「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

カテゴリ:さこみつにゃんぶ日記( 76 )

「プレゼントみつけ隊~みつにゃんからの贈り物~」

彦根まちなかクイズラリー
「プレゼントみつけ隊~みつにゃんからの贈り物~」

を開催します


5月4日(土)
スタート受付 彦根駅銅像前広場 11時~12時
探索範囲 夢京橋キャッスルロード~登り町グリーンロード商店街
ゴール  花しょうぶ通り商店街

ラリー時間 11時~14時
三にゃん写真撮影 14時10分~30分

~あらすじ~
5月4日はにゃんぶの誕生日。みつにゃんは心を込めて、にゃんぶへ誕生日プレゼントを用意 してました。
しかし当日、にゃんぶへのプレゼントがどこかに無くなってしまいました!
持ち去った犯人は、実は○○??

参加者の皆さんは、彦根の街中に散らばったヒントを頼りに、にゃんぶへ贈るプレゼントを探し当ててください。
見事プレゼントを探し当てた参加者全員に特製記念品を進呈します。

f0017409_2258128.jpg

f0017409_22583999.jpg

[PR]
by machinoeki | 2013-04-29 22:59 | さこみつにゃんぶ日記

スペシャルコラボ「花しょうぶの陣 陣取り合戦スタンプラリー」

ゆるキャラまつり in 彦根」花しょうぶの陣
陣取り合戦スタンプラリー


f0017409_15113831.jpg


概要

イベント名
花しょうぶの陣 陣取り合戦スタンプラリー

実施日時
2011年10月23日(日)受付10:30 開始11:00 終了14:00

会場
滋賀県彦根市 花しょうぶ通り商店街

イベント概要
花しょうぶ通り商店街に戦国武将の旗とスタンプを設置し、参加者には各地の戦国武将のスタンプを集めていただきます。スタンプポイントには、「織田のぶニャが」「ニャブラハム・リンニャーン」を含む10 体以上のゆるキャラが交代で立っています。各スタンプポイントにはキャラや歴史にまつわるクイズがあり、参加型の楽しめる内容です。


参加者(先着500 名様)に、「のぶニャがの野望」で使える「いしだみつにゃん」カードを進呈いたします。


※10月22日(土)はカード配布はございません。
※カードの配布は、予定数に達した時点で終了となります。



10月23日(日)花しょうぶ通りで行われる「花しょうぶの陣 陣取り合戦スタンプラリー」にコーエーテクモゲームスさんのゲーム「のぶニャがの野望」から
「織田のぶニャが」「ニャブラハムリンニャーン」が来てくれます!

そして、なんとコーエーテクモゲームスさんのご厚意により我らがいしだみつにゃんとのスペシャルコラボ企画が実現しました!!
http://www.gamer.ne.jp/news/201110200041/

なんと、のぶニャがの野望のゲーム中にいしだみつにゃんが登場します!

スタンプラリーの参加者に「のぶニャがの野望 いしだみつにゃんスペシャルカード」をプレゼントします!
(のぶニャがの野望でリアルカード化されているのはいしだみつにゃんが初めてになります。かなりのレアアイテムです!!)
そのカードの裏に書かれているナンバーをのぶニャがの野望のゲームで入力すると、いしだみつにゃんが武将として使えるようになります!

日曜日はぜひ花しょうぶ通り商店街の陣取り合戦スタンプラリーにご参加ください!!

のぶニャがの野望は無料でできるオンラインゲームですのでこの機会にぜひ遊んでみてください!
http://www.gamecity.ne.jp/nobunyaga/

制作はコーエーテクモゲームスさんですが、運営は今をときめくモバゲーさんですw

よろしくお願いします!

f0017409_1513344.jpg

[PR]
by machinoeki | 2011-10-21 15:11 | さこみつにゃんぶ日記

江州佐和山「石田三成公検定」フォトレポート

残紅葉『江州佐和山石田三成公生誕450年祭』
        フォトレポート

                                    CAMERA by tomohiko & harada
f0017409_18354567.jpg
f0017409_19154275.jpg
               佐和山天守には見事な残紅葉


f0017409_19183076.jpg
f0017409_18364065.jpg
            いしだみつにゃん、しまさこにゃんと共に茶会がスタート!


f0017409_19161842.jpg



動画⇒みつにゃん生誕祭、義の大茶会、のろし駅伝

f0017409_18382150.jpg
       全国から参陣してくれた方々が次々とみつにゃんからお茶の接待を受ける。
心配していた天候も見事な治部晴れ!こちらもさすがです!!


f0017409_18421181.jpg
  天守の茶会やびわこ一周のろし駅伝に花を添え、盛り上げてくださった最強甲冑武者軍団


f0017409_18453032.jpg
    今年も佐和山天守から11時丁度に「のろしをあげーー!!」の号令が轟きました。


f0017409_18473014.jpgf0017409_18474384.jpg
午後の部に備え腹ごしらえ・・・
「石田三成弁当」
「大一大万大吉弁当」


f0017409_19264940.jpg

お昼のライブステージがスタート!
左近が三成公に捧げる熱血のバラード熱唱!! 
動画⇒『護るべきもののために』http://www.youtube.com/watch?v=YcG22qzZGsw


『護るべきもののために』

  ♪鬼になろう血の海を泳いでも 
        千の矢で貫かれても 
              貴方を護るためなら ♪

  ♪飛び続けよう 左の翼だけになっても 
       一枚の羽根になっても 
              貴方に辿りつくため♪


   冴沢・ひまりコンビの名曲「護るべきもののために」誕生です!

f0017409_193523.jpg
来年の大河ドラマ『江~姫たちの戦国~」のPR大使として長浜おもてなし隊のお市殿登場!

f0017409_19403343.jpg
つづいてこれから始まる三成検定の傾向と対策を解説・・地雷があるので気をつけて・・・とは・・・?参加した人には解る話なんですが・・・


f0017409_19435864.jpg
こちらが試験会場のご存知嶋左近の御屋敷があった「清凉寺」。大きく豪華で立派なお寺です。
まさに残紅葉佐和山との調和も見事です。


f0017409_194826.jpg
f0017409_19481683.jpg
 佐和山義の三将も激励に駆けつけました。お寺の背景と何故かハマル三武将です。


f0017409_19551110.jpg
いよいよ検定スタート!まるで大学受験の雰囲気が漂うド真剣モード、殿もドキドキ


f0017409_1957446.jpg
お市殿や甲冑隊も受験!1時間100問の結構難しい問題と・・いざ勝負!!


f0017409_2052341.jpg
連日猛勉強したしまさこにゃんと自然体のおおたににゃんぶもマジ受験・・・さて結果は


f0017409_2053427.jpg
受験が終わって早くも反省会・・「いやー難しかったー!」「トンネルの長さなんか知るかヨ!」


f0017409_20571782.jpg
検定結果を当日発表する為に、文字通り猫の手も借りたい忙しさ!!
「各々方しっかり間違えずにとにかく急げ~!!」


f0017409_21121470.jpg
この方々は見事トップ90点獲得の最高点のお二人です!!
雌雄を決すべく、最後はじゃんけんポン!!

f0017409_21124060.jpg
f0017409_21215497.jpg
受験者160名のなかで県外の方が圧倒的に多く受験され、上位得点者のベスト3は関東勢独占(静岡、東京、神奈川)には少々驚きました。


f0017409_21205984.jpg


動画⇒トークショー、三成検定スタート、表彰式


f0017409_21212985.jpg

若き女性の方々が上位得点を占める事は、ある程度は予想していましたが、予想を遥かに越える歴女ばかりの合格者31名(80点以上)の結果に、賞品が足りない事態となってしまいました。


f0017409_215453.jpg
気がつけば秋のつるべ落としで早くも夕闇が迫ってきました。


f0017409_2172281.jpg
がんばってくれたスタッフも最後の振る舞い汁で「また来年!!残紅葉佐和山で会いましょう!!」


f0017409_21221562.jpg
心の目で受験したが今回は不覚にもしまさこにゃんに負けてしまった・・・リベンジじゃ!!


f0017409_21243433.jpg
あと少しで合格点には届かなかったけど、にゃんぶ殿には負けなかったので満足じゃ!次回は絶対合格じゃ!!殿と約束したのじゃ!!!(^^)v


f0017409_2127576.jpg
日本国中からワシの検定に集まってくれて、凄く凄くうれしかった!また来年会えるのを楽しみにしておるぞ!大義であった!!!!



 「三成検定」の記事が各新聞社のWEBにもアップされました ※但し期間限定

 朝日新聞
 「三成検定」戦国ファン挑む 160人中、合格は30人
 http://mytown.asahi.com/areanews/shiga/OSK201011230114.html

 京都新聞 滋賀県民版 
 三成への愛と知識問う 彦根・初の検定に160人挑戦
 http://www.kyoto-np.co.jp/shigatop/article/20101123000104

 読売新聞 滋賀
 三成ファン難問挑む 検定に160人「みつにゃん」も応援
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20101124-OYT8T00057.htm


 滋賀彦根新聞
 初の石田三成検定に160人受検 30人が合格上位3人は関東の歴女、いしだみつにゃん試験官務める

 http://shigahikone.blogspot.com/2010/11/blog-post_24.html

  毎日新聞のWEBにも記事が掲載されました。
   石田三成検定:初の実施 “歴女”も加わり160人挑戦--彦根 /滋賀
  http://mainichi.jp/area/shiga/news/20101124ddlk25040170000c.html
[PR]
by machinoeki | 2010-11-26 19:18 | さこみつにゃんぶ日記

みつにゃん、さこにゃん『それぞれの三成検定』

f0017409_17331376.jpg



f0017409_17333564.jpg


もうひとつホットな話題!!
検定当日に販売する話題の「三成弁当」と「大一大万弁当」の予約数が・・なななんとナント

11/15現在 46コVS46コの同点です。 まさに2010日本シリーズ並みの接戦です!笑

こちらの行方も興味津々になってきました。
みなさんの予想は・・さてさていかがでしょうか・・? (^^)v

受験申し込み&お弁当予約⇒戦國丸予約フォーム
[PR]
by machinoeki | 2010-11-16 17:33 | さこみつにゃんぶ日記

「戦国佐和山合戦 ―発見せよ!隠されし魅力―」

f0017409_15572619.jpg

f0017409_1664697.jpg


「戦国佐和山合戦 ―発見せよ!隠されし魅力―」

とき:2010年3月13日(土)午前10時~午後3時
ところ:佐和山周辺
募集人数:限定100名(要申込)
参加費:無料
申込方法:参加申込書またはWEBサイトから(3月8日締めきり)
 


専用申込サイト(パソコン・携帯電話共通)
http://naosuke.shiga-u.jp/sife/sawayama/

~イベントストーリー~
ある日、いしだみつにゃんは蔵の中から、古い巻きものを見つけた。中を見ると「輝かしい魅力を後世に伝えん」の文字。そしてそこには佐和山周辺の地図が。しかし、その地図の重要な部分は時の流れの中で消えてしまっていた。
いしだみつにゃんは、地図を修復し、魅力の再発掘のために家臣たちを呼び集め、こう言った。「だれが見事に修復するのか、最も出来の良いものには伝承者の称号を与えよう!」

~イベント内容~
地図を修復しよう:佐和山周辺を散策しながら、いしだみつにゃんが見つけた写真の場所を探します。
ケータイで写真を撮ろう:「ケータイまち遊びフォト」(携帯電話で撮影した写真を地図に貼り付けるシステム)を用いて、知られざる文化遺産の発掘に挑戦します。

~集結!佐和山ゆかりのキャラクター参加~
彦根のゆるキャラたちも佐和山に集合。みつにゃんの他、しまさこにゃん、カモンちゃんが参加します。(カモンちゃんはホワイトデーのプレゼントを用意)

~治部少輔(じぶしょう)鍋~
花しょうぶ通り商店街・魚浩さん特製の治部少輔鍋とおにぎりを販売します(500円)要申込

詳細は滋賀大学SIFEのWEBサイトからご確認ください。
PC向けサイト 
http://sifeshiga.wordpress.com/ または、「滋賀大学SIFE」で検索!


f0017409_16152887.jpg

[PR]
by machinoeki | 2010-03-02 16:03 | さこみつにゃんぶ日記

しまさこにゃん誕生祭in戦國丸フォトレポート

f0017409_18353971.jpg

★しまさこにゃん生誕の儀フォトレポート★ 
  と き: 2010年2月21日(日)午後1:30~午後3:30
  ところ: 戦國丸『湯殿』



f0017409_17541878.jpg
バースデイケーキは、なな!なんと!!殿と暮らした佐和山城プチシュースペシャル♪佐和山の木々の美しさが見事でした!
製作してくださったスタッフには、花しょうぶ通りの料理の鉄人さんや母のひまりんをはじめ応援してくださる多くの方々の愛情が一杯詰まっています。


f0017409_180244.jpg
会場全員のハッピバスデーの歌と共にスイングしながら大喜びのさこにゃんでしたが、ロウソクの火がお城の旗に引火!!危うく佐和山城が炎上しそうになり大ハプニングの有様に大爆笑のろうそく消しでした。

YOU Tube 佐和山炎上か・・殿泣く!!

f0017409_19151455.jpg
この日は天候に恵まれ全国からたくさんの皆さんが駆けつけてくださいました。千葉からは今回も「獣兵衛」さんが、地元の有名なおいしいお酒を手にお祝いに遠路来て下さいました。

f0017409_1922352.jpg
来年の大河ドラマの主役として益々大活躍間違いなしの浅井城から「お江」殿が、三姉妹を代表して富田酒造の銘酒「石田三成」と可愛いい素敵なメッセージを携えて登場!!!華やかな彩を添えてくれました。



それにしても、この日プレゼントで頂いた全国の地酒の種類の多さにびっくり!ただただ唖然!!
計ったようにちょうど100本!!!
なんと北海道からも空を飛んできてくださいました♪ホントに感激!ありがとうございます!
さこにゃンの大好き!な、お酒ですが・・・予想を超えるあまりの多さに、やはり飲みすぎが心配ですね~!
f0017409_19394110.jpg
f0017409_19395678.jpg
f0017409_1940957.jpg
f0017409_19401991.jpg
f0017409_19402831.jpg
f0017409_19513346.jpg
たくさんの誕生日プレゼントありがとうございました!!さこにゃんだけでは飲めそうもありませんし、こんなに飲ますわけにもいかないようですから、4月の大坂春の陣や全国地酒利き酒大会を企画して、是非皆さんと一緒に大いに酔っ払いたいと企画に知恵を絞りたいと張り切っています。


f0017409_2064054.jpg
最後はサプライズで母ひまりんに誕生日のお祝いを、まずはさこにゃんを先頭に、会場のみんなからハッピーバースデーの大合唱!!
そして、さこにゃんからプレゼントと感謝のメッセージを贈りました。


『ひまりお母さん、お誕生日おめでとう! いつも僕たちの為に頑張ってくれて本当にありがとう

僕は大酒呑みでお調子者だからお母さんには心配ばかりかけてるけど、

大好きな殿と同じ位、ひまりお母さんのことが大好きだよ

こんな僕だけど、これからもよろしくね。 

まだまだ寒い日が続くけどお身体ご自愛ください。

追伸: 今度また一緒に「鬼の左近」呑もうね』




母は・・ただ涙・・涙・・・でした。


満員御礼!大盛況のなか
さこにゃん共々、感謝感激の素晴らしい誕生日となりました。
ご参加、お祝いしていただいたみな様心より御礼申し上げます!
これからも「しまさこにゃん」は殿等と共に一生懸命頑張りますので、変わらぬ応援よろしくおねがいします。

ありがとうございました!!!!!!!
[PR]
by machinoeki | 2010-02-22 20:11 | さこみつにゃんぶ日記

しまさこにゃん生誕の儀

f0017409_18353971.jpg


★しまさこにゃん生誕の儀★ 
  と き: 2010年2月21日(日)午後1:30~午後3:30
  ところ: 戦國丸『湯殿』
  予約等: 不要
  木戸銭: 誕生日プレゼントとしてご当地ワンカップ酒をお持ち下さい

       ※ご当地ワンカップ酒は、しまさこにゃんカップと交換とさせて頂きます。

        スペシャルゲストもお祝いに来て頂けるかも・・・ご期待下さいチヤ♪

 いしだみつにゃんからの手紙 
如月に入り、近江は寒い日が続いているでござるが、皆も息災で過ごしいると存ずる。
 さて しまさこにゃんが如月弐十弐日に誕生日をば迎え候。
しまさこにゃんが、かく達者にて候は、家臣団始め皆の御陰にて候。しまさこにゃんに代わりて厚く御礼申しあげ候。
 つきましては、『しまさこにゃん生誕の儀』 を催し、皆ともに愉快な会にせむと思い候。
ご多用中であると拝察いたし候が、2月21日(日)の午後1時頃をば目安に、ぜひ『戦國丸』へご登城頂きたく候。
 また、甚だそつじながら、皆に一つ願いがござりまする。当日、皆の『国元かっぷ酒』をばご持参頂けぬか?しまさこにゃんは無類の酒好き故に、珍しきご当地カップ酒をば贈りたいでござる。
 ただ、頂戴するばかりはかたじけなく、面白き趣向と格別なる土産をご用意させていただきまするよし、何卒宜しく願いいたし候。
当日は、、思ゐ出に残る記念すべき日にならばと思おてござる。しまさここにゃんも待ち遠しきようにて、「早う皆の衆に!」と申しておりまする。
ぜひ、皆誘ゐ合わせが上、お運びくだされ。楽しみにお待ちしておるでござる。
f0017409_19214174.jpg


 如月七日     
  いしだみつにゃん

[PR]
by machinoeki | 2010-02-09 18:41 | さこみつにゃんぶ日記

義の三将佐和山三山初詣フォトレポート

石田三成公生誕450年祭実行委員会2010第一弾!
 新春!雪の佐和山三山初詣  

f0017409_1940776.jpg
庭の寺「龍潭寺」には禅宗の大学寮があり、その中に園頭科(えんずか)がありました。これが造園専門学校の始まりとされています。学僧が実習として作った庭などが現在も残り、庭の寺ともいわれています。なかでも方丈南庭は、「ふだらくの庭」と呼ばれ、白砂に48個の石を配した石庭は、心静かに考える庭として見事な美しさで人々を魅了する。


f0017409_2003012.jpg
日本の美しさはこんな風情によく表れていると言っても過言ではない美しい雪景色です。勿論白黒写真ではありません!笑

f0017409_19425211.jpg
f0017409_1943851.jpg
佐和山の門を移築したとも言われる龍譚寺山門で義の三将が新春初めての勢揃い!!



f0017409_19494746.jpg
こちら雪で化粧した美しい清涼寺。いしだみつにゃんも雪にも係わらずすご~くうれしそう!
表参道まで内湖があって、そこから松原へ有名なる百間橋がかかっていた。

f0017409_19501758.jpg
清涼寺境内地は佐和山城時代に石田三成公その奥方及び家老島左近の屋敷もありました。


f0017409_19505219.jpg
清涼寺は彦根市の東北、佐和山の麓にある。佐和山は、勿論石田三成公の城があったところで、関ケ原合戦後東軍第一の功績を賞し、徳川四天王のひとり井伊直政公がこの城に封ぜられた。慶長七年(1603)直政公卒するやこの地を墓所となし、公を開基とし清涼寺と称し以来井伊家代々の菩提所となった。



f0017409_200155.jpg
この日は雪にもかかわらず大勢の方々が参拝したこともあり、ご住職の特別の計らいで普段は開けられていない本堂を開放してくださり内覧させてくださいました。さすが13代国替えもなく続いた筆頭大名の菩提寺としての壮大さは見事でした!!凄いです!


f0017409_19464674.jpg
午後からは雪も上がり、恒例の餅つき大会!


f0017409_19471211.jpg
千葉からはるばる十兵衛殿も急遽参陣!美しい着物で登場のさこみつの母ひまりんと年始のご挨拶♪


f0017409_1926475.jpg
筆を取ったら日本一の殿ですが、やはり・・・・みつにゃんは案の定・・大苦戦 笑


f0017409_19293526.jpg
さこにゃんは相変わらずマイペースで軽くぺったん!ぺったん!こんなのへっちゃらダゼ!!


f0017409_19314683.jpg
にゃんぶさまは心の目で、慎重に正確に確実に仕上げていきます・・・さすがです!!


f0017409_19341119.jpg
最後はみんなの熱い声援をうけて十兵衛殿が総仕上げ♪


f0017409_19451416.jpg
f0017409_19371268.jpg
義と愛を込めて力を合わせ一生懸命つき上げたホカホカ餅!きな粉とあんこで美味しく頂きました。


f0017409_19565058.jpg
今年は寅年!虎穴に入らずんば虎子を得ずの精神で力を合わせでがんばります!
ことしもどうか宜しくお願いします!!!
[PR]
by machinoeki | 2010-01-06 20:00 | さこみつにゃんぶ日記

義の旗のもとへ~最終章“絆〟フィナーレ!!

 義の聖地佐和山城址イベント 
   義の旗のもとへ~最終章“絆〟
          「不惜身命なり、但惜身命なり」
 


f0017409_2095484.jpg
1600年(慶長5年)、太閤秀吉の没後、利と数の力で天下を狙う250万石の大大名「徳川家康」に対し、足った19万石の「石田三成」は「大一大万大吉」の義の旗を立て、天下分け目の関が原で真っ向から家康に立ち向かいました・・・

仏法に、「不惜身命(ふしゃくしんみょう)なり、但惜身命(たんしゃくしんみょう)なり」という言葉があります。「命を惜(お)しむ事なかれ。命を惜しまざる事なかれ」と云う意味です。大志のために命を惜まないとは、命を粗末にすることではなく、命を大切にすることであると説いている。
 関ヶ原の役で、武運つたなく敗れた石田三成には、つぎのような逸話が伝えられている。捕えられて、籠(かご)で徳川勢に引き立てられていく途中美濃(みの)を過ぎるころ、水を所望した三成に徳川家の警護の者は柿を勧めたという。三成は、「柿は胆の毒である。せっかくだが頂戴できない」とこれを辞退した。すると、徳川家の警護の者は、「明日、斬られる身に胆の毒もあるまい」と大きく笑ったという。これを見て三成は、「貴公たちには、わしの心事はわかるまい」と小さく笑ったという。
三成にとって、明日は身を斬られるにきまっている。しかし、今日はまだ命がある。命あるかぎり、豊臣家のために捧げたこの身は大切にしなければならぬ、という三成の心事は、心ある人には理解され、語り継がれてきたのである・・・

        「不惜身命なり、但惜身命なり」 


本当に命を惜しまない英雄は、命を大切にするものである。
我々もどんな逆境の中でも決してあきらめずに背筋を伸ばし、最後の時を迎えるまでまで力強く生きていかなくてはならないようです!主君三成公のように・・・

義の旗のもとに~シリーズは、長い間多くのみなさんの熱意と支援によって支えられ、今回真っ赤に燃える紅葉に彩られた義の聖地佐和山城址で無事完結することができました。
志溢れる素敵な人々が集いし佐和山での、この世に生まれ出会った奇跡に感謝し、またの再会を楽しみに幕を閉じます。

        「一期一会」 ありがとうございました!! 


f0017409_2013442.jpg
f0017409_20185031.jpg
いしだみつにゃん生誕式には「しまさこにゃん」からは大好きな近江茶「三献茶」、「おおたににゃんぶ」からは胃腸の弱い殿の為に効果絶大の「大谷散」が献上され、中仙道高宮宿のクラウン平和堂さんからでっかい!大一大万大吉ケーキが届けられました。

祝!いしだみつにゃん生誕式(その1)

f0017409_2022035.jpg
今回も全国のいしだみつにゃん家臣団から数々の献上の品を頂き大感激大喜びの殿でした♪
最後にドラマ天地人で大阪夏の陣、豊臣方が燃え上がる大阪城で自決を決めた淀殿が「豊臣は慈悲の心をもって、誠の天下人となるのです」豊臣の慈悲を高らかに叫び喝采を浴びた「茶々姫」と千葉から参陣してくれた「獣兵衛」殿が花束とケーキのプレゼントを持って登壇!大いに盛り上げてくれました。


祝!いしだみつにゃん生誕式(その2)


f0017409_21121799.jpg
佐和山三分の戦い!!「義の三軍佐和山争奪合戦」で戦国玉入れ合戦、攻防大綱引き戦、知略ドンジャンの陣では、石田隊、嶋隊、大谷隊とわかれ力一杯大熱戦の戦いとなりました。こちら石田隊は女子、子供が多いにも係わらず大健闘♪最下位予想を覆す終盤の大逆転は見事でした!さすが殿組ですが、何故か計算は遅かった~・・・残念!


f0017409_2122436.jpg
こちら大谷隊!序盤は知略に勝り大幅にリードするも、石田隊、嶋隊両隊に狙い撃ちに合い最後は息切れ最下位に沈む・・・恥ずかしさのあまり被り物をと思いきや・・・殿の大谷吉継公の分身の術との説明に納得♪笑 
ちなみにこの被り物は八百甚(石田さん)提供の直江状ナンデスヨ~


f0017409_21313544.jpg
最後は勿論勝利を収めた嶋隊!!さすが最強軍団!いつのまにやらチームワークで大勝利!結構各隊の個性がでたようで、やはりあの日あの時の見えざる力が出演者に乗り移っていたのかも・・・・笑
嶋隊のみなさん大活躍お疲れ様!そして、おめでとうございました!!



f0017409_215213.jpg
そしていよいよ最終フィナーレを迎える頃、しまさこにゃんが使者として迎えたのが、彦根のもうひとつの名城からやって来た!白い奴
ドナドナ彦根リキシャで・・・ついに!「ひこにゃん」登場!!


佐和山義の三将+ひこにゃん登場!!


f0017409_21551445.jpg
f0017409_21553850.jpg
f0017409_21555743.jpg
              義の聖地「佐和山城址」で夢のツーショット!!


f0017409_21594988.jpg
f0017409_220635.jpg
何故か戦国六レンジャーのように息が合っている?フィナーレの大宴舞!みんなで手をつなぎ、会場のすべての人々と共に「大一大万大吉!!」の雄たけび!
ついに万民の幸せと命の大切さを掲げここに完結宣言!!!


f0017409_2203668.jpg
北は北海道、東北、南は九州からも遠路参陣していただき誠にありがとうございました♪


f0017409_2265853.jpg
              みなの者大義じゃ!!又会うゾ!!!!


f0017409_229996.jpg
「大一大万大吉」そして「大一大万大好」の合唱で幕を閉じました。
関わって下さった全ての皆様お疲れ様でした、そしてありがとうございました。多謝!!!!
                                                  スタッフ一同
[PR]
by machinoeki | 2009-12-07 22:15 | さこみつにゃんぶ日記

義の旗のもとへ~最終章“絆〟フォトレポート本番編

 義の聖地佐和山城址イベント 
   義の旗のもとへ~最終章“絆〟
          決意の佐和山「残紅葉」再び!!
 


f0017409_19473019.jpg
幕を閉じた大河ドラマ「天地人」で与六の母は「真っ赤なもみじは命を繋げる為、自分の命を懸けた決意の色だ・・」と幼い与六に強くやさしく語りかけた。紅葉で散り行く赤い葉は、来たる冬に備えて幹のため犠牲となっていく自然の刹那な姿・・・
そして佐和山でも決意の紅葉は切ないほどの覚悟を込めて三成によって詠まれていた。

      散り残る紅葉はことにいとおしき
                    秋の名残はこればかりぞと


正義と友との固い契りを信じ大一大万大吉の旗を掲げ、決戦の地に向かう時に詠んだとも言われる佐和山「残紅葉」

石田三成享年40歳、大谷吉継享年40歳、嶋左近嫡男嶋新吉享年17歳・・・

この時、戦いには敗れたものの、彼等の志、生き様に共感する多くの人々によって、「佐和山の紅葉」は真っ赤に燃え「大一大万大吉」の唱和の声が、長い時空を超え再び佐和山で響いていた。
歴戦の強者島津氏や過ぎたる家臣左近の夜襲、奇襲戦法に耳を貸さず、正々堂々雌雄を決する戦いに最後まで執着した三成は、ひょっとして目の前の勝ち負けなどより大事なものを、唯一人その時、信じ、悟っていたかもしれないと・・・
いずれにしろ真の勝者は、実はやはり彼だった・・・のかも・・

       佐和峯 紅葉
            あはれさや 粮(かて)にうもれし 木々の色

                       (松尾蕉門十哲の一人森川許六彦陽十境集より)


f0017409_1811138.jpg
前夜の雨が佐和山の登山道を濡らし、あの決戦前夜を思わせる霧が天守を包むなか、佐和山城研究会代表の田附清子氏が天守の石田地蔵に献花し全員で黙祷をするなか、田附さんが心を込めて綴った「義の旗のもとへ~」を、山本ひまりさんの素晴らしい朗読によりはじまり、天守に集まった人々の目に涙が溢れ、そのあと同じく田附さんの心震える素晴らしい天守講演で、更に涙のしずくが頬を伝わり最終章は静かにスタートした。

『 地蔵村の小さな坂道を登り、左に折れたとき突然せり上がるように、三成の城が姿を現した。
「でかいな」兼続は思わず嘆声(たんせい)をあげた。じっさい佐和山城はめちゃくちゃ大きかった。本丸はたしか五層と聞いていたが、谷から湧き出た雲のため、三層から上は見えなかった。
つぎに兼続を捉えた感慨は城がひどく、その主(あるじ)に似ているということであった。佐和山城はどこと云わず全部が三成に似ていた。』

小説『群雲、関ヶ原へ』で、岳宏一郎(たけこういちろう)は、兼続にこんなふうに語らせている。
確かにそう思う。何度となくこの山に足を運んでいると、山全体が三成であるかのように感じる。
800年の余(よ)からある城の歴史の中で、三成が城主であったのは、わずかに5年ほどのことだというのに。しかし、この5年ほどの月日が、この城の名を後世知らしめることとなるのである。

鳥居本側大手から仰ぐ佐和山は威風堂々として、山頂から両脇に延びる尾根は、鶴がその両(りょう)の翼を広げたような形を見せている。鶴翼(かくよく)と呼ばれたそれは、城や砦を築くには好条件の地勢だった。
三成は、この佐和山城主に任命された後も秀吉の側近として、大坂あるいは京にとどまる。その三成が、ここに戻ってくることになるのは、秀吉、利家とふたつの巨星落ちた後の謀略の果てのことである。

この佐和山の地で、三成は豊臣の行く末を講じる。
時に左近と膝詰めで語りあかし、真田信幸に、直江兼続に、その思いの丈を文に書いて送った。大谷吉継などは、三成の思いを覆さんとこの佐和山に泊り込んで説得をしている。

『「立って、勝てる見込みが治部少にはあるのか」吉継はついうっかりそう言ってしまった。
「もちろん成算は十分だ」三成は俄然勢いこんだ。』

吉継は、そんな三成を一旦は佐和山に残し、上杉討伐へと向かうが、垂井で引き返してくる。

『吉継は自分を友と信じて秘策を打ち明けてくれた三成を捨てるのに忍びなかった。
事が成るか成らないかは、もうどうでもよかった。ここで治部少輔を見殺しにしては、おれの武道が立たない・・・』

こうして、三成は、後に天下分け目の戦いとまで称される関ヶ原での決戦を、この佐和山で決意、決断するのである。
三成にこれほどまでの強い気持ちを持たせたのは、まぎれも無く、佐和山であった。
そして、この佐和山に集いし、三成の盟友たちであった。
 


※『』内は、「群雲、関ヶ原へ」(岳宏一郎)より抜粋 ※転写不可

「義の旗のもとへ~最終章“絆〟」
作 田附清子 佐和山城研究会代表
朗読 山本ひまり  


f0017409_21353814.jpg
義の旗シリーズのなかで一番の気候とロケーションに恵まれ、最終章ということで全国からたくさんのみなさんが集結してくださいました。そんな環境の中で大盛り上がり最高のパフォーマンスが生まれました。それにしても相変わらず素晴らしい参加者のみなさんのマナーの良さに、さすが義の旗のもとに集いし人達と、後日各方面から賞賛されました。


f0017409_2141173.jpg
f0017409_2141148.jpg
今日も昨日の雨や朝の霧がうそのように、彼らが登場すると光のシャワーが振る注ぐのでした!!今や伝説となるスーパー晴れ男♪石田三成、いしだみつにゃん!彼等の姿を雨の中で見ることなど出来るのでしょうか・・・


f0017409_2142941.jpg
真っ赤な紅葉が彩る最高の舞台となった佐和山天守で繰り広げられた、戦国魂甲冑劇団による戦国劇「アカネ1600~序奏」。約400年前にタイムスリップかのような三成と吉継の涙の葛藤シーンは、最終章にふさわしい名演出、名演技で集まった家臣団の心を揺さぶった。

佐和山天守寸劇パフォーマンス「アカネ1600序章」

f0017409_21435260.jpg
参加者全員が義に生きた彼等の生き様に、心震わし涙を堪えている流れの中で、終盤一番強そうな左近に守られ特別ゲストの兼継が愛の兜で登場!左近が離れそうになると泣き虫与六に戻ってしまい「ワシはこんな所に来とうはなかった!」更に大受け!可愛さを観客にアピール♪涙あり笑ありの松竹新喜劇の名演出に最終章の真髄を見るおもいでした。


f0017409_2217325.jpg
f0017409_2249756.jpg
いよいよ佐和山義の三将が初めて揃って佐和山天守に登場!!!一気に静から動へテンションが変わりましたネ~。イヤーホントによかった♪当初はみつにゃんだけが天守に登場との段取りでしたが・・・・優秀な義の家臣団のみなさんの判断から、前夜急遽三将揃い踏みの念願が叶うことになりました。「ありがとう!熱い同士ヨ♪さすがです!」感謝!!!


f0017409_22284763.jpg
佐和山義の三将どうしがなんとなんと・・・佐和山天守で史上初の合体!!結構歴史的瞬間だったのではないでしょうか!


f0017409_22401145.jpg
f0017409_22352965.jpg
2009・11・23正午きっかりに、琵琶湖の浜辺の北西の磯山からのろしが上がりたのを確認して、石田三成公、いしだみつにゃんの合図で南西の荒神山に向けてのろしを上げる
「のろしを上げーーーー!!」


第八回近江中世山城のろし駅伝「のろしを上げ~」
つづく
[PR]
by machinoeki | 2009-11-27 07:06 | さこみつにゃんぶ日記