「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

《談話室79》それぞれの彦根物語2010.12.18

【彦根物語79】
 「虫喰った野菜はおいしいって本当なの? 
     ~ おもしろ、なるほど 野菜の話 ~」

d0087325_17533215.jpg















  児島 久三  (滋賀県湖東農業農村振興事務所農産普及課 参事)


知っているようで知らない、野菜に関する様々な話です。
例えばベジタリアンを菜食主義者と云いますが、ベジタリアンは野菜だけを食べている訳ではなく、穀物、いも類、豆類、木の実なども食べますから、植物食主義者と云うべきでしょう。
 世界には珍しい野菜もあり、スイートコーンの黒穂病胞子を食べるウイトラコーチェ(メキシコ)なんてものもあります。日本の野菜は世界一おいしいのですが、世界一作りにくいのです。それでも、ヒトにとって野菜は消化のよいものではなく、吸収されるカロリーもそんなに高くないと思います。キャベツを食べて成長するアオムシ(モンシロチョウ幼虫)なんて、全身が消化器官みたいなものです。
 よく、アンケートなどで「野菜を選ぶ基準は何ですか」との設問に、「鮮度」が上位に来ますが、野菜にとって鮮度が最重要なのでしょうか。確かにビタミン類は時間が経つと減少しますが、ビタミン不足の人ならともかく、ビタミン不足でない皆さんに重要でしょうか。煮炊きなど、生で食べない場合なら食感にそんなに差はないと思いますが、いかがでしょう。「冷蔵庫で食品を腐らす日本人」と魚柄仁之助さんが書いた新書もありますが、そんな人も多いのではないですか?鮮度もほどほどに、量を食べて欲しいです。
 野菜も虫に喰われたくありませんから、野菜なりに抵抗しています。少々喰われた程度ならいいのですが、レース状にされたキャベツの葉はちょっと辛く感じます。
 また、農薬の残留基準とは健康に影響の出る基準ではなく、毎日、一生食べ続けても影響のない基準を示したものです。基準をオーバーする食品を流通させないよう保健所などで検査していますが、基準オーバーは滅多にありません。基準オーバーの野菜を少しでも食べたら、あたかも健康被害が出るかのようなマスコミ報道は感心できません。

                             
 スイートコーンの黒穂病
d0087325_1755353.jpg


 黒穂粒の煮付:食べてみましたが、それほどおいしくなかった。
d0087325_17553232.jpg




【キーワード】
野菜 ベジタリアン 黒穂病胞子 世界一 キャベツ モンシロチョウ 鮮度 生食 ビタミン類 残留農薬基準  
[PR]
by machinoeki | 2010-12-27 17:40 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< ひこね街の駅『寺子屋力石』の火... さこみつにゃんぶと一緒に初詣 >>