「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

カテゴリ:世界の城下町彦根シリーズ発刊( 1 )

世界の城下町彦根シリーズ第1巻発刊

-彦根の町屋を生かしたまちづくり-
世界の城下町彦根シリーズ第1巻発刊

非営利法人 彦根景観フォーラム 監修  ひこね「街の駅」寺子屋力石 限定販売
f0017409_1532757.jpg


彦根の町家を楽しむ、学ぶ、活かす

「町家とは、町家を生かす意義」
「町家の新しい住まい方」
「町家の魅力ある使い方」
「町家の再生」
「町家を生かしたまちづくり」 等

世界の城下町彦根シリーズ第1巻発刊・・ひこね「街の駅」寺子屋力石限定販売700円
大好評につき残り部数あとわずかになりました、急ぎご購入をおすすめします。


f0017409_15403637.jpg

NPO法人 彦根景観フォーラムに入会しませんか

◆彦根景観フォーラムのめざすもの
~NPO法人 彦根景観フォーラム  理事長 山崎 一眞 (滋賀大学教授)
 私たちのまち「彦根」には、素晴らしい彦根城があり、お城を取り巻く城下町には、江戸時代から昭和初期に建築された素晴らしい建築物や構築物が数多く残されています。
 これまでの大掛かりな都市開発や整備事業によって、彦根の街並みは相当変容しましたが、幸いなことに城下町を構成する要素のほとんどが残されており、他に類を見ないほど城下町の原型をとどめていると言われています。
 しかし、郊外での商業施設や宅地開発が進行し、城下町の空洞化・高齢化が進む一方にあるのも事実で、すばらしい街並みはまさに急ピッチで変貌しているのです。

 このような中、平成15年に開催された「日仏景観会議」彦根会議では、多数の参加者を得、「まちの探索」、「まちかど博物館」などのイベントでは、多くの市民に「歴史と文化に対する感動」を働きかけることができました。また、市民とともに意見を交換し、彦根の都市景観を維持・創造させるための「未来に向けた宣言」を採択し、市民・行政・専門家・企業等による永続的な「彦根景観フォーラム」の組織化を誓いました。
 私たちは、この誓いを受けて、美しい自然環境と歴史的遺産を持つ彦根の景観を、住民とともに考え、活かし、守り育て、慈しみ、未来に向け働きかけるとともに、住みやすく、楽しく、そして私たちが誇りを持てるまちにするため、平成16年8月に「彦根景観フォーラム」を立ち上げました。

 彦根景観フォーラムは相互の尊重と共生、民主的な運営と情報公開を基本原則として、次の事業を展開していきたいと考えています。
1,街歩き等のイベントやセミナー・フォーラムの開催
2,近世・近代遺構や街なみの保存・活用に関する調査、研究
3,街なみ・建造物の保全、およびこれを活かすために必要な助言や支援・実践活動
4,町家への居住の推進
ご支援をよろしくお願いいたします。
(彦根まちづくり情報誌『きらっと彦根』 発行/編集 NPO法人 彦根景観フォーラム 2005年7月1日 通巻1号 第4面より引用)

分科会           :担当事業(具体的事業)
彦根景観会議分科会  :町歩き等の事業(星空映画祭)(ぶらっと彦根 )
町屋実測調査分科会  :町屋実測等の事業(公開町屋実測調査)
相談・教育・学習分科会 :町屋居住等の相談・その他事業(町屋データバンク)
連続フォーラム分科会  :フォーラム開催(年4回程度)
町屋活用活動分科会  :民家の活用等の事業(寺子屋「力石」街の駅事業)

彦根景観フォーラム・月例会(定例ワークショップ)
毎月・第2水曜日 午後7時~9時まで 滋賀大学・陵水会館にて
滋賀大学・滋賀県立大学の教員や学生、建築家、主婦、会社社長、会社員、市民、商店主、県や市の公務員など、いろんな人と知恵が集まります。

参加方法
入会したい方は、まずはメールを hikonekeikan@hotmail.com
年会費 6,000円 (学生会員は年会費無料!!)

テーマ:まちづくり - ジャンル:地域情報
-------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人 彦根景観フォーラム

         彦根市馬場一丁目1番1号
             TEL 0749-27-1141
080-1416-5968
             FAX 0749-27-1431
    e-mail hikonekeikan@hotmail.com
-------------------------------------------------------------
[PR]
by machinoeki | 2006-04-20 15:46 | 世界の城下町彦根シリーズ発刊