LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

足軽屋敷公開と「上田道三」絵画展始まる

              井伊直弼と開国150年祭 市民創造事業
 
 本年は、彦根市の芹橋足軽屋敷出身の画家で、彦根を愛し城下町をこよなく愛した故上田道三氏の生誕100年目の年であり、また、彦根を愛し、日本の行く末に心を砕き、日本を開国へと導いた井伊直弼の大老就任および日米修好通商条約締結150年目の節目の年でもあります。

 善利組足軽倶楽部では、井伊直弼が愛した往時の城下町彦根の様子を絵画に残した上田道三氏の絵画展を、150年前の姿を今に伝える善利組足軽組屋敷を会場に、3回にわたって開催します。

d0087325_22542968.jpg
               上田道三が描いた彦根城旧観図

第1回 平成20年7月5日(土)、6日(日)10:00~16:00
場所: 彦根市芹橋二丁目(旧町名14丁目)
        善利組足軽屋敷・太田邸(彦根市文化財指定)、高橋邸(初公開)
○上田道三絵画に見る彦根城と埋木舎、彦根城旧観図、欅御殿旧景、埋木舎略図など25点。
○ 「彦根かるた」より井伊直弼関係の絵札と写真展示
○ 「埋木舎」写真展
    入場無料、予約不要です。

【上田道三氏・プロフィール】
日本画家・郷土史家(明治41年-昭和59年)。昭和15年京都市立絵画専門学校研究家卒業。昭和21年第1回日展入選。3月まで京都市に在住。その後彦根市に帰住し、日本城郭資料画、記録図の制作をはじめる。昭和30年「彦根城原型全図」完成。この頃から彦根の古民家・武家屋敷の記録画制作を始める。昭和33年「彦根城原型全景図」(彦根城博物館蔵)完成。彦
根市より彦根市文化財委員に委嘱されるとともに彦根市功労者として表彰、昭和54年滋賀県文化功労賞を受賞する。
-----------------------------------------------------
【第1回】 平成20年7月5日(土)、6日(日)10:00~16:00

芹橋2丁目(旧町名14丁目)太田邸(彦根市文化財指定)、高橋邸(初公開)
井伊直弼と埋木舎 絵画約25点を太田邸で展示。
文明開化 絵画約22点を高橋庭で展示。
「彦根かるた」より井伊直弼関係の絵札と写真展示「埋木舎」写真展
入場料は無料です。
5日、6日両日とも12時30分から、井伊直弼と開国150年祭の市民創造事業団体「ひこねを盛り上げ隊の小江戸実感劇団」の皆さんが、時代衣装を身に着けて会場を散策していただき雰囲気を盛り上げていただけます。
ご来場いただいた方にもれなく高橋邸のスケッチのポストカードを進呈いたします。


d0087325_22552044.jpg






初公開となる高橋邸




第2回 平成20年10月11日(土)、12(日)  中居邸(彦根市文化財指定)
第3回 平成20年11月8日(土)、9日(日)  辻番所・足軽屋敷
第2回および第3回の詳細については、随時お知らせしていきます。


主催:善利組足軽倶楽部   共催:芹橋二丁目第一自治会
後援:井伊直弼と開国150年祭実行委員会、彦根市教育委員会
[PR]
by machinoeki | 2008-07-02 13:51 | お知らせ(NEWS)
<< ひこね街の駅「寺子屋力石」7月号  夏が近づくある日の「みつにゃん... >>