LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

築城400年祭《談話室》 それぞれの彦根物語 2006.8.26

【彦根物語12】
 「絵本から広がる世界『私のギャラリーに、ようこそ!』」 
f0017409_1832257.jpg


藤井スミ苑
(読み聞かせサポーター、板絵作家)






 「絵本から広がる世界」というテーマで板絵の作品を発表「能登川町立図書館・彦根市立図書館・日野町立わたむきホール虹」を始めて今回で4回目になります。自宅の壁面を飾るインテリアとしか思っていませんでしたが、作品がふえるにしたがって“いつか個展ができればいいな~”と思っていました。たまたま、芹川の土手を散歩しながらスケッチをしている私の絵を「芹川大好き会」の方から拝借記載の申し出がありました。そこで「BOOK・芹川」に掲載されたのが縁で、彦根市内や多賀町での原画展に出品することになり、板絵の作品の一部を発表したことが「私の板絵・作品展」に繋がりました。
 私の板絵は「ベニヤ板」をキャンバスに絵を描き彫り込んでいくというのが特徴で、ほとんどの人が「えっ、ベニヤ板?」と驚きの表情をみせてくれます。15年前我が家の増築の際に不用財として捨てられていたベニヤ板を見つけた時「もったいない・・・そうだ!絵を描こう。彫ってみよう!」と思いました。彫ってみると、ベニヤの特徴であるガサガサ感が妙に味があり、大きさも魅力的で色づけして磨くと、光のあたる加減で浮き出る絵の変化に驚きました。自分の想いを心おきなく表現できる!自由にのびのびと描き彫れる楽しさに気がつきました。

f0017409_1837174.jpg



板絵作成中の藤井さん








 長年、私は「子どもの絵本の読み聞かせ」のボランティア活動に取り組んでいるのですが、絵本の研究学習にも興味をもち「絵本学会」の会員になりました。学ぶために、自分が読んだ絵本の感想をより効果的に記憶するのに、絵本の絵の一部を描く(お写し)作業に取り組んでいます。年間100冊程写しますが、絵本はその何倍も目を通します。お写しが350冊をこえた頃、スケッチが出来ることに気がつき、本当に嬉しくて描けることに心から喜びを感じました。
 あの頃は、毎日芹川の木々を描き語り、その片隅につぶやきを書き入れて楽しんでいました。
板絵の絵は板の木目を観ることによって、見えてきた物を描くことが多いのですが、絵本を見ること、描くことが、結果として板絵の表現にインスピレーションとして加わりました。
 談話室では、その頃に描いたスケッチを元にコピー、切り絵タッチでカードにし「紙芝居」風に発表しました。それが「芹川の散歩道・樹々のつぶやき」です。また、日頃ボランティアで読み聞かせなどをしている様子を「ミニおはなし会」としてプログラムに入れました。
 芹川のスケッチは先ほども述べましたが「出会ったこと、想ったこと、感じたこと」など木々と対話しながら描いているのですが、私の大切な日々の記録です。絵本感想ノート、板絵制作と人生を彩る素敵な作業です。“いつか、スケッチから板絵作品を生み出し発表”何しろ芹川の木は300本?どれもこれもユニークな表情で私に語りかけます。その中から選んで・・・、何年?その時は、是非「私のギャラリーに、ようこそ!」お待ちしております。

f0017409_18382410.jpg



絵本感想ノート












f0017409_18392711.jpg



完成したい板絵と藤井さん








【キーワード】
キーワード
読み聞かせボランティア
木彫り板絵制作
絵本感想大学ノート
芹川の木々のスケッチ
[PR]
by machinoeki | 2006-08-26 18:42 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< 私たちが目指すもの・・元気で美... 築城400年祭《談話室》 それ... >>