LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

《談話室82》それぞれの彦根物語2011.6.25

【彦根物語82】
 「感動の軌跡―未来に残したい琵琶湖と彦根の情景―」



d0087325_11305199.jpg












中村 一雄
(アマチュア写真家、彦根写真連盟会長、彦根文化連盟会長、滋賀県写真家協会副会長、滋賀県写真連盟副会長)


 日本一の湖、琵琶湖に接する水と緑と歴史の町、彦根に生まれ育ち、写真を撮り続けて63年。四季を通じての琵琶湖の美しさに魅せられ、そこに生息する野鳥達の姿に興味をもち、長年琵琶湖に通い続け、数知れない多くの感動の光景をカメラに収めて来ました。平成13年には70歳を迎えると共に、その年に彦根市文化功績者として表彰の栄に浴しましたので、これを機に写真人生の一つの区切りとして写真集の作成に取りかかり、平成14年に中村一雄写真集「感動の軌跡」を出版致しました。この写真集は、琵琶湖(特に湖北)とその周辺の写真でまとめた第1部「湖風」(うみかぜ)と、私が国内を旅して撮った写真を四季に分けて編集した第2部「四季のふれあい」の2部門で構成しております。
談話室では、これらの写真の中から約100点を抜粋し、その時の状況や撮影の思いを交えて話をしました。そして、彦根写真連盟の撮影会活動などを通じて全国各地の美しい情景を見てきた経験から、彦根城やお堀だけでなくその周囲の景観や風物もきちんと整えて本当の魅力をより向上させ、全国の写真家たちがファインダーをのぞいて感動する情景を創造し、季節ごとに何度も撮影に訪れたくなる「フォトまちづくり」を提案させていただきました。

d0087325_11284646.jpg
写真の紹介

【キーワード】
琵琶湖
写真人生
写真集
湖風
四季のふれあい
彦根写真連盟
フォトまちづくり
[PR]
by machinoeki | 2011-07-11 17:27 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< 《談話室》それぞれの彦根物語2... 《談話室81》それぞれの彦根物... >>