LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

『それぞれの彦根物語』5月号

f0017409_1661959.jpg

ひこね街の駅「寺子屋力石」
 国宝彦根城築城400年祭《談話室》

   『それぞれの彦根物語』5月号

滋賀大学産業共同研究センター・地域連携センターからのお知らせです。
平素は当センターにご支援ご協力いただきましてありがとうございます。
さてこの度、NPO法人彦根景観フォーラムとの共催事業として、
開催いたしますのでご案内します。

----------------------------------------------------------------
◆NPO法人彦根景観フォーラムでは、ひこね街の駅「寺子屋力石」で、土
曜日の午前中に、《談話室》を開いています。
◆「それぞれの彦根物語」を話の種に、みんなで語り合い、彦根での楽し
みごとを共有し、より充実した生活につなげようという企画です。
----------------------------------------------------------------
ひこね街の駅「寺子屋力石」 築城400年祭《談話室》
           『それぞれの彦根物語』5月号

【会 場】街の駅「寺子屋力石」
   (彦根市河原2丁目3-6 花しょうぶ通り TEL:0749-27-2810)


【彦根物語33】平成19年5月12日(土)10:30~12:00
       「滋賀大学士魂商才の道をたどる」      
         山崎 一真(NPO法人彦根景観フォーラム理事長、
                滋賀大学産業共同研究センター教授)

【彦根物語34】平成19年5月26日(土)10:30~12:00
       「彦根近代の立役者'幻の彦根製糸場'」  
         筒井 正夫(滋賀大学経済学部教授)

【彦根物語35】平成19年6月 2日(土)10:30~12:00
       「彦根藩と琵琶湖」  
         母利 美和(NPO法人彦根景観フォーラム副理事長、
               京都女子大学助教授)


●《談話室》「それぞれの彦根物語」は大変好評ですので、築城400年祭
に協賛する事業として継続していきます。
〔話し手〕として〔聞き手〕として、ドシドシご参加下さい。
-------------------------------------------------------------
《談話室》では、どなたでも〔話し手〕になれます。
自薦、他薦を問いません。下記要領でお申込み下さい。
〔話し手〕の申込事項     
1.テーマ 2.概略 3.氏名 4.住所 5.電話番号

f0017409_165213.jpg


主 催:NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター

※参加費無料  ※定員:30名
※申込み先:滋賀大学産業共同研究センター
〒522-8522彦根市馬場1-1-1
E-MAIL:jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
TEL:0749-27-1141/ FAX:0749-27-1431まで。
(E-MAIL及びFAXによる申込みの場合、受付けた旨の連絡は行いませんが、定員
に達した時はお断りの連絡をさせていただきます。)

※お願い:街の駅周辺には、駐車スペースがありませんのでご配慮の程お願いします。

--------------------------------------------------------------
滋賀大学産業共同研究センター
522-8522 彦根市馬場1-1-1
e-mail jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
Tel 0749-27-1141/Fax 0749-27-1431
URL http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/jrc/
[PR]
by machinoeki | 2007-05-13 16:10 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< しまさこにゃんに千客万来 祝!街の駅手作り甲冑劇団早くも... >>