012-05-16 22:57 | 「戦國丸」

石田三成史跡巡りサイクル&ガチャコンツアーフォトレポート

義に生きた石田三成公『大一大万大吉足跡図』発表
     &石田三成史跡巡りサイクル&ガチャコンツアー
 


■平成21年9月21日(月・祝) 出発式 :午前 11:00~ 
■石田三成公の隠れた歴史的な足跡を訪ね「義に生きた石田三成を偲ぶ」 
 
*石田三成史跡巡りサイクリングコース体験ツアー 第一弾
コース:JR彦根駅⇒佐和山城址(清涼寺周辺)⇒彦根城城内⇒京橋・寺町(宗安寺周辺)⇒花しょうぶ通り周辺(昼食:魚浩真田丼・戦國丸カレー・みゆき左近ラーメン・ 等)⇒ひこね芹川駅>>>>>>鳥居本駅⇒専宗寺⇒大手道⇒もちのき谷・三成屋敷跡⇒JR彦根駅


f0017409_1447527.jpg
颯爽と整列したサイクリングサポート隊!心配していたお天気は上々♪でも今日は少し気温が高く、日差しを暑く感じるほど・・・殿!お天気良すぎますヨ!!


f0017409_1981810.jpg
セレモニーはJR彦根駅西口広場。ここには井伊直政公の大きな馬に乗った銅像があります!この銅像を背に直政公もびっくりの敵方西軍石田隊「大一大万大吉騎馬」(ちゃりんこ)軍団が大挙集結~!これは史上初の快挙!ありがとう全国の義の志を愛し急遽参陣してくださった石田隊のみなさん♪忝い~!!!!!


f0017409_19154916.jpg
先ずは、大殿「いしだみつにゃん」と、いつもの軽快MCは我らが、さこみつデザイナー&名ナレーターのひまりん登場!しかしこの会場に向かう途中で新車の真っ赤なスマートサイクルで一回転の大転倒!!!差し歯が折れた!顔面強打!☆ ̄(>。☆)イテェテェテ~・・・しかし痛みを堪え責任を全うし最後まで笑顔で「みなさんこんにちは~♪ようこそー!」さすが!ひまりん舞兵庫!!


f0017409_14475866.jpg
続いて実行委員長山崎一眞彦根景観フォーラム理事長登場!山崎氏は滋賀大学教授ですが、なんとこのあとひまりんに続くように、佐和山山麓の石田三成屋敷跡の竹やぶに転落!!!サッカーで鍛えた運動神経で無傷だった事はラッキーですが、三成公が守ってくれたのかも・・・・

f0017409_19241039.jpg
f0017409_19275185.jpg
大一大万大吉の旗を掲げ三成騎馬隊総勢40名が、ひこね自転車生活をすすめる会代表竹内隊長を先頭に、三成公の史跡を目指し怒涛の行進。


f0017409_14525243.jpg
当日のイベント紹介の新聞記事には「彦根城は素通り・・・」と書いていました・・確かに! 城内に入るときは全員敵陣に突撃ー!と言っていました。笑


f0017409_19281457.jpg
彦根市民にも殆ど知られていない「一本松供養塔」ですが、石田家家臣佐和山城留守居役福島次郎作は、落城寸前の佐和山城で最後まで果敢に矢を射掛け善戦したが及ばず、この地大洞の経蔵付近で自害した。その福島次郎作の供養の為に塚を築き、目立たないようにそっと一本の松を植えたという。後に元禄の頃に大阪の陣でなくなった多くの大坂(豊臣)方と民衆(戦国のゲルニカ)の人々の供養の為に、ここに建立されたと伝わる。


f0017409_15261439.jpg
お腹一杯お昼ごはんを食べて、このあと近江ガチャコン「ひこね芹川駅」から佐和山の真下を通って「鳥居本駅」まで、さこみつキャラ電のサイクルトレインに乗って一路鳥居本宿と佐和山大手へ★*゜*★*゜*♪(ノ'口')ノワー--プ!…*パッ*

f0017409_15345357.jpg
f0017409_15359100.jpg
三成が生んだ中仙道鳥居本宿の専宗寺(せんしゅうじ)山門脇の太鼓門の天井板は佐和山城の搦手門脇門の扉板だったと伝わる。三成を慕う足軽達が落城の最中に運び出した門だという。みんなで覗き込み「おーっ!」


f0017409_19555226.jpg
f0017409_15343162.jpg
土塁や内堀が見える佐和山城址大手道口(鳥居本)で、北海道や東北から参陣していただいた熱心な義の家臣団の方々と共に、三成公、佐和山城や三成が築いた城下町に思いを馳せる。鈴鹿に繋がる山々と琵琶湖に繋がる松原内湖に包まれた佐和山城は、三成に過ぎたると謳われたほど、優美で可憐な城だったと想像する・・・


ともひこさんからの嬉しい報告です。 

NHK大津のサイトに昨晩のニュース記事がありました。今日の昼過ぎには更新さ
れて記事が見られなくなると思いますのでるので、こちらに転載しておきます。
******************************************************************
三成の史跡巡る自転車ツアー 
豊臣秀吉に仕えた戦国武将、石田三成ゆかりの地を自転車でめぐるサイクリン
グツアーが21日三成の居城があった彦根市で行われました。

 この催しは、三成が生まれて来年で450年になるのを記念して行われたもの
で、JR彦根駅には全国各地からおよそ100人が集まりました。
 参加者たちは、このほど完成した三成ゆかりの地を紹介する観光マップを受け
取ったあと自転車で出発し、「三成に過ぎたるもの」とうたわれた家老、嶋左近
の屋敷があったいまの「清涼寺」や三成の居城、佐和山城の大手門を移築したと
される「宗安寺」などをめぐりました。

 また、途中には佐和山城の城跡が見通せる場所もあり、参加者たちは写真に収
めながら戦国の時代に思いをはせていました。

 岐阜県から参加した20歳代の女性は、「三成の不器用だけど一本気なところ
が好きで、参加しました。佐和山の上からの眺めがとてもきれいで、ほかの武将
がうらやましがったのもよくわかりました」と話していました。
*******************************************************************

 さすがNHK、「嶋」左近と書いてますね。
[PR]
by machinoeki | 2009-09-22 19:15 | 「戦國丸」

いよいよ関ヶ原!!

NHK大河ドラマ「天地人」
   いよいよ天下分け目「関ヶ原」
       三成!左近!吉継!総登場!!!



f0017409_20215310.jpg


NHK「天地人」


必見!!! 
[PR]
by machinoeki | 2009-09-10 20:26 | 「戦國丸」

いよいよ決戦!!

 戦国丸防御の柵が出現!! 

NHK大河ドラマ「天地人」はいよいよ、天下を狙う徳川家康、伊達政宗、福島正則らとあくまで忠義を貫こうとする石田三成、上杉景勝、直江兼続、真田幸村らとの決戦を迎えようとしています。
我ら佐和山義の家臣団の本拠地「戦國丸」も家康らの来襲に備え守りを固める作業を突貫工事で進め、なとか合戦に対する備えは間に合いました。

いしだみつにゃん、しまさこにゃん、おおたににゃんぶを先頭に佐和山義の家臣団と共に「来るならこい!いつでも相手してやる!今度は絶対勝つぞ!!!」と大いに気勢があがってきました!


f0017409_14325681.jpg


                         ↓↓

f0017409_14352634.jpg


                         ↓↓

f0017409_1436237.jpg


                         ↓↓

f0017409_14364241.jpg



 NHK大河ドラマいよいよ佳境!必見!!! 
f0017409_14431769.jpg慶長4年(1599年)、前田利家(宇津井健)が死んだ夜、福島正則(石原良純)ら7名の武将が三成(小栗旬)を討つべく挙兵。三成は家康(松方弘樹)のもとに逃げ込む。三成の身を案じた兼続(妻夫木聡)は淀(深田恭子)を頼る。その働きもあり、家康は三成を生かすことにするが、かわりに蟄居(ちっきょ)を命じた。

家康は伏見城に入城、秀頼の後見人として事実上の天下人となる。大老、奉行たちの会議の席で、毛利輝元(中尾彬)は勝手に政を進める家康を批判。しかし、家康はこれに応じず、逆に三成と兼続こそ、天下の政を私物化していると糾弾する。これを聞いた景勝(北村一輝)と兼続は猛反論、場に緊張が走るが、家康は突如相好を崩し、景勝に帰国を促す。これを家康の挑戦であると読んだ景勝は帰国を決断。

上杉が京から引き上げる中、兼続は一人、三成を訪ねる。三成は初音(長澤まさみ)や家臣・島左近(若林豪)とともに静かに暮らしていた。兼続の説得に、三成は家康に立ち向かい正義を示すことを決意。二人は夜を徹して対家康の作戦を練り、平和が訪れた後の夢を語り合う。お互いの熱き友情を感じた二人は、無事の再会を誓って別れる。

会津に戻り、国造りにいそしむ上杉に家康の脅威が迫っていた。
[PR]
by machinoeki | 2009-09-06 14:36 | 「戦國丸」

第一回「戦國丸」武者学舎フォトレポート

 「謎多き佐和山城にせまる」   
   ~最新表採異物・桐紋瓦片よりひもとく~

f0017409_17134055.jpg
佐和山城址から最新表採物・桐紋瓦片 
    採取場所:本丸周辺 寸法:タテ160ミリ ヨコ115ミリ 厚さ35ミリ

f0017409_15565228.jpg
              講師 田附清子氏 佐和山城址研究会代表

皇室の紋としての桐紋は鎌倉時代に完成したようで、菊紋同様後鳥羽上皇のときではないかと推測されています。
室町期の後醍醐天皇のときには足利尊氏に桐紋を下賜したとかかれており、このときにはすでに皇室の紋になっていることが明らかになっています。
こうして、桐紋は菊紋と同様に皇室の紋になり、多くの武家に下賜されています。
ちなみに、13代足利義輝から織田信長に桐紋が与えられています。
信長は桐紋を自己の権威と天皇家に対する威勢の象徴として使用しており、その使用については、信長本人と嫡男織田信雄の城に限定している。
このように、天皇家から武家に。
さらに、武家から武家に桐紋が伝わっていきました。
その中には豊臣秀吉もおり、彼はその桐紋を愛し、おのれの権力を誇示するためにも工芸美術品の多くにつけられ、桃山時代の美術品の多くには太閤桐と呼ばれる紋がすえられ、自己のPRにも役立てました。
さらに、秀吉は信頼する家臣に桐紋を与えたといわれています。
秀吉の家臣で佐和山城主になったのは、堀秀政・堀尾吉春・石田三成。
さて、この3人の誰が城主時代にこの桐紋の鬼瓦は葺かれたのか?・・・・・


f0017409_15571390.jpg
 
          いくさめし!戦陣食を実体験!+戦国と諸国事情放談 

f0017409_1559383.jpg



f0017409_1613046.jpg
                       佐和山古絵図

f0017409_1622860.jpg

          よみがえる佐和山城!!昨夜の講義を実戦体験!!
 佐和山研究第一人者!田附清子氏(佐和山城址研究会代表)による豪華な現地講義


f0017409_1694655.jpg
f0017409_1644964.jpg
 千貫井戸より都(京都)を望み、中世より極めて重要性の高い境目の城としての講義を受ける


f0017409_168513.jpg
城下に轟く太鼓の櫓があったといわれる太鼓丸にも大きな土塁が残っています、その先には巨大な切り通しがあり、千畳敷が広がってます。
f0017409_167264.jpg
女郎谷は太鼓丸口から歩いて10分足らずの距離であり、本丸跡に比較的近いところです。佐和山城が落城した時、石田三成の家臣の婦女子たちが、この谷から身を投げ、その断末魔の悲痛な声が三日三晩響きわたったと書かれています
f0017409_16154447.jpg
f0017409_1616361.jpg
近年行政による佐和山整備が進み更に四方の見晴らしが素晴らしい!!
こちら西南方向眼下の彦根城とはるかに繋がる琵琶湖の遠望
f0017409_1949546.jpg
こちら千貫の井戸からJR彦根駅、その向こうに見える真ん中の小山は標高285M、県下2番目の規模を誇る荒神山古墳も確認され市の指定文化財になってる荒神山。湖東地区全世帯向けのテレビやFMの中継アンテナもこの山にあります。
f0017409_16164213.jpg
f0017409_16171948.jpg
f0017409_1634530.jpg

f0017409_16351931.jpg


f0017409_23375152.jpg
佐和山城址があるご当地彦根市も近年の義将、歴女ブームや大河ドラマ「天地人」に登場するであろう小栗旬扮する「石田三成公」人気を予想し、来年設置予定の佐和山城址内の案内看板を急遽設置する運びとなった模様・・・やる時はちゃんとやるよ!彦根の文化財課は!どうぞご期待下さい♪ (天守に置かれていた立派な案内看板の足)

f0017409_16354628.jpg
石田三成の屋敷といえば長浜石田町の生誕屋敷を思い浮かべる方が多いのですが、実は佐和山山麓(現彦根市古沢町)には関ヶ原合戦に向う最後の時まで三成公が過ごした石田三成屋敷跡があります。此の石田屋敷から藪道を通り其の先からは主尾根を通り太鼓丸~本丸(天守)へ至る道があったといわれています。

f0017409_16464689.jpg
石田屋敷に程近い古沢町には石田地蔵が今も住民によって手厚く供養されています。

■石田地蔵

彦根藩は三成の遺徳を一掃する為に佐和山の形を変えるほどの破城をおこなった上に、百二十年の長きに渡って「佐和山入山禁止令」を出し、おまけに「石田家の噺を致すことを厳しく取り締まり、古城辺の物語りまでもご法度」としたのです。
三成一族の民政はすぐれ、領民をどこよりもたいせつにしていたので、井伊家の徹底した”三成抹消”政策をもってしても残念ながら人々の記憶や慕情まで消し去ることはできなかったのです。
三成の徳を慕う領民は命を賭けて密かに佐和山に入り、お地蔵さんを作っては山あいに祷り、三成一族の霊を慰めたつづけ、三成の善政は子から孫へと語り継がれたといわれます。
命がけのお地蔵さんの数は数百体ともいわれ、ひとびとはそれを「石田地蔵」とよんでいます。
今も佐和山城本丸天守跡等に数体祀られています。

ご案内
第二回武者学者予約フォーム
4月11日(土)
一、講義 :19:00-20:00:
    講 師:調整中 定員50・要予約
二、戦国BAR :20:00-22:00:定員50・要予約
    入場料(飲食代込み)1500円
    『4.12第三章義から愛へ』前夜祭+諸国事情放談
三、夜営 :22:30-翌 朝:定員20 要予約
    『鳥羽や』または『清瀧』で朝飯は戦仕立て宿泊料は特価3500円!
    今回は、男女別 4人程度のの相部屋とさせていただきます。
四、実戦 :10:00-終 了:自由参加
    4.12義の旗のもとに第三章「義から愛へ」 (佐和山城址前広場)
[PR]
by machinoeki | 2009-03-16 16:54 | 「戦國丸」

「戦國丸」がついに!世界遺産に!!!

1/15付け朝日新聞の夕刊
       「勝手に関西世界遺産」に登場
              街の駅「戦國丸」がついに!
                    世界遺産?!


2/22戦國丸で「しまさこにゃん生誕の儀」(誕生日イベント)と共に開催する、第一回佐和山義将講談 『血戦関ケ原 石田三成の死闘』の話し手、講談師「旭堂南海」さんによる、素晴らしい世界遺産推薦メッセージ(文)です♪
是非ご覧下さい

f0017409_1631271.jpg1/15付け朝日新聞の夕刊
「勝手に関西世界遺産」の記事が見られます。
      ↓
戦国時代を生きた義の武将、直江兼続が主人公の今年のNHK大河ドラマは好スタートと聞く。さて滋賀県彦根市にも、義を掲げ、賛同する若者たちが全国から集っている場所があるのだ・・・略・・・彼らは笑いながら答えた。「勝った負けたという結果のみで人を判断するのではなく、どう生きたか、どう生きるのかに義があるのです」      
つづきはasahi.com~


f0017409_16315737.jpg2月22日(日)
佐和山二年二月二十二日
「しまさこにゃん生誕記念日楽座」
■第1部:12:30~13:30
 『しまさこにゃん生誕の儀』

 参陣募集:予約のみ 50名様 記念品と入場料: 2,000円
記念品:再興湖東焼の一志郎窯の『漆黒のさこにゃんぐい呑み』・特製巾着袋・記念のお菓子・さこにゃんの自筆サイン入りのフォトフレーム※記念品は変更されることがあります。 



f0017409_16322259.jpg
■第2部:14:00~15:15
 第一回 佐和山義将講談 
『血戦関ケ原 石田三成の死闘』

 上方講談師 旭堂南海さん 戦國丸へ!木戸銭:2,000円 (お飲物とお菓子付き)
 参陣募集:椅子席:50+立見数席  

関ヶ原合戦屏風を背に

三成を講ず!!

   熱き語りに・・

    佐和山が燃える!

      戦國丸が泣く!!




午後2:00~3:00 (午後1:45開場)
午後3:00~3:15 南海さんと戦國を語る
ところ: 戦國丸「湯殿」
木戸銭: 2,000円 (お飲物とお菓子付き)
参陣募集: 椅子席:50+立見数席

詳細・予約は⇒
[PR]
by machinoeki | 2009-01-15 16:43 | 「戦國丸」

「いしだみつにゃん しまさこにゃん」登場スケジュール

f0017409_2016855.jpg ■2月17日(日)
 ●いしだみつにゃん
  
11:00-11:30 戦國丸 おひな祭り撮影会
  
13:00-13:50 お堀遊覧屋形船乗船

   一緒にご乗船いただける方も勿論大歓迎! 乗船時間は約50分。
ご予約はこちら
 ●しまさこにゃん
  
11:00-11:30 戦國丸 ベロタクシー同乗撮影会
  12:00-12:30 夢京橋回遊
  
14:00-14:30 戦國丸 おひな祭り撮影会
 ※2/17(日)の彦根の天気予報は残念ながら雪です・・・・悪天候の場合は野外でのイベントは中止になります。
悪しからずご了承ください


 ◇一日限りの限定メニュー
 戦國カレー もオタノシミニ!! in戦國丸
f0017409_12514878.jpg


■2月18日(月)~2月28日(金)
 
★おひな祭りin戦國丸 時間:11:00-18:00
  戦國丸の特別セットをバックに記念ショットはFree!!
  お内裏様のいしだみつにゃんにご期待ください。
  ※期間中ののいしだみつにゃんは展示のみで動きません。


■3月1日(土)
★十二単のおひな祭りin戦國丸ohinasama.jpg (46239 バイト) 時間:12:00-17:00
  内容:おひなさまは、十二単衣の貴方です。
   佐和山城法華丸を移築したお寺の門前に、
        十二単衣が映えます!!
   お内裏様のいしだみつにゃんにご期待ください。
   ※いしだみつにゃんは展示のみで動きません
   十二単衣の衣装(注1)+
     ひな祭り限定お菓子と
       お飲物セットで1,500円です。
  人数限定なので、なるべくご予約ください。ご予約はこちら


■3月2日(日)
 ●いしだみつにゃん
  
11:00-13:30 戦國丸
   十二単衣といしだみつにゃんのおひな祭り

   内容:おひなさまは、十二単衣の貴方です。
    佐和山城法華丸を移築したお寺の門前に、十二単衣が映えます!!
    もちろん、お内裏様のいしだみつにゃんとツーショット!!
    十二単衣の衣装(注1)+
       ひな祭り限定お菓子とお飲物セットで2,000円です。
    人数限定なので、なるべくご予約ください。ご予約はこちら
  
14:00-14:50 お堀遊覧屋形船乗船
   一緒にご乗船いただける方も勿論大歓迎!
   乗船時間は約50分。ご予約はこちら
 ●しまさこにゃん
  
12:00-12:50 お堀遊覧屋形船乗船
   一緒にご乗船いただける方も勿論大歓迎!
   乗船時間は約50分。ご予約はこちら
  

14:30-17:00 戦國丸 十二単衣としまさこゃんのおひな祭り
f0017409_1835550.jpg


内容:おひなさまは、十二単衣の貴方です。
佐和山城法華丸を移築したお寺の門前に、十二単衣が映えます!!
もちろん、お内裏様のしまさこにゃんとツーショット!
    



十二単衣の衣装(注1)+
        ひな祭り限定お菓子とお飲物セットで2,000円です。
    人数限定なので、なるべくご予約ください。ご予約はこちら


(注1)十二単衣の衣装は
 十二単衣・着物・袴・お履物のセットです。
 白足袋または白靴下はご用意ください。
 軽装のアウターの上から着ていただきますので、
 Vネックがベストですよー!!。(^^♪   写真はイメージです。

[PR]
by machinoeki | 2008-02-07 02:48 | 「戦國丸」

LLPひこね街の駅 「戦國丸」 とは・・

■LLPひこね街の駅 戦國丸 は、
 有限責任事業組合(LLP)ひこね街の駅]の第2店舗です。(第1店舗は寺子屋「力石」)
・戦国をテーマとして、物販とイベントを行っている新観光スポットで
 しまさこにゃん・いしだみつにゃんのキャラクターグッズがおもとめいただけます。
・お手洗い&パウダースペース フリーです。お気軽にお立ち寄りください。

      ■LLPひこね街の駅 戦國丸
      滋賀県彦根市河原3-4-36
      TEL/FAX:0749-27-5058


地図でご案内(MapFan
Web)


・お風呂屋さんをリフォームしています。
3年前まで、「うめ玉湯」の名で 営業されていました。
      出来る限り 元のお風呂屋さんの状態を生かした造りを心がけています。
     ・本年度は脱衣場の改装が完了し、営業を開始しました。
                  来年度は、浴室の改装を予定しています。
 

・浴室で、ギターの弾き語りのミニライブを試みました。
       改装前なので、男湯と女湯の仕切をなくしただけでしたが・・・。
・すばらしいコンサートになりました。「心の歌」の木谷さん(写真)はじめ演奏いただいた皆様ありがとうございました。
・そして、当会場の音響の良さが証明されました。やはり歌は、お風呂で歌うものですね。

・滋賀県立大学のアクトのサロンのカウンター・キッチンは、戦國丸で元気に第2の人生を送っていいます。床は湯船の蓋としてとしてまもなくオープンします。




これがうわさの「佐和山主従冷蔵庫」と「西軍脱衣箱」 見事!天晴れ! 

f0017409_195575.jpg
f0017409_2074986.jpg



出入り口は西の陣と東の陣!御好きな方からおはいりください♪
f0017409_19144594.jpg


西の陣を入ると城代家老が笑顔でおで迎え、おいしいコーヒーを200円でサービス中!
f0017409_1916550.jpg



東軍はしまさこにゃんといしだみつにゃんとひこにゃんグッヅでいっぱい!なんでやねん・・・
f0017409_19174855.jpg



55インチのビック画面で司馬遼太郎の名作「関が原」を連日放映中!初芽が美しい♪
f0017409_2091370.jpg



戦国グッヅも続々発売!武将旗指しや間伐材を使った武将ストラップ、そして火縄銃も・・
f0017409_19331650.jpg

[PR]
by machinoeki | 2007-10-26 03:29 | 「戦國丸」

ひこね街の駅のオンラインショップがオープンしました。

f0017409_964036.jpg

ひこね街の駅のオンラインショップがオープンしました。
  
ひこね街の駅の商品がネットでお求めいただけます。
   ▼しまさこにゃん・いしだみつにゃんのキャラクターグッズ
 ▼街の駅の関連の出版物、
▼地産の隠れた銘品など
おすすめの商品ばかりです。是非お立ち寄りください。

http://machinoeki.info/

[PR]
by machinoeki | 2007-09-02 09:14 | 「戦國丸」