LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2007.2.3

【彦根物語28】
 「彦根で大切にしたい自然」    

d0087325_1351362.jpg





村長 昭義
(彦根自然観察の会会長、
守り育てたい湖国の自然100選選考委員)


  「大切にしたい自然」というと絶滅の危機に瀕しているような生き物と捉えがちです。これは生物多様性としての視点であって、そればかりではなくて景観的な視点や歴史的な視点からも見ていきたい。
 生物多様性としての視点では、琵琶湖岸に生育するハマエンドウやハマゴウ、タチスズシロソウなど絶滅の危機に瀕している植物を大切にしたい。湖岸の砂浜は「浜欠け現象」が著しく、年々砂浜がやせ細り生育地のすぐそばまで水が寄せてきていたが、滋賀県が2005年に養浜工事を行い危機的な状況から脱することができた。ここの植物は地元の人たちが大切に守っている。ほかには多景島のイスノキや内湖の名残りを留める曽根沼の植物たち、芹川や犬上川・愛知川など川の自然、松原干拓地の自然、雨壷山や荒神山・佐和山など孤立山塊の自然、カキツバタ・ノハナショウブの生育する湿地、ブナ・ミズナラ林に生育する植物など彦根市内には守りたい自然がたくさんあります。
 景観的な視点では、棚田や渓畔木のように人と自然とが有機的(生態的)に結びつくことによって生じた景観(調和景観)を大切にしていきたい。
 歴史的な視点では、芹川のケヤキ並木や八坂のエノキ、新海浜の帰化植物たちがあげられます。新海浜には県内ではここでしか見られないめずらしい帰化植物も生育しています。これは羊毛のロックスを堆肥として導入した結果生じた植物たちで、痩せ地での農業の取り組みの歴史を示す生き証人として大切にしたいと考えています。

d0087325_14221552.jpg















d0087325_15315464.jpg















d0087325_15322222.jpg
















d0087325_15324365.jpg















d0087325_15331875.jpg















d0087325_1533479.jpg















d0087325_15342232.jpg
















d0087325_15375596.jpg


















【キーワード】
生物多様性
調和景観
歴史的な視点
海浜植物
川の自然
内湖の自然
干拓地の自然
孤立山塊の自然
山間湿地の自然
山地の自然

★談話室「それぞれの彦根物語」の関連情報は、下記HPでもご覧いただけます。
滋賀大学産業共同研究センター
滋賀大学地域連携センター
[PR]
by machinoeki | 2007-02-28 16:57 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< 激突?「しまさこにゃん」と「ひ... 築城400年祭《談話室》 それ... >>