LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

4/12(日)天地人で大人気「かねたん」関西初登場!!  

義の聖地「佐和山城址」春のメインイベント
 義の旗のもとに~「第三章 義から愛へ!」 

            ことしも生きてさくらを見て居り候

f0017409_13341193.jpg

 佐和山義の三将

   「いしだみつにゃん」「しまさこにゃん」「おおたににゃんぶ」に、

       大河ドラマ「天地人」で大人気の「かねたん」が

         愛の兜を掲げ山形県米沢市からやってくる!!

            さくら満開の義の聖地「佐和山城址」山麓で

                 夢のような時を越えた再会劇!!♪ 


f0017409_13363690.jpg                                                      
軍儀の模様でございます!!

「さて兼続殿!此度の佐和山は桜満開故・・・さくら飯と三献茶は必定かと・・・」
「御意!ところで、みつにゃん殿!本隊は『「義と「愛」に生きた兼続と三成』小和田哲男氏の・・・」
「いや!兼続殿、此度は歴女の方々より戦国乙女の方々にかねたんの方が・・」
「これはしたり!どちらも我が「天地人」で大人気なれば大いに喜んで頂ける由・・・」






義の旗のもとに~「第三章 義から愛へ!」 

日時:4月12日(日) 午前11時 
場所:滋賀県彦根市 佐和山城址「龍譚寺前」広場


当日は よいお天気のようですが、
雨天の場合は、午前7時に彦根駅西口・戦國丸・ネットショップ携帯サイトにて発表いたします。
雨天の場合は、下記のスケジュールで、場所はすべて清凉寺になります。
 11:00~12:30 戦国歴史講座 講師:小和田哲男氏  
テーマ:「義」と「愛」に生きた兼続と三成 
 12:30~13:00 お弁当お渡し
 13:30~14:00 再会劇!義の旗のもとに~「第三章 義から愛へ!」


f0017409_18465020.jpg
10:00~(受付開始)
第一部「戦国歴史講座」受付開始 清凉寺 坐禅堂 

(先着200名、資料代込 お一人様500円)

11:00~12:30
『「義と「愛」に生きた兼続と三成』 講師:小和田哲男氏
『天地人』の時代考証も監修された
日本歴史学第一人者「小和田哲男氏」の登場です!!


f0017409_1354574.jpg
11:00~(受付開始)
第二部「義の旗のもとに」 佐和山城址龍潭寺前広場 

(入場無料)

12:30~13:30
野掛楽音楽座(ランチタイムライブ)
『キュリオ・サクソフォン・カルテット』
~ Qulio Saxophone Quartet ~

メンバーの名前の文字4つを並べると「Qulio」♪
好奇心と言う意味のサクソフォン・カルテット


13:30~
再会劇!義の旗のもとに~「第三章 義から愛へ!」
大河ドラマ「天地人」直江景続をモチーフに大人気!!
米沢のゆるきゃら「かねたん」が県外初登場♪


f0017409_13132028.jpg14:00~
義の家臣団参加型ゲーム大会&抽選会

16:00
終了予定


恒例♪『第三章義から愛へ』 記念品付きお弁当 のご予約フォーム

f0017409_18581863.jpg



  ♪今回もゆかりの戦国グッズ、キャラグッヅも特設販売ブースで出張販売します♪

★食ブース
名物花見団子「いと半」・コーヒー、クレープ「夢工房IF」・近江牛ハンバーガー「サンバーガー」・戦国カレーの「清滝」・もちもちサンド「FMひこね」・キャベツ焼「福田屋」
★物販ブース
大河ドラマ「天地人」米沢市推進協議会・サンライズ出版・戦国魂・戦国ショップしょうぶ屋・戦国レッド商会・戦國丸


JRおでかけネット(駅構内や周辺情報を要チエック)
佐和山周辺地図(受付の龍譚寺までのルートも要チエック)
彦根市までの交通アクセス

彦根駅から会場まではレンタサイクルがありますので便利です♪利用される方は数に限りがありますのでお早めに!!
◆駅りんくん〇1回利用 500円(翌朝10時まで) 100台
  ↓
都市型レンタサイクル“駅リンくん”彦根駅に登場
気候もいいですし、天気に恵まれればサイクリングも気持ちいい時期だと思います。
往復のことを思えばタクシーよりリーズナブルで、名所散策にも自由に使えて便利です!!!
イベントのあとは是非、花しょうぶ通り街の駅、戦國丸いらしてください。さこにみつにゃんぶグッツがお待ちしてますので!!

f0017409_19361810.jpg◆昭和レトロのボンネットバス<3月20日から運行>
佐和山・龍潭寺・彦根港・彦根城・夢京橋キャッスルロード・銀座街(花しょうぶ通り)を周回します。
一日券500円、1乗車200円
※12歳以下は半額料金。チケットは車内でもお求めいただけます
詳細は ご城下巡回バス時刻表by湖国バス

近江鉄道の新駅「彦根芹川駅」が4/8(水)に開業!!
便利になります!戦國丸やしょうぶ屋がある花しょうぶ通りのすぐ近くに新駅!!!!
彦根駅から片道140円!関西最古のガチャコン電車も結構楽しいです!一度ご利用下さいネ♪
なんと土日は自転車も乗せられるサイクルトレインなんです!!!
※彦根駅からは自転車は今のところ載せられないようです・・・・(-_-#)


【三成の豪壮な城が築かれていた佐和山】
 標高233mの佐和山は、琵琶湖からの距離も2kmと近く、また、北国街道や中山道を見下ろす交通の要衝にあったため、昔から近江の南北勢力により争奪が繰り返されていました。
 鎌倉時代初期、近江守護の佐々木氏により城郭が築かれ、天正18(1590)年、石田三成が城主に着任。大改築をした結果、5層の天守閣を構え、鳥居本(とりいもと)を正門とする「三成にすぎたる城」といわれるほど堅固な城になりました。
 関ヶ原の合戦で三成が敗れたあと、彦根藩主の井伊氏が城をもらいうけましたが、領民の三成への思慕を断ち切るため、城を徹底的に破壊し、主な資材は彦根城築城に使いました。また、大手門は、京橋通りにある宋安寺の表門(赤門)にも利用されています。
 現在、佐和山城をしのぶ遺構のようなものは何もなく、わずかに山腹の石田群霊碑だけとなっていますが、山頂から望む湖東の山々と琵琶湖や彦根市内 の景色は素晴らしく、春の桜、秋の紅葉も見事です。
f0017409_184889.jpg

f0017409_18131475.jpg
                       彦根駅から見る佐和山

主催:有限責任事業組合 ひこね街の駅
共催:佐和山城研究会、彦根左近の会、近江未来塾むかし発見隊、花しょうぶ通り商店街(振)  
協力:大河ドラマ「天地人」米沢市推進協議会 (財)滋賀県文化振興事業団 彦根RED計画 
NPO法人彦根景観フォーラム 
後援:彦根市 彦根商工会議所 (社)彦根観光協会 彦根商店街連盟

お問合せ先:ひこね街の駅「戦國丸」 
TEL:0749-27-5058
        Mail:shop@machinoeki.info
[PR]
by machinoeki | 2009-03-28 14:48 | さこみつにゃんぶ日記
<< かねたん到着!! 「くらしsafety~防災の現... >>