「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

探求!『西軍それぞれの義のヒストリア』サイクリングツアー

石田三成公生誕450年祭実行委員会主催
 探求!『西軍それぞれの義のヒストリア』
                 サイクリングツアー 


■日 時 2010年8月22日(日)9:00~
■集 合 彦根街の駅「戦國丸」8時30分集合
■参加費 会員1,000円 一般1,250円 
      「宗安寺」参拝料、百々家見学、近江鉄道米原-彦根芹川駅運賃、資料 付き

■内 容
彦根に「徳川家康」を追い詰めた日本一の兵といわれた天才軍師「真田幸村」の娘の墓がある・・
幸村には9人の娘が居たと言われています。
(中略)
ちなみに、彦根の笹尾町にある少林禅寺には彦根藩士に嫁いできた「真田幸村」の娘の墓が残っています。しかし、今分かる限りでの7人の娘の中に彦根藩士に嫁いだ娘の記録はありません、おそらく8女か9女が彦根藩士に嫁いできたのでしょうか・・?これからの研究に期待されます。
 ※5月7日、天王寺口の戦い - 彦根の歴史ブログ(『どんつき瓦版』記者ブログ)より引用

f0017409_1935246.jpgそして家康の誘いを蹴り、「石田三成」の為に奮戦した盟友「大谷吉継」の娘は、真田幸村の正室(竹林院)である。 
今まであまり語られる事がなかった関が原合戦が生んだ新たな近江佐和山近郊に伝わる秘話を検証しながら、それぞれの義と生き様に思いを馳せて探訪する、義のヒストリア再発見の自転車サイクリングツアー!!夏休みの熱い思い出に、おひとりでもどうぞ気軽にご参加下さい


f0017409_19273162.jpg
彦根笹尾町少林禅寺真田幸村子女の墓

◆スペシャルナビゲーター 田附清子 (佐和山城研究会代表)

◆サイクリングツアー予定プログラム
戦國丸9:00自転車出発⇒佐和山城新遺跡「奥ノ谷遺構」⇒鳥居本宿 佐和山城主百々氏一族国指定有形文化財「百々家屋敷」⇒鳥居本宿「専宗寺」⇒笹尾「少林禅寺」伝真田幸村の娘妙恵墓所⇒米原下多良「墓所伝大谷吉継首塚」⇒米原駅西口平和堂「昼食」⇒JR米原駅近江鉄道サイクルトレイン乗車⇒彦根芹川駅⇒京橋「宗安寺」石田地蔵尊・千躰仏・木村長門守首塚⇒彦根城博物館テーマ展「激動の佐和山城-石田三成の時代-」⇒開国記念館企画展「近江の戦国」「彦根の戦国」⇒ツアー終了解散3:30(予定)

f0017409_1929556.jpg
鳥居本本宿百々家屋敷

※ご注意
①各個別の訪問予定寺社等への御問い合わせの電話は一切御断り致します。
②駐車場の確保は各自の責任でお願い致します。
③各所への無断駐車は一切御断りします。
④受付と資料配布は戦國丸で行います。

ひこね街の駅「戦國丸」:0749-27-5058


◆レンタサイクル(自転車)のご案内(各自で手配お願いします) 

五環生活
レンタル代と乗り捨て料
f0017409_804685.jpg

◎スポーツバイク:1日目1500円、2日目以降1000円/日(保証金1000円)
※乗り捨ての場合、保証金の返金はありません
◎ママチャリ:500円/日
◎ヘルメット・ライト:300円/1回
◎カギ:無料 (カギ紛失の場合500円)
予約番号 0749-26-1463 (受付時間:10:00~18:00)
メール予約  mail@gokan-seikatsu.jp
※上記、五環生活のレンタルサイクルのみ戦國丸にお届け可能です。

駅りんくん 
◎ママチャリ:500円/日

JR彦根駅構内
住所:彦根市古沢町40-2
電話番号:0749-27-0761
営業時間:6:30~23:00

f0017409_19323862.jpg


◆主催者 石田三成公生誕450年祭実行委員会 


f0017409_1151587.jpg

 
とき:8月21日(土)
ところ:戦国丸“湯殿”
 

■ 出前歴史講座  午後1:30~午後3:00
 仮題:羽柴秀次の近江統治と佐和山城
 石田三成以前、羽柴秀次が近江を統治した時代の佐和山城の実態を明らかにします。
 募集人数:50名先着順   入場無料 

■ 戦國丸 宵祭り…良祭り…酔祭り…
★1.さこにゃん御酒御振舞  午後4:00~
★2.戦国夜市  午後4:00~
★3.戦国武具叩き売り!!  午後4:30~
★4.戦国屋台旨い物市  午後5:00~
★5.長浜城歴史博物館ご招待   
  ・長浜城歴史博物館ご招待券を1枚プレゼント!!

詳細⇒ひこね街の駅戦國丸『佐和山御城下夏祭り』

f0017409_1244925.jpg
熱い夏の思い出にみんな来てね~!!!
[PR]
by machinoeki | 2010-07-31 19:27 | お知らせ(NEWS)
<< 五僧越え!「戦国の道」語り部ツ... 《談話室76》それぞれの彦根物... >>