LLP(有限責任事業組合)ひこね街の駅 武櫓倶

彦根景観フォーラムの400年祭(2)

それぞれの彦根物語57
彦根景観フォーラムの400年祭(2) 
                                 2008.12.20 リポート by E・H


  「それぞれの彦根物語」は、彦根景観フォーラムが寺子屋力石で2006年5月13日に開催して以来、今回で58回目を迎えた。この日は、「彦根景観フォーラムの400年祭」の第2回目として、56回までの「それぞれの彦根物語」を振り返る試みが行われた。


語り部達の「それぞれの彦根物語」 
 配られたリストには56回の語り部とテーマが、歴史、文化、自然、建築、観光、400年祭と大きく分けられ、さらに歴史は井伊直弼、江戸期、製糸産業、パーソンズなどに、文化は絵と写真、教養、体験、ボランティアに、観光は女将、経営、商店街、新コースに、400年祭は催しとサポートと分けられていた。その区分に従って、コーディネーターが各回の語り部と内容を1枚にまとめたスライドを紹介し、みんなで思い出や感想を語り合った。

 語り部ご自身もかなり参加されており、「わくわくして発表の準備をした」、「勉強が楽しかったのは生まれて初めて」、「発表予定者が病気で急遽ピンチヒッターにたった」など発表までの苦労話(?)や思いがけない後日談が飛び出して、会場は大いに盛り上がった。
d0087325_1625315.jpg

篤姫と井伊直弼  「それぞれの彦根物語」の楽しみ方
 語り部とテーマ、参加者の話などはあまりにも多いので省略するが、私にとって、56回の「それぞれの彦根物語」は、すべてが新鮮だった。

 第1回目の滋賀大学の阿部先生の話から感嘆させられた。「その後の直弼:20世紀に生きた郷土の偉人」というユニークなテーマで、井伊直弼に「開国の英傑」と「天皇に背き反対派を弾圧した暴君」という正反対の評価を向けた20世紀日本社会を照らし出すという試みで、大胆な発想に感心した。
 今年はテレビドラマ「篤姫」で井伊直弼が篤姫と茶席で語る場面があり、今の時代を照らす鏡としての直弼像が見られて大変おもしろかった。歴史は今を照らす鏡だと気づいた。これも「それぞれの彦根物語」のおかげだ。


私の「それぞれの彦根物語」 
  「それぞれの彦根物語」によって、彦根の秘められた歴史や自然、魅力的な人物や市民活動についての知見が増えただけではない。私にとっては、自分の感性が徐々に磨かれていった実感がうれしい。芹川のケヤキ並木や小さな花の美しさに気づき、素晴らしい画家や音楽家、建築家、文学者、経営者や若い起業家、学生達やボランティアの人たちの思いにふれて、町の息づかいや流れる空気、自然の奥深さに心が開いていくような感覚を味わうことができた。

 世界が変わったのではない。自分が変わったのである。多くの素晴らしい語り部に接することから私が得たものは、「見える化」と「自分化」というキーワードだ。見えないものを見えるように表現すること、そして自分に思い切り引き寄せて考えることが大切と思うようになった。
d0087325_1634551.jpg

「それぞれの彦根物語」で得たもの  
  「まちなかギャラリー実働80日」の語り部、角さんが述べられた感想が印象的だった。
 角さんは普通の市民だ。定年退職後何かしたいと思い、妻の父が残した絵と彦根の画家達のコレクションを展示してみたらどうかと思い立つ。そして、「それぞれの彦根物語」に参加して頑張っている人達を知り、自分の思いを話してみた。すると、たちまち賛成してくれて励まされ、自分が元気になった。古い町家の戸をあけ、銀座商店街の協力をえて80日間のまちなかギャラリーを開いて、たくさんのお客さんを迎えることができた。自分にとっては楽しく大きな一歩だったと。

 人は誰もが、キラキラと輝くダイアモンドの原石を持っている。人と人とがつながり合い、思いを共有し、励まし合い、磨いてゆくことでその輝きはさらに増す。「それぞれの彦根物語」は私にそんなことを教えてくれた。


メルビル先生のこと
 最後に、「青い目で見る彦根:30年以上彦根に住んでいる経験」というテーマで話された滋賀大学のメルビル・ハロルド先生が、その後お亡くなりになったという報告があった。

 30年前から現在までの変化を見続けた外国人として、町並みの無秩序な崩壊を残念がっておられた。また、滋賀大学講堂を保存すべくロナルド・キーン博士を招待して大学幹部を説得したことも明らかにされた。その甲斐あって講堂は保全・修復され、今でも使われている。
 心からご冥福をお祈り申し上げたい。                   (By E.H)
d0087325_166272.jpg

[PR]
by machinoeki | 2009-01-03 18:10 | 談話室「それぞれの彦根物語」
<< 佐和山義の三将新春揃い踏みイベント あけましておめでとうございます! >>