「ほっ」と。キャンペーン

LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

《談話室》 それぞれの彦根物語 2009.4.18

【彦根物語63】
 「人生八十八(やそはち)
 -知るを一寸(ちょっと)楽しむ」
 
    


d0087325_10105668.jpg



村岡 憲吾(元小・中学校教員)    



         
 京都の京阪、近鉄の「丹波橋」駅連絡通路に「桃山井伊掃部町」とありました。彦根より離れた地に思いもよらぬ案内板があるので見なれた場所を、もう一度見直してみようと思い歩き、関連のある事も調べてみました。

・もと城西小玄関に合った水道モニュメント
・楽々園経営の西村様にある池洲
・滋賀大を見守るように浅見波泉教授の歌碑
・今はない近江絹糸の迎賓館「和光会館」
・平成14年6月30日迄開院していた市立病院
・登録文化財の滋賀大の陵水会館、講堂
・城東小玄関鳥瞰図 それを関連づける
・1955年、昭和30年郵政省発行地図  
・城東小にある「考える人」の像とその原点
・京都博物館、噴水端のロダン作「考える人」
・城東小、城西小、佐和山小発行物よりの写真、内湖、災害、構造物、当時を表す写真
・1896年明治29年9月12日びわ湖増水、稲枝地区での石柱
・彦根の航空写真による年代での変化
・一本松供養塔 内湖のほとりにたっている。大洞弁財天長寿院が世話しておられる。

時間なく残った中山道に沿った個所がある。


城東小学校の「考える人」像d0087325_1033384.jpg
d0087325_104173.jpg














1955年、昭和30年郵政省発行地図
d0087325_108525.jpg




【キーワード】
・城西学区の特徴をあらわす個所 ・郵政省発行地図 ・城東小玄関鳥瞰図 
・琵琶湖大増水を表す石柱 ・琵琶湖疏水 ・彦根の航空写真
・北部土地改良と干拓事業 ・一本松供養塔
[PR]
by machinoeki | 2009-07-10 10:33 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< 《談話室》 それぞれの彦根物語... ヒコキャラ(しまさこにゃんぶ)... >>