LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

『それぞれの彦根物語』2月号

■■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
   ひこね街の駅「寺子屋力石」 
       《談話室》『それぞれの彦根物語』2月号
              &第3回【辻番所サロン・芹橋生活】
■□━━━━━━2009/2/ 11/ [転送大歓迎です]━■□■■■ 
 

「勝手に関西世界遺産」の新聞記事や滋賀県企業組合団体の情報誌の県内先進事例に紹介されたことなどから、最近は関西方面からの視察依頼が多くなりました。
そんな時感じるのは、『それぞれの彦根物語』を通じて出会った方々・・
人生を大いに楽しみながら暮らしておられる彦根の達人たちとのつながりが、貧乏でとても小さな商店街であっても、いろんな事が実現する源になっている事に・・改めて出会いに感謝!の実感です。
f0017409_185156.jpg


f0017409_18474564.jpgf0017409_18475925.jpgところで多賀里の駅一圓屋敷の雛人形を土曜日からお借りしてひこね街の駅力石で展示させていただいています。
大庄屋の立派なお雛様を、町屋に伝わるの小さな屏風で引き立てて見事な里と街のコラボが通りから見られます。
是非談話室にてこちらもご覧下さい!

◆NPO法人彦根景観フォーラムでは、ひこね街の駅「寺子屋力石」で、土曜日の午前中に、《談話室》を開いています。
◆「それぞれの彦根物語」を話の種に、みんなで語り合い、彦根での楽しみごとを共有し、より充実した生活につなげようという企画です。


f0017409_13144848.jpg


【彦根物語58】平成21年2月14日(土)10:30~12:00
 「彦根リキシャにかける夢」
      竹内 洋行
 (LLPひこね街の駅委員,彦根リキシャプロジェクト委員)


『彦根リキシャとは彦根製のオリジナル自転車タクシーです。
日本の町並みに似合う車体を地域に根ざす人々の技と力で作りました。
箱型のキャビンをリヤカーのように自転車で牽引して走ります。
今回は製作の意図と夢を語ります。』

f0017409_13151483.jpg



f0017409_1328778.gif【彦根物語59】平成21年2月 21日(土)10:30~12:00
 「報道記者が見た滋賀の政治」   
   山田 修
(元BBCびわ湖放送記者)


『滋賀県の1970年代から2000年にかけての4半世紀の政治は様々な出来事が起きた時代でした。滋賀の政治を振り返ることで政治を良くするきっかけについて共に考えたい。』


コーディネータ:山崎 一眞
 (NPO法人彦根景観フォーラム理事長、滋賀大学産業共同研究センター教授)



【会 場】街の駅「寺子屋力石」
(彦根市河原2丁目3-6 花しょうぶ通り TEL:0749-27-2810)


【辻番所サロン・芹橋生活3】 平成21年2月15日(日)10:30~12:00
「芹橋足軽組の居住配置の復元」
           渡辺 恒一(彦根城博物館学芸員)


 組を単位として組織され形成されたといわれる善利組足軽屋敷ですが、どのような配置になっていたのでしょうか。 辻番所の位置や複雑な住居の配置など謎が多い「組屋敷」の配置について話していただきます。
 江戸時代の絵図と城下町の町割(街路)がしっかりと残っている彦根ならではの居住配置の復元にご期待ください。

会場:彦根市芹橋二丁目 辻番所・足軽屋敷
定員:30名   ※暖房費 100円
主催:NPO法人彦根景観フォーラム、彦根辻番所の会
※駐車場はありません。駐輪場は利用していただけます。

-----------------------------------------------------------------
●《談話室》「それぞれの彦根物語」は大変好評ですので、地域活性化に
寄与する「彦根」をテーマとした語り部事業として引き続き継続していきます。
〔話し手〕として〔聞き手〕として、ドシドシご参加下さい。


------------------------------------------------------------------
《談話室》では、どなたでも〔話し手〕になれます。
自薦、他薦を問いません。下記要領でお申込み下さい。
〔話し手〕の申込事項     
1.テーマ 2.概略 3.氏名 4.住所 5.電話番号
e-mail jrc@biwako.shiga-u.ac.jp 迄
-------------------------------------------------------------------
【お知らせ】
下記ホームページにて、一昨年5月から始まりました《談話室》「それぞれの彦根物語」のレポートを公開していますので、ご覧ください。  

滋賀大学産業共同研究センター
     http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/jrc/
滋賀大学地域連携センター
     http://www.shiga-u.ac.jp/main.cgi?c=9/9:0
NPO法人彦根景観フォーラム ブログ
     http://hikonekeik.exblog.jp/

------------------------------------------------------------
主 催:NPO法人彦根景観フォーラム
共 催:滋賀大学産業共同研究センター、滋賀大学地域連携センター

参加費無料  ※定員:30名

-----------------------------------------------------------

滋賀大学産業共同研究センター
522-8522 彦根市馬場1-1-1
e-mail jrc@biwako.shiga-u.ac.jp
Tel 0749-27-1141/Fax 0749-27-1431
LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅
522-0083 滋賀県彦根市河原2丁目3-6
E-Mail:436@machinoeki.info
TEL:27-2810「力石」/27-5058「戦國丸」

[PR]
by machinoeki | 2009-02-11 13:34 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< 新たな三成像に迫り、幻の城下町を歩く おおたににゃんぶ登場!!! >>